« 矯正歯科へ | トップページ | たかが猫 されど猫 »

続・矯正歯科へ

*このお話は前回のつづきです

名前を呼ばれ診察室に入った次男は、緊張の面持ちで診療台に座りました。
ウィ~ンと音がして、ゆっくりと背もたれが倒れていきます。
ほぼフラットになった次男の体を、ドクターと助手の方、それに私の三人の大人たちが取り囲んで、あーだこーだと状況確認が行われます。
大人同士で話していると、横になったはずの次男、診療台の上ですぐにピョコっと起き上がってきます。
「はいはい、寝ていてね」と助手さんに何度か制されて、すぐにまた横になるものの、相当落ち着かない様子です。
「ちょっと見せてね」とかがみ込んで次男の口の中を覗いていたドクターが顔を上げ、私が家から持参したレントゲン画像に目を移します。
あぁ、この画像は隣の乳歯が抜けた直後でして、今はその永久歯がすっかり生えているので問題の歯の生えるスペースがより狭くなった感じです と私が説明しますと、見るからにまだお若いその女性のドクターは「う~ん…」と思案顔。
「これ、大丈夫じゃないかなぁ。でも、そうか、1年以上経ってるんじゃ、出て来ないか…」
そして、しばらく考えてから、
「じゃ、穴を開けてみましょうか。開窓(かいそう)というんですが、歯肉を焼き切って穴を開けて、歯の出口を作ってあげるんです。」とにっこり。
可愛い顔してゾッとするようなことを、さらりと、こともなげにおっしゃる…coldsweats01
頭上で飛び交うそんな大人たちの会話を聞いた次男は、口をぱくぱくcoldsweats02していましたが、
じゃ改めてレントゲンを撮りますね と言われて反論する間も与えられず別室に連れて行かれました。

レントゲン撮影が終わって次男が戻ってきますと、
「では、開窓でいきましょう!」とドクターの決断が下されました。
「穴を開けて歯を生えやすくしてあげれば、自力で出てくると思います。こっちの前歯寄りのほうにまだ余裕があるので、ぐいっと押しながら出ると思うんですよね。出て来ない場合は、引っ張り出します。それでも、どうしてもダメなら、矯正になります。」
とりたてて歯列が悪いとか、あごの形に問題があるというわけでなく、歯が一本生えてこないこと以外は何ら異常がないため、ドクターも矯正を行うことには消極的のようです。
でも、引っ張り出すってどうやるんだろ?coldsweats01
ま、そのときがくれば分かります。
ドクターも良心的な方のようですし、お任せしてよさそうです。
一週間後に開窓の処置を受ける予約を入れ、その日の診療は終了しました。

それまで大人たちの真ん中で、青ざめた顔をしながらキョトキョト視線を泳がせていた次男でしたが、診察室を一歩出るや否や叫びます。
ぼく、キョウセイするーsign03
肉を焼くなんてヤダーっshock
「歯肉を焼き切る」という表現にすっかり恐れをなしたようです。
気持ちは分かるけれどcoldsweats01
「平気、平気。焼くと言ってもレーザーだから、血もたいして出ないって!」
私は努めて平静を装い、なんでもないことのように振る舞います。
なにせ、頭の中のスクリーンには「ビムラー15万円」の警告文字が張り付いていますから。

ところで、万が一矯正をすることになった場合ですが、
次男の場合は子どもの矯正ができるということでした。
まだ乳歯がけっこう残っているから というのがその理由のようです。
乳歯があるほうが矯正するにはいいんです とドクターはおっしゃっていました。
永久歯が生えそろってからよりも、生え変わる前に矯正を始める方が、成長の波に乗ることできっと負担も少なく、タイミングとしては望ましいのでしょうね。 
大人の矯正の線は消えたので一安心ですが、
子どもの矯正だってしないですめばそれに越したことはありません。
あぁ、どうか、次男の歯が自力で窓から出て来てくれますように。

       sun  night  sun  night  sun  night

瞬く間に一週間が過ぎ、開窓術を行う当日になりました。
乗り気ではない次男を引っ張ってクリニックへ向かいます。
なんとか気持ちを引き立てようと、
帰り、大丈夫だったらヨーカドーにでも寄ろうか?と提案してみましたが、
「いい… 帰るgawk」と気分はすっかり低迷状態。
いつもならカードやらなんやら、ほしいものが並んでいるヨーカドー、大好きなんですけどね。
その日はそれどころじゃないようでした。
予定通りの時間にクリニックに到着し順番を待っておりますと、まもなく診察室に呼ばれました。
いよいよです!
ここまで来るとさすがに観念したのでしょう、次男、男らしく黙って診療台に上がりました。
まさに、まな板の上のコイ。
さぁ、煮て食うなり焼いて食うなり、どうとでもしやがれ!
そんなセリフが聞こえてきそうな様子に、
いえいえ、いくら歯肉を焼いても、決して食べたりなどいたしません と心の中で密かにつっこみを入れつつ見守ります。
「では、まず麻酔から始めます」とドクター。
あぁ、そうだった。
これ、痛いんだったなぁ。
でも麻酔が効いてしまえばこっちのもの。
がんばれ、次男!
少し離れたところで見ていましたが、お姉さん先生、とても慎重に、そしてとてもやさしく丁寧に、処置をしてくださったようでした。
麻酔から開窓までのすべての処置が終わるまで、とてもゆったりと安心して、時に笑いがもれるほど和やかに、診療を受けることができました。

麻酔が切れると少し痛むかもしれないということで、鎮痛剤をもらい、その日は終了です。
食事、歯磨きも普通にしていいとのことでした。
患部をのぞいてみると、なるほど、問題の箇所の歯と歯の隙間の歯肉の部分にぽっかりと穴が開けられて、その奥に閉じ込められている歯が見えます。
「ほんとにちゃんと歯がありますね!」と思わず言ってしまいました。
これが素直に下りてきてくれればいいのだけれど。
そんなにうまくいくかしら?
それに、子どもの場合、せっかく開けた穴も2週間ほどでふさがってしまうこともあるそうなのです。
恐るべし、子どもの傷修復能力!

あれほどびくついていた当の本人はと言えば、済んでしまえばもう過去のこと。
「あー、コゲくさかったー」などと照れ隠し。
すっかりいつもの調子を取り戻し、結局ヨーカドーに寄って帰りました。
経過を観察しながら、その翌日と2週間後に受診しましたが、全て問題もなく順調です。
歯の窓がふさがることもなく、1週間たったころには、少し歯が出て来始めているようでした。
こんなにうまくいくなんて驚きです!
そして、2か月あまりが経った現在、
すっかり歯が生えそろって…とご報告したかったのですが、
半分まで出たあたりで止まってしまいました~coldsweats01
もう一息だ、がんばれ!と次男の歯に言い聞かせてはいるのですが。
来月の受診日には、いよいよ「引っ張り出す」ことになるのかしら?
完全に生え切るまで、もう少し時間が必要なようです。
ともあれ、これでまずは一安心。
めでたしめでたしの幕切れです。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 矯正歯科へ | トップページ | たかが猫 されど猫 »

育児」カテゴリの記事

コメント

おぉ~ よかったですねhappy01
「肉を焼き切って穴を開けて…」って言葉に
私もゾゾっブルブルっshockしましたが。
子どもにもその言葉怖かったでしょうねcoldsweats01
頭の中に絵が浮かんじゃう!
次男くん頑張りましたね お疲れ様~
無事に歯も出てきたということで、ほっと一安心ですね。
あともうちょっと、次男くんの歯よ がんばれp(^-^)q

投稿: ところん | 2015年11月 3日 (火) 18時05分

ところんさん、ありがとうございます。
「肉を焼く」っていう語感から、焼き肉しか連想しなかったみたいです~coldsweats01
ガスバーナーかなんかでボォォォ~impactとか?
こういう場面って、女の子より男の子の方がビビりますよね。
あ、うちだけかなcoldsweats01
とりあえず、途中まででも出てきたから、
ほんとやれやれです。

投稿: さぼてんの花 | 2015年11月 4日 (水) 21時30分

焦げ臭いのかーcoldsweats01確かに焼いているんですねshock
頑張りましたね〜次男君!
その後、痛みなどはなかったですか?

窓を開けたら出てくるなんて、奥ゆかしい歯ですね。
いろんな方法があるのですね〜

とりあえず一安心ですね。
よかった〜heart04

投稿: クー | 2015年11月 4日 (水) 23時29分

クーさん、こんにちは。
麻酔がきれてからも、意外になんともなくて、逆に拍子抜けしたくらいですcoldsweats01
もらった痛み止めを飲むこともなく、普通に食事もできてました。
歯磨きも、歯に刺激を与えたほうがむしろいいので普通にしてください と言われていて、
本人よりも私の方がおっかなびっくりしていましたが、
けっこう大胆にやってましたよ。
大丈夫なの?と訊いたら、
「血が出た~」とは言ってましたけどshock←血が苦手sweat01
でも、窓を開けてやれば歯がちゃんと出てくるんですから、不思議なものですね。

投稿: さぼてんの花 | 2015年11月 6日 (金) 16時37分

あ~とりあえず無事終わって良かった。
肉を焼き切って穴?なんて言われたら私は間違いなく帰ります!(笑)
偉いな~、次男くん。また大人になったね~。
うちの息子は顎が小さくて歯が出る場所がないとかで2本抜いて矯正しましたね・・
今は何事もなかったような美しい歯並びです。
次男君の歯もちゃんと美しく生えてくるよ。きっとね!

投稿: タッタ | 2015年11月 6日 (金) 21時47分

タッタさん、ありがとうございます。
途中で止まっちゃうあたりが次男らしいんですけど、
がんばって最後まで生え切ってほしいです(笑)
息子さんは歯を抜いたり、たいへんでしたね。
でも今は美しい歯並びに…shine
甲斐がありましたね!

歯科に限らず、医療行為ってすごいですよね。
そんなに切ったり焼いたりしちゃっても
平気なんだってびっくりすること多いです。
人間の体もスゴイけど、
それをするお医者さまもスゴイ!

投稿: さぼてんの花 | 2015年11月 7日 (土) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/62589281

この記事へのトラックバック一覧です: 続・矯正歯科へ:

« 矯正歯科へ | トップページ | たかが猫 されど猫 »