« Siriと遊ぶ | トップページ | よく晴れた秋の日に~雑感~ »

孔子の教え

39歳から40歳になるとき、私のなかには別段なんの抵抗も、新しい覚悟もなかった。
30の大台に乗るというときの方が、まだなにがしかの心境の変化はあったように思う。
40になった年の年賀状では、同級生たちと「不惑の年だね」などという言葉がやりとりされはしたが、時の経つのは早いなぁくらいの感想しかなかった。
そしてその後の私の人生、今も不惑どころか惑いっぱなしである。

孔子は人間の成熟過程を、志学(15歳)、而立(30歳)、不惑(40歳)、知命(50歳)、耳順(60歳)、従心(70歳)と言った。
とはいえ、これらは孔子が自らの一生を振り返っての言葉であるから、それがそのまま現代に生きる平凡な一市民に通用するかと言ったら疑問が残る。
ただこのごろの自分について思うのは、確かにゆるがなくなった部分があるということだ。
相変わらずわからないことはたくさんあるし、毎日、これなに? それどうしたらいいの?と思いながら生きているところは「不惑」と言えないかもしれないが、
それとは別のところで、ある種の図太さというのか、わからないものはわからないと言い、おかしいと思うことはおかしいと言い、いやなものはいやだと言うことができるようになってきたと思う。
そしてそれを言うからには、いやでも自分で問題について考えたり、対策を練ったりしなければならなくなってきて、必然的に自分で考えて動かざるを得なくなる。
そんなあたりまえのことが、私のようになんとなく生きてきた人間にはできなかったのだ。
自分に自信がないから思ったことも言えない。
それ以前に、自分としての考えや知識がない。
とりあえず周りに合わせていれば楽。
まぁ、我ながらなんと情けない・・・think
そんな私でも結婚して家庭を持ち子育てなどしていくうちに、いろんな現実に直面し、そこで四苦八苦しながらもなんとか自力で乗り切る力を蓄えてきた。
なんでも人任せにせず、自分なりに考えてみる習慣がついてきた。
特になにか大きなことを成し遂げたというわけではないけれども、
こうしたやり方は自分の中の満足度が高い。
自己肯定感も高まる。
そう考えると、やっぱり不惑の40というのは、人生の真理であるのかもしれない。
な~んて言うと聞こえはいいが、私の場合、ただオバサン化しただけと言うこともできるかも?coldsweats01

ま、オバサンがオバサンらしくあることも、世の中には必要なのよ
などと自分を正当化している私の目に、新たな情報が飛び込んできた。
ある説(*)によると、この不惑の「惑」は「或」の誤りだというのである。
孔子の時代には「惑」の字は使われていなかったというのがその根拠らしい。
「或」は境界を引くこと、限定することの意味で、 その場合の論語の解釈は、自分を限定せずにもっと可能性を広げるべきだ となるのだそうだ。
*安田登・著『身体感覚で『論語』を読みなおす。』(春秋社)という書籍があるそうです
論語の新しい解釈として注目されたというこの説、学問上の妥当性についての是非は分からない。
しかし、自分自身の行動に迷いがなくなることと、自分の限界を定めずに新しい可能性を模索することは、私の中では方向性として近いように思う。
結局、自由な発想でオバサンの力を発揮すればいいんでしょ?
あら、違う?(笑)

今日、こんなふうに年齢にこだわってみたのは、福山雅治サンの結婚報道があったせいだ。
文句なしのイケメンの彼も46歳かぁ。
30代のころのイメージが強かったから若いと思っていたけど、あと数年で50じゃない!
ていうか、私、同じ年だわねcoldsweats01
そっかぁ、私もあと3年ちょいで50になるのか…
でも、福山クンといっしょならしょーがないっか。
何がどう、しょーがないのか、全く不明なのであるが、
50歳になるのであれば、今よりもっとちゃんとしないといけない。
私の中では、40よりも50の方が断然ハードルが高いのである。
なんたって「知命」、天から与えられた自分の役割を知る年齢なのだから。
人間として、一段も二段もランクアップしていなくては。
うーん、やれる気がしない…sweat02

きっと3年後の私も、今とそう変わらないんだろう。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« Siriと遊ぶ | トップページ | よく晴れた秋の日に~雑感~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。人として一段、二段・・
私はお腹で表現しているようですσ(^_^;
情けない(T^T)

投稿: | 2015年10月 1日 (木) 14時39分

私も40になるときよりも30になるって時の方が
意識しましたねぇ。
歳を重ねた分だけ、いろいろ経験して成長してる。。。
と、思っていたけど、中身は全然変わりないなぁ~(^-^;
外見はものすごく変わったのに!!
福山さんのようにきれいなお顔のままでいられない。。。
元々のベースも問題も大ありですが(笑)
私の3年後もきっと今と変わらないです(^-^;

投稿: ところん | 2015年10月 1日 (木) 19時46分

すみませんm(_ _)m電車で書いていたら
切れてしまいました。
私もあと何年かしたら50ですが
やはりハードルは高いですね。
少し話がずれますが(一番始めのコメントの方が
ずれすぎですが)
段々、怖くなってきました。
自分の母親が認知が進んでいるので。
年を重ねると知識や責任が多くなり
まさに知命!
が終わると・・認知症?みたく(笑)σ(^_^;
毎週、毎週 リアルに見てると
こういう良い話も歪んでしまう自分も恐ろしい(T^T)
電車の中で考えてたこと。
忘れちゃいました(T^T)母親の子ですね(-.-;)
途切れたコメントといいすみませんm(_ _)m

投稿: | 2015年10月 1日 (木) 22時22分

舞さん、こんにちは(^^)
いつもコメントありがとうございます。
知名じゃなくて、知命でしたsweat01
私が後半のとこでミスしてましたので、
舞さんもつられちゃいましたね~(笑)
両方訂正しておきます。すみませんでした。

それで、そうですよね、怖いですね、
お腹の段々…
じゃなくて!(笑)
お母さまが変わっていくこと。
へんなとこでボケてすみませんヾ(_ _*)ハンセイ・・
今のように認知症が特別なことではなくなってくると、
いずれ自分も…?という怖さを
だれもが感じていると思います。
孔子の説いた人の一生の中には、認知症という要素は含まれてないですよね。
今の時代に孔子がいたら、なんと言ったんでしょうね。

投稿: さぼてんの花 | 2015年10月 2日 (金) 15時59分

ところんさん、こんにちは(^^)
ですねぇ、福山クン、お顔きれいすぎますね。
テレビで大写しになっても、お肌がツルンshineだし、
目鼻立ちも整ってるし。
うらやましいったらありゃしない!annoy
あら、私、なにを怒っているんでしょうcoldsweats01

わが身を振り返るに、
外見は、ほらアレですけど、
その分中身は深まって… と思いたいですが、
実際そう簡単にはいかないですねぇ。
ところんさん、三年後も変わらない同盟組みません?( ̄ー ̄)ニヤリ
なんて、そんなことして何になる!(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2015年10月 2日 (金) 16時18分

あら、私さぼてんの花さんと歳が近いですね。私の方が少しお姉さんみたい。

私も最近、アラフォーとアラフィフでは大分イメージ違うわ(-_-;)と、自分の中途半端さに焦りのようなものを感じていました。
もっとしっかりしていないといけない感じがして…

でもきっとそんなに伸びしろがあるようにも思えないし、私はこのまま行くのかなと(^^;

私の天命ってなんでしょうね~(*^^*)

投稿: クー | 2015年10月 7日 (水) 19時59分

クー姉さま、こんにちは(^^)
やっぱり、50歳って違いますよね。
だからって、何が変わるってこともないんですけど、
でもそういう年代の節目は自分を振り返るいい機会なのかもしれません。
ある程度生きることに慣れてきて自分のスタイルが決まってくると、細かいことに無頓着になったりして、知らないうちに周りに迷惑をかけてる なんてこともありがちです。
だから客観的に自分を見ることも必要だなーと思うんです。
ダメなところもある自分がちゃんと自覚できているというのも、その意味ではOKなのではないかと。
言い訳かもしれませんけど(笑)
自分のダメさを知っていると、人にも優しくなれますしねwink

「天命」。
言葉が重すぎですよねcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2015年10月 8日 (木) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/62382940

この記事へのトラックバック一覧です: 孔子の教え:

« Siriと遊ぶ | トップページ | よく晴れた秋の日に~雑感~ »