« ジェダイの勝利 | トップページ | 年賀状の思い出 »

クリスマスの雑感

今日、12月25日。
朝の食卓にはいつもは見慣れないケーキの箱があった。
今年のクリスマスには、ケーキを1ホールで買うのはやめて、
カットされたものを家族の人数分、5ピース用意した。
二種類のケーキをそれぞれ2つと3つ。
「お義母さん、どっちのケーキにします?」と訊くと、
「こっちでいいわ」と答える義母。
どっちを選んでくれてもいいのだけれど、
その言い方がつい気になる私。
はいはい、こっちでね…とケーキをお皿にのせながら思う。
こっちでいいわ じゃなくて、こっちがいいわ とか、こっちにするわ と言ってくれた方が感じがいいのに…gawk
でも、こっちでいいわと言うのが義母という人である。
あー、かわいくない!

イエス・キリストに縁もゆかりもないわが家であっても、
イヴには家族そろってローストチキンとケーキを食べるのが恒例となっている。
買い物に行く車の中で何気なくラジオを聞いていいたら、
プレゼントをねだる子どもに、うちはクリスチャンじゃないからクリスマスは無関係!と言い放つリスナーからのおたよりが紹介されていた。
そりゃそうだ~coldsweats01
考えてみれば、イヴの前日、天皇誕生日には家族でお祝いなんてしないのに、
信仰すらしていないキリストさまのお誕生日だからって何をそんなに大騒ぎしなくてはならないのだろう。
とは思うものの、ま、それがなきゃつまらないし。
忙しない年末の、せめてその日だけはスペシャルに過ごす家族団欒の日ってことで、いいんじゃない?
子どもも冬休みに入るので、2学期お疲れさま会も兼ねてのね!
と、自分を納得させる私である。
そうやって今年もイヴに用意されたケーキだが、ある事情で翌日に持ち越されてしまったのだ。
というのも、次男の想定外の体調不良である。

昨日の夕方には次男のスイミングの練習があり、
次男の帰宅を待っての晩餐という段取りになっていた。
ところが、次男を迎えに行ってもらった夫からのメールには、
「どうもお腹の調子が悪いらしいよ」との知らせ。
2年前のクリスマス・イヴにはおたふくかぜにかかった次男である。
またなの!?またしてもこの日に~!?
などとつい思ってしまった(ごめん!)が、
スイミングですでに2回、帰ってからもトイレを出たり入ったりしている次男を見ると、さすがにかわいそうである。
仕方ない、ごちそうはお預けだね とビオフェルミンを2粒渡すが、反論する元気もない。
そして、言い返す代わりに次男が言ったのは、
トイレでおしりから血が出たということだった。
おしりが切れたのかな?痛い? と訊くと、「痛くない」。
おしりを拭いたら紙についたんでしょ? と訊くと、
「ううん、ブシャーって出て、ぽたぽたぽたってなった!」
えぇーsign03
これには私の方が強く反応してしまった。
なにせ、臆病な上に血が大の苦手ときている。
そのときすでに私の頭の中には、真っ赤な鮮血に染まった便器が描き出されていた。そんなんじゃないってば^^;
悪い病気だったらどうしよう~sweat01
もう食事どころではない。
時計を見れば、8時になろうとしている。
市の夜間診療所が開いている時間だ。
血便なのか下血なのか、本当に出血なのか、子どもの話だけでは真相は分からないが、下痢が止まらず体調がよくないのは事実だし、詳しい検査ができないにしても深刻な状態なのかどうかくらいは診察すれば分かるんだろうと考え、受診することにした。
熱はないが、寒い寒いと言う次男。
プールに入ったので体が冷えてしまったのかもしれない。
か細い子どもの体を上着とブランケットでぐるぐるにして、車で5分程のところにある診療所へ向かったのだった。

迎えた医師はまず尿検査を指示。
すぐに結果が出て、潜血反応はなしと伝えられた。
心配はいらないだろうが、念のため血液検査をすると言う。
その結果を待ちながら、次男は点滴をしてベッドで横になるものの、おしりにナウゼリンの座薬を入れたため、その刺激で便意と戦うこと15分。
あまりにもつらそうで、座薬ではなく内服のナウゼリンではだめだったのかしら?と思ったりも。
吐き気は感じていないようだし、錠剤を飲むのは平気のように見える。
次男はがんばって耐えていたが、結局已むに已まれずトイレへ。
出すもの出すと楽になったようで、急に機嫌がよくなる次男。
やたらと喋るなぁと思って見ているうちに、スーっと眠ってしまったのだった。
その後だいぶ待ってから、ようやく血液検査の結果も出た。
貧血もないという。
怖いのは食中毒だが、その可能性はないだろうとのことだった。
20日から今日くらいまでの間に、なにか変わったものを食べていないかと訊かれても、咄嗟に食べたものが思い浮かばない40代の脳。
それでもなんとか記憶をたぐりよせ、特に変わったものは食べていない、家族みんな同じ食事だと伝えると、
それじゃあ、多分ノロウィルスでしょう と言われた。
家族にうつると、年末年始はなくなりますよ と嚇かされ、それでもほっと胸をなで下ろして帰宅すると、すでに11時になっていた。
次男を寝かせ、私たちも遅い夕食を取ったのだった。

こうしてさんざんのイヴを過ごした翌朝は、少しゆっくりの、しかもケーキ付きの朝ごはん。
たまにはこんなクリスマスも記憶に残っていいかもね と笑い合う。
当の次男、昨日のあれはなんだったの?というくらい、今日はケロリと回復し、一日遅れのチキンもケーキも完食した。
ノロウィルスですらなかったのかもしれない次男の体調不良の、すべては謎に包まれている。
あとに残ったのは少しの安堵と、大きな疲労。
あぁ、親になるってやっぱりたいへんな仕事だということをかみしめる、今年のクリスマスであった。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« ジェダイの勝利 | トップページ | 年賀状の思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

義母」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
大変でしたね。coldsweats02
ウチも各自の好きな小ケ―キ+ローストチキンが定番です。
クリスチャンでもないけど、まあクリスマスを口実にケーキ+普段口に入らないローストチキンを食べる家族イベントですかね。
正月にケーキも何ですし、クリスマスに相当する日本の行事って?ですし。地蔵盆かな? お菓子がもどってくるだけですし。。
良いお年をお迎えください。happy01

投稿: 猫畑 | 2015年12月26日 (土) 14時50分

大変なことにならなくて本当に良かったぁ。
血便なんてもう読みながらドキドキしちゃった。
でも、どうしてこの日?みたいな日に思い出深い?事件が起こるんですよね・・(笑)
げっそり疲れたことでしょう。
次男くんもさぼてんの花さんもご苦労様。
良いお年をお迎えくださいねhappy01

投稿: タッタ | 2015年12月26日 (土) 23時38分

私と似たようなクリスマスイヴでしたね。私もチビ太を医者に連れて行き、母親の予約したクリスマスケーキを受け取って、夕食後に寂しく食べ、サンタクロースより忙しく大変な一晩を過ごしました。母親が退院してきたのがクリスマスのその日。我が家にキリスト(或いは聖母マリア)が降臨して来たかのようでした。母親と一緒に再び医者に行って帰って来たら、神の奇跡で人間に生まれ変わったゾンビはこんなにはしゃぐのか、といった感じでしたね。でも、孫を預かるジジイというのは、何かあったら、という責任感が、実の親より強いのでは、と言ったら言い過ぎ?

投稿: ペリカン | 2015年12月27日 (日) 06時37分

猫畑さん、こんにちは(^^)
宗教というものに対しておおらかというか、あまりこだわりがないのが、日本人のいいところと言いますか悪いところと言いますか…coldsweats01
それはともかくとして、猫畑さんご一家も楽しい団欒のひとときを過ごされたんですね。
家族のつながりや家庭の在り方が問われる現代、家族のイベントっていうのも、それだけでけっこう意義がありますよね!

投稿: さぼてんの花 | 2015年12月27日 (日) 16時28分

タッタさん、こんにちは(^^)
ほんとにもう、
お料理の用意もすべて万端。いざ!ってときに…sad
せめて、他の日にできなかったのー?
て、それはできませんよねぇcoldsweats01
まぁ、大したことはなくてよかったです。
ご心配、ありがとうございます。
タッタさんもよいお年を!heart04

投稿: さぼてんの花 | 2015年12月27日 (日) 16時36分

ペリカンさん、こんにちは(^^)
え、お孫さん、ゾンビ?coldsweats01
またまたそんなこと言って~(笑)
可愛い盛りですよねぇconfident
チビ太くん、元気になって本当によかったですね。
ママが不在で不安なのも体調に影響するのかもしれません。
それに、そう、大事なお孫さんを預かる身としては、ペリカンさんの責任は重大ですよねぇ。
あ、すみません、別にプレッシャーかけてるわけじゃありませんcoldsweats01
だけど、ペリカンさんのようなお舅さんがいて、チビ太くんママは本当にお幸せだと思います。

投稿: さぼてんの花 | 2015年12月27日 (日) 16時50分

大変でしたねえ〜〜
次男君が、一晩で良くなってくれたのは本当に良かったけれど、
振り回されたご両親は、後からどっと来ますからね〜〜

「○○で、いいわ」の「で」!
私もいつも旦那にツッコミ入れますhappy01
そして、「○○が、いいです。」と言い直させますsmile

ねえ〜失礼な感じですよね〜〜

投稿: クー | 2015年12月29日 (火) 12時29分

クーさん、こんばんは(^^)
ほんと、いったいなんだったのよーgawk て思っちゃいますよ。
でも、何かの病気よりはいいですよね。

ぷぷっ(笑)
クーさんに叱られて言い直すご主人が
目に浮かぶようです。
「○○でいい」と言われると、
なにか不満でもsign02と思いますよねぇ~smile

投稿: さぼてんの花 | 2015年12月30日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/62936594

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの雑感:

« ジェダイの勝利 | トップページ | 年賀状の思い出 »