« カレーと畳は生まれ変わる | トップページ | すあま騒動 »

嫁と姑のめまい合戦

今、我が家は、夫の仕事上のとある事情により、多忙を極めている。
予定通りに事が進めば、二週間後には一段落するのだが、今がまさに忙しさのピークである。
そんな中でブログに記事をアップする余裕など本来ないはずなのであるが、今こうして私をパソコンに向かわせているのは、心に充満する毒々しいもの。
風穴をあけて心を換気しなくては、高圧になった毒ガスがいつ引火して大爆発を起こすか分からないからだ。

ことの発端は、義母がデイケアを休んだこと。
その前日から、めまいがすると言って食事もとらずに部屋で休んでいた義母。
「明日は、デイケアを休むことにするわ」という言葉を聞いたこちらのほうが、めまいを起こしそうdespair

義母はこんなふうにときどき「めまい」を起こす。
でも、少し経って自分の気が済むと、時間を持て余した義母はなにごともなかったように復活するのが常だ。
デイケアに通い始めた一年半ほど前は、その日と同じ展開が毎度繰り返された。
そのときは「当日の朝まで様子を見ましょうね」と言っておだてつつ接しているとケロっと元気になって、結果、デイケアをお休みしたことは一度もなかったのだ。
それと同じシチュエーションが久々におとずれた。
しかも、このタイミングで。
夫も私もこなさなければならない仕事が山積みで、デイケアの日は一日、義母のことを頭から追い出していられる貴重な時間。
それなのに、休みたいって!!?Σ(゚д゚;)

明日になったら、いつものように気が変わるかしら?
そう思って、前日の夜はそっとしておいた。
ところが翌朝、私と夫の密かな期待は見事に打ち砕かれた。
布団にくるまった義母は、どうしても行かないとがんばっている。
ここまで来ると、仕方がない。
夫が施設に休む旨を連絡する。
本当に困ったお義母さん・・・sweat02
まぁね、気持ちはわからなくはないよ。
夫も私も忙しくて、でも自分は蚊帳の外。
仕事のことも、家事のことも、何一つ役に立てない寂しさ。
家族にかまってもらえないひがみ。
このタイミングだからこそ なのよね…think
だからといって、私たちを困らせるような言動からは、なにも良い状況は生まれないのに。

何か食べると戻しそうだから と言っていた義母だが、朝食にお粥を作ったらいそいそと起きてきた。
自分で歩いてトイレにも行った。
目の動きなども正常だ。
どこも心配なさそうだったが、仕方がないので、私が半日体を空けて義母を病院へ連れて行った。
お医者さまにひとしきり愚痴を聞いてもらい、お薬を処方していただいて、満足して帰ってきた義母。
もちろん、必要もないので何の検査もなし。
息子の嫁と病院に行って、お薬をもらったという事実だけが大切な義母。
「今日はありがとうね~ うれしかった~」と言われても。
・・・あ、私もめまいが orz

病院の行き帰り、思い出したようによろけて見せる義母に、「私につかまっていいですよ」と肩を貸したとき、
腕にぎゅっとしがみつかれて、軽くゾッとする感覚が走ったことに自分でも驚いた。
私はどれだけこの人がキライなのだろう。
でもこれから、こんなことがもっともっと増えていくのだ。
慣れなければ…!!!!!!!←葛藤  うぐ~

「○○(夫の名)もこれが片付くまではたいへんね」
夫が今、忙しくしていることはさすがに承知しているらしい。
だけどね、私だって同じように忙しいことにはお気付きでない!?
義母に付き添った半日の間に、いったいどれだけのことができるはずだったか、そのことは全く視野に入っていない様子。
いったい何を考えているのでしょう・・・orz

朝ドラのエリーちゃんも、内助の功を発揮してマッサンを支えている。
私だって、これも内助の功!
自分に言い聞かせつつ、なんとか義母のゴキゲンをとり、前回休んだデイケアに今日は義母を送り出した。
表面上は笑顔を作りながらも、心の中で何かが腐敗してふつふつと毒ガスが発生するようなこの事態。
これは、本当に、本当に、危険だ。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« カレーと畳は生まれ変わる | トップページ | すあま騒動 »

義母」カテゴリの記事

コメント

うわ!それはウップンがたまりますよね〜〜

歳を取ると子どもに戻ると言いますが、まさにそんな感じですね。
親が必死になっているときに限って熱を出すとか…bearing

是が非でも自分の要求を押し通す技を持っている分、子どもより始末が悪いですがsad

こちらの事情を分かってもらう正攻法は、不満や反感を買うばかりでうまくいかないことが多いですよね。
これからさらにその傾向が強くなる予感がしていますcoldsweats01

いずれは私も介護を覚悟していますが、
耐えられるかどうか…coldsweats01
さぼてんの花さんの奮闘を、参考に、そして心の支えにさせてもらいます!

投稿: クー | 2014年11月 1日 (土) 18時48分

クーさぁん…weep
もう たすけてー て感じです。
すでに白旗上げたい気分…
今からこんなで、本格的に介護が必要になったら、いったいどうなるのか。
親の介護って、ほんとに深刻な問題ですね。

記事を今日改めて読み返したら、文章があちこち乱れていることに気付いて、あちこち修正しましたsweat01
心の乱れが表れてますねーcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2014年11月 1日 (土) 20時43分

お疲れ様でしたcafe
みんな忙しそうにしてるとなんとなく気をひきたくなっちゃうんでしょうかね。
子どもじゃないんだから~って思っちゃいますねcoldsweats01
そういう時こそ子どもたちに迷惑かけないようにって思ってくれるとありがたいけど。
こっちもいっぱいいっぱいだとほんとにどんよりぐったりしちゃいますよね。
あんまり我慢しないでちょこちょこはきだしてくださいね。

投稿: ところん | 2014年11月 2日 (日) 00時11分

お疲れ様です。
どうかマイケアをする時間sandclockを作ってガス抜きdashしてくださいね。coldsweats02

投稿: 猫畑 | 2014年11月 2日 (日) 01時15分

ところんさん、ありがとうございますcafe
そうなんですよね…
かまってちゃんも、子どもがやってるんなら可愛げもあるんですけどねーshock
今後、吐き出しブログになっていきそうな予感ですdanger

投稿: さぼてんの花 | 2014年11月 3日 (月) 20時57分

猫畑さん、ありがとうございます。
介護って、される側の気持ちもいろいろあるんでしょうけど、介護する側の心のケアも大切ですね。
まだ介護が始まってないうちから実感ですcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2014年11月 3日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/60575414

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁と姑のめまい合戦:

« カレーと畳は生まれ変わる | トップページ | すあま騒動 »