« 続・酸辣湯麺 | トップページ | 人には人の事情がある »

ほろにが気分

テレビってすごい。
水曜日のNHKあさイチで、カカオが70%以上含まれるチョコレートが便秘の解消や認知症の予防にいいという話をやっていたので、
金曜日の今日、午前中にスーパーに行ってみたら、お菓子の棚からハイカカオのチョコレートが消えていた。
そういえば、そうだった。
世間ってそういうもんだった。
納豆のときも、アーモンドミルクのときも、おんなじだった。
なんて素直な反応。
そして、そういう世間と同じ反応を示しつつ、たいていいつもワンテンポ遅れる私~(^^;)
がっかりしてその場を立ち去ろうとしていたちょうどそのとき、店員さんが現れてなくなった商品の補充を始めた。
なんてナイスなタイミング!
おかげで私は目的の品を手に入れることができたのだ。

でもね、こう見えてもアタクシ、
今回テレビで特集する前から、チョコレートの効能については注目しておりましたのよ!
なーんて、テレビに乗せられた単純な自分がちょっと恥ずかしいので言い訳めいたことを言ってみる。
なんたってポリフェノールが豊富ですからね。
これがカラダによくないわけがない!
とかなんとか、もっともらしいことを言ってても、結局ミルクたっぷりの甘いチョコレートが好きな私。
手元にあるのはそういうのばかりで、
ハイカカオでなければ効果がないとあさイチに言われてしまっては、
あぁやっぱりこれからは、ほろにがのハイカカオに尽きるんだわ と素直に買い物に走ることになったのだった。
それというのも、この一週間、私があるほろ苦い思いに囚われていたせいもある。

ことの始まりは、先週の金曜日。
学校の帰りがけに、ある出来事が次男を襲った。
次男にとっては、まさに青天の霹靂ともいえる友人とのトラブルだ。
帰宅した次男の心には、嵐が吹き荒れていた。
困惑。怒り。そして悲しみ。
もうだれも信じられない と次男は嘆き、声を上げて泣いた。
次男にしては珍しいほどのストレートな感情の表出に、私も驚いた。
いつものちょっとした揉め事のときは、いじけてふてくされ、私とも口をききたがらないことが多いのだが、今回はよほどのことだったのだろう。
仲のよかった友達と、どんな行き違いがあったのか。
次男自身にもそれが分かっていないため、深い悲しみの淵に足を突っ込んだまま、這い上がる術もないようだ。
11歳。
いろいろな出来事に心も揺れ動く時期。
多感になっていく年頃の子どもたちが集まっているのだから、
それこそいろんなことが起こりうるんだろう。
ときには友達とぶつかって、赤や黄色や黒の絵の具が入り混じったような思いを味わいながら大きくなっていくんだ。
こんなとき、親ってたいしてなんにもできないものね。

ひとしきり泣いた次男は、おもむろにDVDを見始めた。
わが家には、夫が適当に買ってくるもののほか、映画好きの長男がテレビでオンエアしたのを録りためたものがけっこうある。
そのとき次男が選んだのは、テレビから録画した『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』。
市原隼人クン扮する「ママチャリ」を筆頭に、高校生たちが佐々木蔵之介サン扮する駐在さんにしかけるイタズラバトル。
このヤンチャな悪ガキたちに負けてない感じの駐在さんがなんともいい味を出している。
途中からその場に顔を出した長男も加わって、みんなで『ぼくちゅう』を観る。
こんなとき映画っていい。
なんにもしゃべらなくても、みんなが同じ場面で笑う。
同じようなことを思う。
気持ちを共有できる。
そんな空気に包まれて、見終わったころには、次男も元気を取り戻したようだ。

やれやれ と思っていたら、その次男、週末の休みの間に熱を出した。
病院に連れて行ったら、インフルエンザと判明。
今週はまるまる出席停止となった。
熱を出したとはいえ、何もしない一週間というのも、いい骨休めになったろう。
また月曜から新しい日常が始まる。
ほろ苦いチョコレートを食べながら、わが子のほろ苦い経験をせめて一緒に味わうことができたらと思う母である。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 続・酸辣湯麺 | トップページ | 人には人の事情がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

そうなんですか!ハイカカオのチョコが品薄に!?
それは、ほろ苦というより、むしろニッガニガに苦いチョコがすきな私には、由々しき事態です!!

95%くらいのチョコを職場に配って、うわ〜〜って言われて、ニヤッとするような迷惑な奴ですcoldsweats01

次男君、辛い思いをしたんですね〜〜
赤や黄色や黒の絵の具が入り混じったような思い、うんうん!
大人とは違う、この時期ならではの気持ち。
良くも悪くも、お友達との関係が大きく影響しますもんね。

でもまた、この時期だからこそ、そこを乗り越えていける力を身につけられるのだと思います。
親が手出しできないゾーンは、歯がゆい思いがしますが、信じて見守ることしかできないんですよねthink
お友達関係の構築がまだまだなうちの息子も、ほんとに悩ましいですdespair

インフルエンザも大変でしたね。

週が明けたら、また笑顔の日常に戻れますように。

投稿: クー | 2016年2月 6日 (土) 19時48分

私もそのTV見てた。
でもハイカカオは無理。
私の心の友はガーナミルクチョコなのだから・・sign02confident

と、それはさておき・・・
次男くんと一緒に家族で映画を? いいね~good
変な慰めの言葉よりそんな何気ない寄り添いが嬉しいんだよね。
子供が泣いたりすると親も本人と同じ位辛いよね。
でも大きく見守っているさぼてんの花さんは偉いよ。
子供を成長させるのは良いことばかりではダメ。
うちの子供が幼稚園の時に先生に言われた言葉です。
きっと逞しい優しいイケメンに育つよ~heart04

投稿: タッタ | 2016年2月 6日 (土) 20時02分

クーさん、ニッガニガがお好きなんですか~
すごい~ 尊敬!shine
私なんて、72%でやっとですよ。
ま、品薄と言っても、テレビ効果はいっときのもの。
ほんとに好きじゃないと、95%は続けられないですから(笑)

そして次男のこと、ただお気楽に毎日過ごしていると思っていたけど、子どもの世界もいろいろあるんだなぁと思いました。
特に学校でのことって、よっぽどでなけりゃ親が介入しませんし、だいたい事情が把握できません。
ほんと歯がゆい!!
相手がもともと仲のよかった子なだけに、次男もいろいろ複雑な心境のようです。
自分でなんとかできるのかしら。
頼りないからなぁ、次男…
ま、親は見てるしかないですねthink
ご心配ありがとうございます。

投稿: さぼてんの花 | 2016年2月 7日 (日) 11時15分

タッタさん、私もガーナ好きheart04
ミルクチョコレート万歳~!
なので、今は72%を食べているけど、
時々ご褒美的にミルクチョコを投入して、
ほんわり癒されます。
…って、そうまでして食べなくてもいいか、チョコ…(笑)

子どもを成長させるのは良いことばかりではダメ かぁ。
そうですよねぇ。
いろんな経験が必要なんですよね。
きっとこれで次男も一つ大人の階段を上って…
るようにもあんまり見えませんけれどぉ~(笑)
イケメンは無理かもしれませんけど、
逞しく優しい子に育ってほしいですconfident

投稿: さぼてんの花 | 2016年2月 7日 (日) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/63168524

この記事へのトラックバック一覧です: ほろにが気分:

« 続・酸辣湯麺 | トップページ | 人には人の事情がある »