« ドライバーの自覚 | トップページ | ピンクちゃん »

顔が命ではないけれど

最近ひどく驚いたことに、自分の顔のことがある。
顔と言っても、えー!?私ってこんなにブスだったの?とかっていう話ではない。
さすがに半世紀近く生きてきて、今さらそれはない。
こんなとこにシミが!シワが!っていうのも既に強く自覚していることで、悲しくはあるが今驚くことではない。
では何なのかというと、顔のゆがみである。

先日、免許証の更新のために、証明写真を撮影したときのこと。
スピード写真のブースに入り、指示に従って顔の位置など合わせたら、まず一枚目の撮影。
撮れた画像の確認画面が現れ、OKかやり直しかの選択を求められる。
まぁ、撮りながらも前方のミラーでチェックしていたし、そこそこまぁまぁには撮れていたはず。
しかし、目の前に表示された画像の自分を見て、あれ?と思う。
なんか違う。
どこが違うかとよく見ると、まず左右が逆である。
どうしてそういうことになるのか、理屈を考えると頭の中が混乱してくるのだけれど、とにかく!
事実として、鏡で見る自分と写真の自分は左右が逆なのである。
あぁ、それで違和感を持ったのか とそこで納得してしまいたかったが、
それだけではない何かが私の目に訴えかける。
しばらく自分の画像とにらみ合った私はようやく気付く。
口が曲がっているのだ。

おかしいな。普通にしていたはずなのに。
やり直しのボタンを押してから、私は前方のミラーを注視する。
両方の口角を「い~」と引き上げ、笑った口を作ってみて愕然とした。
左の口角は上がるのに、右の口角が上がらないのだ。
なにこれ?
私、どうしちゃったの!!

順番を待つ人がいないのをいいことに、
カーテンに仕切られた個室の中で、一人、躍起になって表情を作ろうとする私。
初めはまるで耳か鼻を動かそうとしているかのような感覚だったが、
右の頬に神経を集中して動かすうちに動かし方を思い出し、
なんとか左右対称な顔の撮影に成功することができたのだった。

しかし、ことは深刻である。
写真が一回撮れればいいという話ではない。
毎日鏡で見ているはずの自分の顔が、知らないうちに変わっているなんて!
いつからなんだろう。
本当に気づかなかった。
お肌の状態の変化には細心の注意を払っていたのに、口が曲がっているなんて少しも知らなかった。

帰宅してからネットで調べてみたところ、
顔というものは、普段のちょっとした生活習慣で変わってくることがあるらしい。
それは例えば、ものを食べるときに左右のどちらかばかりで嚙む癖であったり、頬杖をつくことであったり、就寝時にいつも同じ側を下にして横向きで寝ることだったり。
さらには、脚を組むことや、片方の足に体重をかけて立つこと、左右どちらか決まった方にいつも荷物を持つことなどによって生じた体のゆがみが顔のゆがみにもつながるんだそうだ。
言われてみれば、私にも思い当ることはいろいろある。

そのことを知って以来、私はゆがみに敏感になった。
立ち方、座り方から食べ方にも気を配るようになった。
寝方だけはどうしても仰向け寝が苦手で、横向きになってしまうが、向きを変えるようには気を付けている。
鏡を見ると必ず口角の動きをチェックし、頬の筋肉のマッサージをしたり、顎の関節を動かしたりもする。
その効果が表れてか、口の左右非対称は改善されてきたと思う。

自分本来の顔を取り戻すことができて安堵したが、
気が付かずにいたら と思うとゾッとする。
もともと人間の顔が左右対称にできていないことは知っているが、
今までそうでなかったものがゆがんでくるというのは 
また別のことであり、恐怖である。
そして、そうした顔のゆがみを放置していると、頭痛や腰痛、肩こり、めまいや不眠、自律神経失調の原因にもなり得るそうで、
これからの人生を健康に過ごしたいのなら決して無視できないことだ。

顔が命とは思っていないが、やはり顔は大事である。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 クリックよろしく♪

|
|

« ドライバーの自覚 | トップページ | ピンクちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/66150716

この記事へのトラックバック一覧です: 顔が命ではないけれど:

« ドライバーの自覚 | トップページ | ピンクちゃん »