« 2017年6月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

ドライバーの自覚

先日、運転免許証の更新をした。
こう見えて、私、優良ドライバーである。
でも、実のところ、運転はそれほど得意ではない。
方向感覚もかなり怪しい。
だから、知らない場所へは行かないし、遠出もまずしない。
行くのはちょこっと買い物か、子どもの送迎くらいである。
言わば、市内限定ドライバー。
基本、こわいので運転に関しては慎重そのものだし、違反の匂いには極度に敏感。
自分の限界が分かっているから、それを超えて無理はしない。
自分にできることできないことが分かっているのも、
ある意味、優良ドライバーの条件ではないかと思っている。

純粋にドライブを楽しむなら専ら助手席という、
私と同類の女性は世の中にけっこう多いのではないかと思う。
しかし、今やどこに行っても、巷は車であふれている。
車は老若男女にとっての生活必需品となっている。
昨日も車で買い物に行った私は、スーパーの駐車場に車を停めた。
ロックをかけて車を離れようとしたとき、
すぐ隣の空きスペースに車が一台入ろうとしていた。
運転席の窓から後方を見ながら顔を出したのは70代くらいの女性である。
彼女はけっこうなスピードを上げて車をバックさせていたが、
その様子は、手慣れているというよりむしろ、雑な印象だった。
そして、私がそのとき思わず足を止めて見てしまったのは、
駐車スペース一台分ごとに設置されたロック板の端の制御装置と思われるボックス型のパーツに、車の後輪がすれすれで通ったからである。
もし当たったら、タイヤかホイールに傷がつく。
それでヒヤリとしたのである。
運転しているご本人は、そんなことなどまるで頓着していないようだったが、結果、ぎりぎりのところをタイヤは無事通過した。
とはいえ、車体はかなり斜めである。
切り返すわよね?前に出るとき当たらないかな?
と余計な心配をする私の予想に反して、運転者の女性はそのままエンジンを切り、車を降りた。
たとえ車が5cm曲がっていても気になる私としては、それはもう
信じられないくらいの斜めだけれど、
まぁ、車は一台分の枠の中には収まっている。
よっぽど急いでいたのだろうと思うことにした。

買い物が済んで帰ろうとしたとき、また別の車を見た。
その駐車場内で一か所だけ、壁に沿って縦列に駐車するスペースがある。
縦列駐車は苦手だが、そこしか空いていなかったとき、何度か私も停めたことがある。
やってみると、大きい車でなければ、さほど大変ではなかった。
そこへバックで中途半端に突っ込んだ状態で立ち往生している車が一台。
っていうか、その車の位置からして、後部が壁に接触していそうに見える。
運転しているのは、やはり70代とおぼしき女性。
コンパクトカーと言われる車種である。
彼女は車を降りて状況を確認し、また運転席に戻るというのを何度か繰り返していたが、どうしようとしているのか分からない。
傍目にも壁に寄りすぎている以上、いったん出るしかないと思えるが…
いったん出てからまたやり直すか、その場所に入れるのはあきらめるか。
見ているだけで怖いので、あきらめたほうがよさそうだなぁ…と思っていたら、しばらくしてその車はほかの場所に移っていった。

その年代で今も運転しているのだから、お二人ともドライバーとしての経歴は長いに違いない。
車庫入れだって、これまでに何百回、あるいは何千回もしてきたはずだ。
彼女たちを見ていて背中が寒くなるのは、そこに私自身の20年後の姿を見たように感じたからだ。
高齢になると、どうしても肉体は衰える。
若いときに比べて反応も遅くなるし、注意力や判断力も低下する。
認知症など特別な病気になっていないとしても、
運転に必要な車両感覚が鈍ってくることだってあるんだろう。
あのお二人が特別なのではない。
だれだってそうなるのだ。
決して過信はいけない。

最近になってようやく実家の父も運転をやめた。
父にしてみたら、大きな決断だったはずだ。
私は将来、少し早めにドライバーの肩書きを降りようと思う。
だれに言われなくても、多分自然とそうなると思う。
元気なうちに、車のない生活にも慣れておかなくてはならないとも思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 クリックよろしく♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

部活動、あれやこれや

次男の成長期は肩から始まった。
そもそも、男の子の体の成長というものをよく分かっているわけでもないが、だいたいは背が伸びることから始まるものだと思っていた私である。
っていうか、それ、間違ってませんよね?

中学生になって初めての夏が過ぎたある日、
長袖Tシャツ一枚を着た次男の姿を見て、私は違和感を覚えたのだ。
なにかが今までと違っている。
次男の体のシルエット。
どこがって、ほら、この肩。
ちょっとこのシャツ、肩パット入ってないわよね?
キョトンとする次男の肩を両手で掴んで確かめるが、
正真正銘、次男の肩である。
うっそーsign03
ちょっとアナタ、いつの間に~?happy02

もしやと思い、身長を測ってみると、春から5cm伸びていた。
いよいよ待ちに待った成長期の到来である。
とは言え、もともと小柄な次男の背が5cm伸びたところで、
同じく成長期真っ只中の子どもたちに混ざってしまえば
急にその差が埋まるわけではない。
バスケの試合でどんなにがんばってジャンプしても、
背の高い子には易々とボールを奪われてしまう。
「おまえは跳ぶなー!」と先生に言われる。
「その代わり、足元に転がったボールは絶対取れ!」
確かに、すばしこい次男はルーズボールを拾うのには有利である。
だけど、「跳ぶな」はないわよねぇ…gawk

このごろ、中学の部活について思うことはいろいろある。
学校生活における部活動の位置づけも、この数年で変わってきている。
世間ではブラック部活なんていう言葉が囁かれ、
生徒だけでなく、教員にとっても過度に負担が大きい活動の仕方を
見直す動きが出てきたためだと思われる。
数年前に長男が在籍していたころに比べても、今は部活の休みも増えた。
中学の先生方は傍目にも多忙で、部活だけに時間や労力を割くわけにもいかないというのも理解できる。
ただ、それを差し引いて考えても、どうもすっきりしない思いが
今、私の心を占めている。

30年以上前の私自身の子ども時代にも、少年野球や少年サッカーはあったし、
小さいころから剣道や柔道、水泳などを習う子どもはいた。
でもそれは、数から言って、ごく少数の子どもだった。
中学で部活に入り、初めてのスポーツにチャレンジするというのは、よくあることだったように思う。
でも今や、バレーボールもバスケットも、テニスも、卓球も、
小学生のうちからやっている子がたくさんいて、
部活でレギュラーを占めるのはたいていそういう子ばかりだ。
そして、さらにうまくなりたい子は、部活の練習だけでは足りずに
外に習いに行くのも普通であるし、
そもそも学校の部活には所属せず、外部のクラブチームのみで活動する子もいる。
部活に入ってさえいれば十分だろうという古い価値観は、通用しない時代なのである。

そんな中で、次男が所属するバスケ部は、この春未経験者ばかりが入部した。
夏に三年生が引退すると、二年生はわずか二人。
初心者だろうがなんだろうが、一年生も試合に出る。
普通に考えれば、猛練習が必要な彼らである。
しかし実際は練習以前に、集合が遅い、ダラダラしている、私語が多いというふうに、だれかが何かをちゃんとやれてないといっては、連帯責任のランニングばかり。
夏まで、ろくにバスケの練習をしていなかったのである!
ペナルティのランニングなんて、疲れるだけで楽しいはずはない。
それで余計にダラダラするという悪循環。
そんな状況で試合に出たって、どうにかなるものではない。
先生からのダメ出しの嵐にも、子どもたちは混乱するだけ。
「お前ら下手すぎるって言うけど、先生が何にも教えてくれないんじゃないか!」
もっとちゃんと練習したいと次男が涙をこぼす日もあった。

中途半端なんだなぁと思う。
部活のあり方が である。
学校教育や教員の勤務全体の中での部活動のウエイトは
どんどん少なくなってきている。
部活指導にあまり手をかけていない。
その割に、先生の子どもたちに対する要求度合いが高すぎるのだ。
小学校時代にミニバスケットボールをやってきた、放っておいたって試合ができる子どもと違い、
初心者がどんなになんにもできないか、
先生は忘れているんじゃなかろうか。

それでも、入部してから半年余りが過ぎた。
次男が時々家で話す部活のエピソードは、涙あり笑いあり、
不平不満をもらしながらも、なんとかここまでがんばってきた。
さらに驚くべきは、入部当初のメンバーが誰一人欠けていないこと。
例え試合に勝てなくても、なにかそれ以上に価値あるものを
きっとあの子たちは手にすることができるだろう。
成長期の波を逃すまいと、朝に晩にザバスジュニアプロテインを
牛乳に溶かして飲んでいる次男を、
今は温かく見守るだけである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 クリックよろしく♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年12月 »