« コーヒーの正しい飲み方 | トップページ | 物忘れ外来 »

子どもの成長、その光と影

先日、次男の小学校の運動会が行われた。
前日の雨から一転、晴天に恵まれ、絶好の日和。
今年は5年生ということもあり、自分の出る種目以外に、
進行の上での係分担なども加わって、
大張り切りの次男であった。

当日までの一週間は、
毎年恒例になっている5年生の演技種目「ソーラン節」の練習にも余念がなく、帰宅後には「はぁっ!」という威勢のいい掛け声とともに汗だくになって踊る次男の姿が垣間見られた。
気合は十分!
小学校に入学以来、過去4年間はずっと赤組。
そして、どの年も白組に優勝を奪われてきたのだった。
5年目の今年、初めて白組になった次男の胸には、
今年こそ勝てるかも?という淡い期待が膨らんでいたことと思う。

しかし、神は意地悪な采配をふるった。
今年に限っての、赤組優勝。
次男くん、またも負けである。
去年までのようにがっかりして帰ってくるんだろうと思っていたが、
今年は少し様子が違った。
勝ち負けの話はしない。
お風呂で汗をさっぱり流し、日に焼けた顔でアイスを食べながら、私が撮影したビデオカメラの動画を見る。
あぁ、これも撮ってたの? と次男。
そうよ、もちろん!
それは、審判の係で、他学年の徒競走のゴール地点で順位カードを渡している、次男の働く姿だった。
テキパキして、かっこよかったよ~happy02
ソーランもほかの競技もよかったけれど、
母の目には、この仕事をしている次男がやけにまぶしかった。

子どもの成長は、親ごころをくすぐる。
しかしその反面で、大人に近づくということはずるさを身に付けるということでもある。
さぁ、諸君、これを見給え! …てだれに言ってんの~^^;

20150605_142204
見てもピンと来ない方は、こちらの記事をご覧あれ。
一年前の夏、次男が田んぼで捕まえてきたザリガニが、
みごと冬を越したのであ~る!
昨年、初冬までは甲斐甲斐しく世話をしていた次男だが、
気温の低下とともにザリガニの活動も低下するに伴い、
すっかりその熱も冷めてしまっていた。
冬の間、かわいそうなザリ子、ほったらかしである。
冬眠状態にあったと思われるザリ子は、それでも生き延びた。
春になってザリ子が眠りから覚め、休止していた活動を再開しても、いったん冷めてしまった次男のザリガニ熱には火が付かないようだ。
なぜなら、自分が世話をしなくても、そのせいでザリガニが死ぬようなことにはならないことを知っているからである。
「ザリ子がかわいそうじゃない!」と口では言っても何もやってくれない母と違い、なんだかんだ言ってもほっとけなくて世話をしてくれる面倒見のよい父。
それを見抜いた上で、自分は楽して通ろうとする子ども。
死なれるのは嫌だけれど、ちょっとめんどくさいんだもん。
おとうさんいるから、大丈夫。
だけど、たまにはエサでも食べさせてみようか。
5年生の彼が考えるのは、そんなとこ。
こうやってちょっとずつ、世渡り上手になっていくのか。

つくづく、物事には光と影の両面があるものなのだと思う。

そして、気のせいか父になつき始めているザリ子ちゃん…。
20150605_141646

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« コーヒーの正しい飲み方 | トップページ | 物忘れ外来 »

育児」カテゴリの記事

コメント

ザリガニの冬越し、すごいなぁ~
「たまにはエサでも食べさせてみようか」
これすごくわかりますcoldsweats01
誰かがやってくれるから大丈夫ってわかるともうね。
気が向くといいとこどり うちの息子、そんなんですcoldsweats01
運動会での子どもの働く姿、すごくかっこよく見えますよね。
ちょっと感動しちゃうcoldsweats01
そういうとこもビデオにおさめてくれるお母さんも素敵。

コーヒーサイダー、やってみましたよ~
驚いたことにコーヒーを一切飲めない息子がゴクゴクとcoldsweats02
「イケる」って! 
初めてのコーヒーデビューがサイダー割りになりました(笑)
ちなみにあたしはちょっと無理でした~coldsweats01


投稿: ところん | 2015年6月 6日 (土) 12時12分

ところんさん、こんばんは(^^)
ザリガニの越冬なんて、初めての経験でした。
いや、経験ていうより、ザリガニが自分で生き抜いてくれたというだけなんですけど。

息子くんも?
やっぱり、いいとこ取り?
まぁ、それだけ、賢くなったってことですよね。
生きてく上では、要領のよさも必要なときがあるし。

次男の働く姿、ほんと感動モノでした。
あの甘えん坊がねぇ…confident
いつもの家での姿からは想像できないです。
やろうと思えばできるんじゃん!
家でもやってほしいなぁ(笑)

で、息子くん的には、イケてたんですね、コーヒーサイダー!flair
この夏はぜひこれで!good
てか、そこまでしてコーヒーを飲まなきゃいけないかどうか ですけどね~(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2015年6月 8日 (月) 22時31分

今日、いきなり息子が
「メダカをくれるって言う人がいるんだけど、もらってもいい?」
といったので、
「自分でめんどうみないじゃん」っていったら、「そうだね」と認めていました。
認めるんだ〜〜面倒見る気、さらさらないのに、もらおうかとか思うんだ〜ってちょっとがっかりしました。
お世話をする気があるだけ、ずっと次男君の方がえらいですよ。

運動会、競技をする子が主役でしょうが、そのサポートをする脇役も、重要ですよね。がんばっている次男君、かっこいいですねnote

楽をする事はすぐに身に付くけれど、努力する方にはなかなか成長の芽が見つけられないでいますがcoldsweats01
学校では、自分の役割には責任を感じてくれるようになってきますね。周りの目を意識できるようになるというか、客観的に自分が見れるようになるのは、やっぱりだいたいこのくらいの年齢らしいですね。体だけでなく心もちゃんと成長してるんですよね〜confident

そういえば、炭酸入りのコーヒー飲料どこかで販売開始したニュースを少し前に見たような気がしましたが…実際に見た覚えが無いのは、売り場で意識してみていないから?売れ行きどうなんでしょうね?

投稿: クー | 2015年6月11日 (木) 19時27分

クーさん、こんばんは(^^)
男の子って、生き物が好きですよね。
自分で飼うって言った以上、次男には最後までちゃんと面倒見てほしかったなぁ…
調子がいいのは最初だけかぁgawk
そのときは生き物を自分の手元に置きたい一心で、
後々世話がめんどくさくなる自分を想像する余地もないんだろうなぁ。
その点、クーさんの息子くんは客観的に自分が見られているってことですね。
オトナだなー

ところで、炭酸入りコーヒー、もう商品化されていたんですねflair
今度、気を付けて見てみます。


投稿: さぼてんの花 | 2015年6月13日 (土) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/61698709

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの成長、その光と影:

« コーヒーの正しい飲み方 | トップページ | 物忘れ外来 »