« 部活動、あれやこれや | トップページ | 顔が命ではないけれど »

ドライバーの自覚

先日、運転免許証の更新をした。
こう見えて、私、優良ドライバーである。
でも、実のところ、運転はそれほど得意ではない。
方向感覚もかなり怪しい。
だから、知らない場所へは行かないし、遠出もまずしない。
行くのはちょこっと買い物か、子どもの送迎くらいである。
言わば、市内限定ドライバー。
基本、こわいので運転に関しては慎重そのものだし、違反の匂いには極度に敏感。
自分の限界が分かっているから、それを超えて無理はしない。
自分にできることできないことが分かっているのも、
ある意味、優良ドライバーの条件ではないかと思っている。

純粋にドライブを楽しむなら専ら助手席という、
私と同類の女性は世の中にけっこう多いのではないかと思う。
しかし、今やどこに行っても、巷は車であふれている。
車は老若男女にとっての生活必需品となっている。
昨日も車で買い物に行った私は、スーパーの駐車場に車を停めた。
ロックをかけて車を離れようとしたとき、
すぐ隣の空きスペースに車が一台入ろうとしていた。
運転席の窓から後方を見ながら顔を出したのは70代くらいの女性である。
彼女はけっこうなスピードを上げて車をバックさせていたが、
その様子は、手慣れているというよりむしろ、雑な印象だった。
そして、私がそのとき思わず足を止めて見てしまったのは、
駐車スペース一台分ごとに設置されたロック板の端の制御装置と思われるボックス型のパーツに、車の後輪がすれすれで通ったからである。
もし当たったら、タイヤかホイールに傷がつく。
それでヒヤリとしたのである。
運転しているご本人は、そんなことなどまるで頓着していないようだったが、結果、ぎりぎりのところをタイヤは無事通過した。
とはいえ、車体はかなり斜めである。
切り返すわよね?前に出るとき当たらないかな?
と余計な心配をする私の予想に反して、運転者の女性はそのままエンジンを切り、車を降りた。
たとえ車が5cm曲がっていても気になる私としては、それはもう
信じられないくらいの斜めだけれど、
まぁ、車は一台分の枠の中には収まっている。
よっぽど急いでいたのだろうと思うことにした。

買い物が済んで帰ろうとしたとき、また別の車を見た。
その駐車場内で一か所だけ、壁に沿って縦列に駐車するスペースがある。
縦列駐車は苦手だが、そこしか空いていなかったとき、何度か私も停めたことがある。
やってみると、大きい車でなければ、さほど大変ではなかった。
そこへバックで中途半端に突っ込んだ状態で立ち往生している車が一台。
っていうか、その車の位置からして、後部が壁に接触していそうに見える。
運転しているのは、やはり70代とおぼしき女性。
コンパクトカーと言われる車種である。
彼女は車を降りて状況を確認し、また運転席に戻るというのを何度か繰り返していたが、どうしようとしているのか分からない。
傍目にも壁に寄りすぎている以上、いったん出るしかないと思えるが…
いったん出てからまたやり直すか、その場所に入れるのはあきらめるか。
見ているだけで怖いので、あきらめたほうがよさそうだなぁ…と思っていたら、しばらくしてその車はほかの場所に移っていった。

その年代で今も運転しているのだから、お二人ともドライバーとしての経歴は長いに違いない。
車庫入れだって、これまでに何百回、あるいは何千回もしてきたはずだ。
彼女たちを見ていて背中が寒くなるのは、そこに私自身の20年後の姿を見たように感じたからだ。
高齢になると、どうしても肉体は衰える。
若いときに比べて反応も遅くなるし、注意力や判断力も低下する。
認知症など特別な病気になっていないとしても、
運転に必要な車両感覚が鈍ってくることだってあるんだろう。
あのお二人が特別なのではない。
だれだってそうなるのだ。
決して過信はいけない。

最近になってようやく実家の父も運転をやめた。
父にしてみたら、大きな決断だったはずだ。
私は将来、少し早めにドライバーの肩書きを降りようと思う。
だれに言われなくても、多分自然とそうなると思う。
元気なうちに、車のない生活にも慣れておかなくてはならないとも思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 クリックよろしく♪

|
|

« 部活動、あれやこれや | トップページ | 顔が命ではないけれど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サボテンの花さん、こんばんは。

優良ドライバーが貰えているのは、全く乗らないのペーパードライバーかと思いましたが、慎重で几帳面だからなのですね。感心致しました。 私もやはり駐車場で歪んでいると真っ直ぐに止め直してから降ります。かっこ悪いですものね。 綺麗に止めようと思わなくなると運転も雑になる気がしています。
私も運転に過信せずにしばらく乗り続けたいと思います。

投稿: omoromachi | 2017年11月29日 (水) 23時23分

omoromachiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

慎重で、几帳面 なんておっしゃっていただくと
照れます~(*´v゚*)ゞ
実際はビビリなだけですけどね(笑)

でも、運転が雑になってくることは
周囲にも気が配れなくなっている兆候とも
考えられますし、第一、危ないですよね。
安全が一番です!

投稿: さぼてんの花 | 2017年12月 3日 (日) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/66100524

この記事へのトラックバック一覧です: ドライバーの自覚:

« 部活動、あれやこれや | トップページ | 顔が命ではないけれど »