« リコーダー | トップページ | 無自覚 »

Spring has come

今年も、白い木蓮の花が咲き始めました。
ハクモクレン。
清楚で独特な存在感のあるこの花が、私は好きです。
そして、この花が咲くといつも思い出すのが、これ。
スターダストレビュー、『木蘭の涙』です。

  木蘭のつぼみが
  開くのを見るたびに
  あふれだす涙は
  夢のあとさきに

逢いたくて 逢いたくて… なんと切ないのでしょう(ρ_;)
厳密には、「木蓮(木蘭)」というと紫色の花を咲かせる「シモクレン」を指すのだそうですが、私のイメージするのは真っ白なハクモクレンのほうです。
花言葉は「自然への愛」「高潔な心」「持続性」。
コンパス・フラワーの別名もあるように、つぼみの先がすべて北を向くそうです。
それは北枕に寝かせるという死者を連想させ、いつまでも忘れない亡くなった人への愛を思わせます。
個人的には、大切な人との永遠の別れというのは一度も経験がありませんが、なんとなく春先はちょっぴり感傷的になりますもので、この歌にうたわれている心情がオーバーラップしてくるのです。
だってほら、春は別れの季節とか申しますでしょう?
涙がつきものなんです。
まぁ、今、親しい人との別れが現実にあるわけではないんですけれど、春の風が記憶の扉をたたいて少し開きかけている…
そんなところへ、木蓮ですよ!
花が歌を呼び、この曲がずずずぃっと心に入り込んできてしまうのですワ~(*v.v)。
そんなわけで、毎年このシーズンは、この歌にどっぷり浸って過ごす私なのでした。
涙には浄化作用があるといいますから、思う存分に泣いて心をリセットするのは、今がいいタイミングかもしれません。
いずれ桜の時季がやって来たら、すっきりと新しい気持ちでスタートを切りたいですから。

さて、この曲が最初にリリースされたのは1993年ですが、2005年にセルフカバーされてアコースティック版が出ました。
これが、今「マッサン」で注目のニッカウヰスキーのCMに使われたのをみなさん覚えていらっしゃいますか?
石田ゆり子さんが「女房酔わせてどうするつもり?」というアレです。
また、この曲はこれまでいろんな方にカバーされているようですが、最近では、「ごちそうさん」の希子役・高畑充希さんがカバーしています。
意外なところでつながりが浮上してきて、朝ドラファンとしてはテンション急上昇の事態です。
泣いたり笑ったり、この春はほんと忙しいですわ~(*´v゚*)ゞ

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« リコーダー | トップページ | 無自覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
いつも楽しく拝見しています。

我が家の庭先にも木蓮の木があります。白ではなくて赤(紫?)の方の。
父が植えたものですが、父は白木蓮が欲しくて苗を買って来たのですが、咲いてみたら違ったと残念がっていました。しかしある時通りがかりの人に、普通は白木蓮が多いのに色つきは珍しくて綺麗ですね。と言われたそうです。
それから、これもいいかもな、よく見ると綺麗だよね・・・となったようです。(笑)
その父は4年前癌で他界しました。
曲を聴きながらさぼてんの花さんの文章を読んでいて、そんな父の事を思い出しました。

投稿: こてぴん | 2015年3月16日 (月) 10時48分

こてぴんさん、コメントをありがとうございます。
木蓮はお父様の思い出の木なのですねconfident
草木が毎年同じ時季に花を咲かせるのを見ると、心が時間を飛び越えていろんな思いがよみがえりますね。
目まぐるしい日常を離れて、花を眺めたり、音楽を聞いたりする時間も大切にしたいです。
なかなかできないときもあるんですけどねcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2015年3月16日 (月) 11時15分

懐かしい しっとり聞き入ってしまいましたconfident
CMも懐かしいなぁ~confident
あたしも今度どこかで白い木蓮見かけたら思い出しそうです。
あいたくて あ~いたくて~って歌い出しちゃうんだろうなぁcoldsweats01
あ~ なんかゆったりした気持ちになりました。

投稿: ところん | 2015年3月17日 (火) 16時23分

ところんさん、こんにちは(^^)
何年たっても心に残る歌は色褪せないものですね。
ぜひ、木蓮の木の前で、熱唱してください!(笑)
CMも、石田ゆり子さん、同性から見てもかわいかった~shine
YouTubeで何回も見ちゃいました。
あのCMなら、オールモルト、売れちゃいますよね。

投稿: さぼてんの花 | 2015年3月18日 (水) 11時11分

高校生の頃、スターダストレビューのファンでした。
年がばれますが、この歌は私のスタレビ熱のピークを少し過ぎた後に出て、CMで聞くくらいでしたが、やっぱりあの声とあいまっていい歌ですよね。

今聞き出したら、どっぷり聞き耽って止まらなくなること請け合いなので、脳内再生にとどめておきます。

投稿: クー | 2015年3月19日 (木) 20時30分

クーさん、こんにちは(^^)
いいですよね、スタレビ…shine
じゃあ、あの声を聞いてしまうと、青春の思い出がぞろぞろよみがえって、よけいに泣けてきちゃいそうですね~

私は、木蓮の涙が沢田知可子さんの「会いたい」とセットでインプットされていて、二曲歌っては号泣する。
そしてそのあとスッキリ!
という変な癖をもっていますcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2015年3月20日 (金) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/61286108

この記事へのトラックバック一覧です: Spring has come:

« リコーダー | トップページ | 無自覚 »