« 声マネ電話 | トップページ | 帯状疱疹 »

時は流れる

時計の針は刻々、時をきざみ続けている。

目を閉じて己の存在すらかき消すくらいに息をひそめてみても

時が止まるわけではない。

耳に響くカチカチという規則正しい音が

ありとあらゆるこの世のすべてを押し流していく強大な力の存在を

まざまざと見せつける。

いつだったか、

自分の部屋の時計が止まっていることに気付かない義母が

深夜と勘違いして早朝から

起き出した夫に怒声を浴びせたことがあった。

情け容赦なく突き進む時の流れからそんなふうに

はみ出してみることができたら、

後戻りできない現実からほんの少し

目をそらしていることができたら、

どんなにか心が安らぐだろう。

想定内の出来事だった。

わかっていてもどうすることもできなかった。

が、後悔しているというのとは違う。

迷いながらもベストは尽くしたと思っている。

ただ、あのときこうしていたら事態は変わっていただろうか と

過去を掘り起こしてはもしもを問う、私の悪いクセがまた顔を出す。

ぐずぐずと何度同じところを彷徨ってみても

やはりこれは必然だったと 冷静にそう思う。

私の心が今ここで沸騰してしまわないのは、

いつの間にか体に備わった安全装置が自動で働いて

適正な温度が保たれている、

まさにそんな感じだ。

人間、長く生きていると、進化するものなんである!

自分の中の驚くべき適応力に

自ら称賛の思いを込めてそう叫ぶ。

そんなちっぽけな人間の声に、時は耳を貸すこともせず

世界を引き連れて歩みを進める。

そしてこの先も決して澱むことなく、時は流れ続けていく。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 声マネ電話 | トップページ | 帯状疱疹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/63274377

この記事へのトラックバック一覧です: 時は流れる:

« 声マネ電話 | トップページ | 帯状疱疹 »