« 交通安全 | トップページ | あのころは »

女の保険選び

はんにゃの川島さん、腎臓がんだったんですね。
それが分かったのが結婚を前にしての健康診断って、
意外に(失礼!)考え方が真面目というか、ちゃんとしてるな~と感心しました。
今は手術から1年あまりが過ぎ、経過も良好とのことで一安心ですが、思いがけず病気が見つかったときはショックも相当なものだったことでしょう。保険にも入っていなかったそうです。
そんな報道を耳にし、わが身を振り返って、不測の事態に備えることはやっぱり必要だなぁと思いました。

そんな私、ちょうど医療保険加入を検討していたところだったんです。
え?今ごろ?なんて言わないでくださいねcoldsweats01
これまでは保険のセールスにつかまらないように、ずっと逃げ回っていました。
保険は料金が高くて、ひたすら面倒なものと決めつけていたんです。
病気になることへの危機感もあんまりなかったんですよね。
それが、この年代になってくると、まぁ概ね健康とはいっても、
日々どこかが痛いの、体がだるいの、いわゆる不定愁訴の連続…
そのうち、なにかの大病が自分の身にふりかかってくることもあるんじゃないかと、不安が高まってきたわけです。
家計の負担にならない程度の掛け金で、今から入れる保険。
それもなるべく条件のいいやつ!
なんていう、自分勝手な思惑で、調査を開始しました。

ネットで調べてみると、けっこう手ごろな掛け金の女性向け商品がずらっと出て来ます。
よくCMでやっているのは知っていても、保障の中身まで確認したことはなかった私は、保険に関してほとんど無知に近く、とりあえず手あたりしだいに内容を見ていきました。
安心の保障が一生涯続くという終身タイプのものや、いわゆる三大疾病の治療や入院に手厚い保障を受けられるもの、また数年おきに生存給付金が下りるという魅惑のご褒美付き商品もあって、思わず目が眩んでしまいますlovely
いろいろ見ているうちに、どれを選んでいいやら、すっかり大混乱に陥ってしまいました。
あぁ、もうわかんない!
疲れた!
みなさんはいったい何を基準に保険を選んでいるのかしら?
だいたい、保険ってどのくらいの人が入っているの???

てことで、加入率を調べてみましたら、驚くべき数字が出てきました。
平成25年度の調査によると、男性の80.9%、女性の81.9%が生命保険に加入しているそうです。(*個人年金保険、グループ保険、財形は除く)
私と同じ40代女性で見ると、実に90.0%。9割ですよ!
みなさん、将来のことをそれだけ真剣に考えているということですよね。
それに比べ私、考えが甘かったのだわ…think
せめてこれからでも考えなくては!

てなことで、調査再開です。
明確な判断基準もないまま、あてもなくネットを彷徨いながら、
それでも少しずつ分かってきたのは、
実際の給付金が支払われている状況などからの、企業の評判も無視できない要素ではあるものの、
その前にまず、自分が必要とする保障はなんなのかを見極めることが大切だということです。
自分の求める保障が定まっていないと、たくさんの中から自分にとって一番いいものを選ぶことはできないのです。
私のようなケチな人間は、なんでもすぐに元を取ろうとしてしまいますから、月々の掛け金を最後まで払いきると全部でいくら?なんていう計算ばかりして、こんなに払うなら貯金した方がいいかな なんて根本を覆すような発想まで飛び出します。
保険て、そうじゃないですよね(^^;)
万が一のときに困らないためのものなんですから。
それでもし、自分が幸運にも健康で過ごすことができて、給付金を受け取ることがなかったとしても、自分の支払ったお金がほかの誰かのお役に立てたってことなんだわ と満足できるくらいの心持ちでいないと、保険という制度自体が成り立たないわけですよね。

認識を新たにし、自分自身の今後のライフプランを練りながら、一つ一つの条件について検討していきます。
死亡保障は必要なのか。
手術やその他治療、あるいは診断時に一時金を受け取るかどうか。
入院時に支給される一日あたりの金額、日数の制限などをどう設定するか。
女性疾病の場合に増額するという特約は必要か。
先進医療の特約は付いているか。
保険期間をどう設定すべきか。80歳まで?終身?
などなどですが、そのほかにも保障と保険料のバランスや、払い込み期間の設定なども考え合わせなくてはなりません。
実際に起こりそうな場面をいろいろ想定してみながら、
ああなんじゃないか、こうなんじゃないかと頭の中でシミュレーションしてみますが…
とにかくすべてが仮定の話。
医療だって日々進歩しているし、現にがんの治療も最近は通院でというのが増えているなんていう話も聞きます。
入院期間だって短くなっている傾向のようです。
結局、先のことはそのときになってみなくちゃ、わからない~sweat02

あぁ、そうだった、先進医療のことにちょっと触れておきます。
無知な私にも分かるのは、健康保険がきかないため、その費用全額を患者が自己負担する治療で、高額療養費制度も適用されないということですが、
例えばがんの陽子線治療や重粒子線治療はかなり高額で、一回の治療にざっと300万円かかるそうです。
そのため、先進医療でかかった費用の同額が支払われる特約というのが今たいへん人気のようで、それも掛け金わずか100円程度なんだそうです。
そんな額で受けられる保障なら付けておけば損はないと思いますし、むしろ目玉となる保障ですよね。
私も最初は、これは外せない保障だと思ったんです。
でも、先進医療について詳しく調べてみると、少し考えが変わってきました。

そもそも、先進医療と定められているものは、保険診療の対象とするかを厚労省が検討している医療技術で、2016年1月現在で62種類あるんだそうです。
そして検討の結果、近い将来、保険診療に加えられる可能性もありますし、逆に先進医療の指定から外されることもあるのだとか。
ですから、状況は常に変わっていくものだと認識する必要があります。
また、そうした治療は一定の環境が整った病院でしか受けることができず、厚労省のサイトにはその医療機関の一覧が出ています。
つまり、どこでも受けられるものではないこと、また、先進医療といってもすべてが高額なわけでもないこと、実施件数の実績からいくと先進医療を受ける確率はかなり低いということ。
それらを考え合わせれば、付いていれば安心の保障ではありますが、保険を選ぶ決め手にするには少し弱いという感じがします。

てことは。
結局、自分が保険にどこまでの保障が求めるのか、それは人によってそれぞれなのであって、私が私なりの答えを出すためには、もっともっと深く自分の生き方についての考えを煮詰めていく必要がありそうです。
もし、将来、例えばがんになったとして。
何歳までなら治療を受けたいと思うのか。
あるいは場合によっては治療しないという選択もあるのか。
もし、脳血管性の疾患で長期入院になってしまったら。
できるだけ家族の負担にならないようにするにはどうしたらいいのか。
もし… はとめどなく続きそうですが、もう少し時間をかけてじっくり考えたいと思います。
今のところは、まだ、考えるたびに答えが変わってきますので、
それがもうちょっと定まってくるまで、思う存分迷いまくるつもりです。
ま、今いくら考えても、本当になにかの病気になってしまったときは、また違う気持ちになったりするかもしれませんが、
それはそれとして、今の自分が一番納得のいく保険を見つけてみせますわ(`・ω・´)9

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 交通安全 | トップページ | あのころは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さぼてんの花さんこんにちは。
保険選び・・納得して入るのはほんとに難しいですよね。
私の経験だけれど、参考になれば良いかなと思って書きます。
私が乳癌を発症したのはもう10年前です。
癌が他の病気と違うところは他の病気が手術して終わりなのに比べ、癌は手術した後から治療が始まるというところです。
進行によっては抗がん剤を使用する為にまた入院ということもあります。
つまり手術前にも当然検査検査で通院し、入院・手術が終わってからも一か月は毎日放射線を浴びに通い、その後も3ケ月に一度注射、5年は毎日の薬等相当な費用がかかります。
私も、それまでめちゃくちゃ健康で普通の医療保険しか入っていませんでした。病気になってどれほど癌保険に入っていないことを悔いたか・・

たとえ病気になっても家族が自分の為にお金に不都合をすることはない。ということが、病気で弱くなった自分の力に必ずなってくれますよ。
沢山悩んで、できれば癌保険も検討してみてね!

投稿: タッタ | 2016年4月 8日 (金) 22時29分

さぼてんの花さん、こんにちは。
先日は心温まるコメントありがとうございました。
さて 保険の話です。
私は25歳で「右卵管径捻転」という病気をしました。
また 絶対同じような病気をする!と直感で思い26歳で
たぶん その年齢のわりにはをやや高額な
「女性特有の病気」の保険入ったのです。
38歳?だったかな?「左卵巣嚢腫と子宮筋腫」を体験。
私の完全勝利でした(v^ー゜)ヤッタネ!!※←???
そして今 その病気はもうしないと直感で思い
外しました。そして 死んだあとは(満期で)
お葬式代が出るくらいで抑え 
病気や入院を重視しています。
先進・・も入ってます。
私は保険を時々 こんなふうに ↑見直しています。
50歳に向けて また 見直そうかな?と
思っていたので この話題 タイムリーでした。
参考になるか?わかりませんが
良い保険を見つけてくださいね。
あ!あと 先日車をぶつけられたのをきっかけに
COOPでやっている「小さな事故」
に対する保険を検討しています。
(窓ガラスをわってしまった。自転車で人とぶつかって
怪我をさせてしまった。など身近でありそうな
事故にたいする保険です)
お子さんがいるご家庭は良いかもです。(o^-^o)

投稿: | 2016年4月 9日 (土) 14時59分

タッタさん、貴重な体験をお話しくださって
ありがとうございます。
本当に病気って思いがけなくなったりしますよね。
私の知り合いも若くして乳がんになった方がいます。
良くなって今は元気ですが、
でも私、もうがん保険入れないんだ… と語っていたときの淋しそうな笑顔が忘れられません。
確かに、病気になって心が弱くなっているとき、せめて金銭面で安心していられるというのは大きいですよね。
よく考えて、コレだ!と思える保険を探してみます。
保険料の支払いを考えると、保障内容を厳選せざるを得ない現実もあるんですけど(^^;)

投稿: さぼてんの花 | 2016年4月 9日 (土) 22時57分

舞さん、こんばんは。
いえいえ、私ごときのコメントで、舞さんが少しでも元気を出して下さるなら、本当に嬉しいです。

さて、保険。
すごい! 直感がドンピシャリだなんて。
冴えてますね。
私なんか、心配性なのであれこれ心配するわりには、結果取り越し苦労だったっていうケースが物事全般で多いので、
つい掛け捨ての保険はもったいないとか思ってしまうタイプです(^^;)
だけど、心配性なのに、自分の健康に関してはなぜか過信しているという矛盾。
これまでは運よくそれで乗り切ってきましたが、
この先は分からないですからねぇ…
いろんな病気がありますし、よーく考えてみます。

あ、事故でのケガや対人、対物の保障がある保険、
うちは家族で入っています。
一年ごとに更新の掛け捨てタイプですが、家族全員でこのくらいならまぁっていう保険料です。
自転車の事故とか、被害だけでなく加害者になる可能性も怖いですからねぇ。
払った保険料が戻ってくることがなくても、家族が無事に健康で過ごせたことのほうが、やっぱりありがたいですね。

投稿: さぼてんの花 | 2016年4月 9日 (土) 23時18分

こんにちは。

ホントsign01
難しい選択ですよね~。
身を持って実感した今日この頃です。

保険の補償内容と医療の進歩って、時代と共に変わっていくのだとつくづく感じました。・・・とすると、なが~い目で先々の補償を心配しなくてもイイのかなとも感じています。

「解約せずに持っていられる自信があったら」が大前提ですが、今、新たにスタートするとしたら・・・積み立て預金していたかも知れません。(・・・きっと、出来ませんsweat01

解約は一番の損ですから、心ゆくまで検討して下さいね。
健康なカラダの時しか出来ない悩みですものconfident

投稿: 設計おばさん | 2016年4月11日 (月) 06時50分

設計おばさんさま、こんにちは(^^)
ほんと、病気になんてきっとならないっていう全く根拠のない自信がどれほど危険なものか、今ごろになって反省している私です。
でも、医療もどんどん進歩して、治療の実態もどんどん変わっていくので、保険会社もそのときそのときの状況に合った商品を出してくるようです。
早いうちから先を見越して一生涯安心の保障を とか、
保険料のずっと変わらない保険 とかっていうのが
はじめは安心のような気がしていたんですが、
定期的に内容を見直すほうが実際に合っていて現実的なのかもしれないなぁなんて考えるようになりました。
人生設計を考える意味でも、
自分が年を取ったときのことなんて、20代や30代じゃまだピンと来ないですし、今の年齢になって少し具体性を持って考えられるようになってきたという感じです。
よく考えてみたいと思います。
コメントありがとうございました。

投稿: さぼてんの花 | 2016年4月12日 (火) 15時21分

ほんとほんと。自分の保険は疎かにしますよね。

入ろうかと思っても、いろいろありすぎで、調べるほどに訳がわからなくなるし(--;)

見極めが難しいですよね。

投稿: クー | 2016年4月14日 (木) 09時40分

クーさん、お返事遅くなってすみません。
Windows10になって帰って来ました!(笑)

そう、つい自分のことは後回しというか、ねぇ。
でも病気になっちゃったらお金もかかるし、
そのときになって慌てても間に合わないし。
保障も多くあれば安心だけど、その分保険料もかさむしで、
現実的にどのへんで手を打つか ですよねぇ。
あぁ、未来が見通せる能力があったらなぁ^^;

投稿: さぼてんの花 | 2016年4月16日 (土) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/63448100

この記事へのトラックバック一覧です: 女の保険選び:

« 交通安全 | トップページ | あのころは »