« 開かずのタンス | トップページ | コーヒーの正しい飲み方 »

我が家の断捨離~手始めに~

衣類の処分を思い立ってからの私、
日常生活が俄然、断捨離モードに入っております。
街で見かけるフリーペーパーも安易に持ち帰らない。
買い物も必要なものを必要なだけ買うようにし、
郵便受けに無数に届くダイレクトメールも、ただちにゴミ箱へ。
これよ!
なぜ今までこうしなかったのか。
すでにあるものは徐々に減らしていくとして、
今からは不要なものを極力増やすまいと
行動パターンの一新を心がけています。
入ってくるものを断つ ということも、大切なポイントですね。

それで、肝心の衣類のほうですが、
まだです(^^;)
私の例の洋服ダンスは、まだそのままになっています。
まず手始めとして、夫の引き出しから整理しました。
なぜ?ってそれは、
絶対にうまくいく自信があったからです!(笑)
なにごとも、成功体験を積むことが大切ですからね~
なんて、まぁ言い訳ですが、そこは適当に流してくださいな(^^;)

ま、段取りはどうあれ、我が家の断捨離が
いよいよスタートしたわけです。
つきましては、この曲をお聞きください。
今回の断捨離のテーマ曲ですnotes

  何もかも捨ててしまえ
  そして生まれ変わるのサ
  全ては明日の夢に
  みちびかれた物語

夫の引き出しに封印されていた衣類。
スポーツブランドのトレーナーや、Tシャツ類。
布袋さんに促されるままに廃棄されていきました。
もちろん、私一人の勝手な判断ではありません。
持ち主である夫の承諾を得ながらの作業です。
夫のほうも、機が熟していたようです。
一年前には、まだ捨てないで~ と懇願していたシャツを
今回はわりとすんなり、思い切ることができました。
引き出しから一枚ずつ服を引っ張り出しては、
あぁ、これ10年前はよく着てたよねぇ とか、
これはちょっと作りが小さくて着にくいんだ とか、
久しぶりに見たら、ずいぶん色が褪せてるね とか、
いろいろコメントし合う私たち。
たくさん服を持っていても、結局着るのは新しく買ったものばかり。
古くなった服は結局出番がないんだなぁ と改めて実感しました。
ついでに目についた私の着古したニットやTシャツなども加わって、
あれよあれよと言う間に、処分する服は45リットルのゴミ袋5つ分になりました。
これで新しいものが引き出しに悠々と仕舞えます。
あぁ、なんてスッキリ!shine

夫の引き出しは今や遠い過去を抜け出し、未来に向けての今にスイッチされました。
若かったときの彼ではなく、今の彼にふさわしいものが集められたその引き出しを見ていると、自然に気持ちも前向きになっていきます。
作業が一段落して達成感に浸っているとき、夫は満足そうな表情の上にもう一つ、ニヤっという笑みを重ね、次はコレだな と私の嫁入り道具のタンスを指で示すのでありました。
はい、言われなくても分かってまーすpaper

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 開かずのタンス | トップページ | コーヒーの正しい飲み方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

布袋さんに促されるままに(゚m゚*)ぷ。
テーマ曲は必要ですよね アレコレ考えずに思いきれるgood
お二人でいろいろ思い出話しながらの作業がなんだか微笑ましいですわ( ̄▽ ̄)
そっか~もう旦那様は新しい道を歩き始めたのですね(なんか違う・笑)
気分もスッキリでしょうねぇ~
日常生活を断捨離モードに!! それ大事ですね。
余計なもんを増やさない 絶対あとで捨てますもんねぇcoldsweats01

投稿: ところん | 2015年5月17日 (日) 15時21分

ところんさん、こんにちは(^^)
そうなんです、夫はすでに新しい道を…!(笑)
しかし歩き出したとたんに、第二の引き出しの存在が浮上し、
まだ完結というわけにはいきません。
今や寝室でテレビ台と化している彼のチェスト。
あぁ、そういえばこれ、整理ダンスだったっけ
というくらい長いこと触っていない開かずの引き出し。
いっそ丸ごと粗大ごみにしたいくらい…
こっちも少しずつ手を付けます。
衣料品って意外に重いので、少しずつ捨てないとたいへんなんです~coldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2015年5月18日 (月) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/61596925

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の断捨離~手始めに~:

« 開かずのタンス | トップページ | コーヒーの正しい飲み方 »