« 悪口です、ハイ。 | トップページ | 嫁と姑のめまい合戦 »

カレーと畳は生まれ変わる

キーマカレーと呼んでいいのか、ひき肉ときざみ野菜のカレーを大量に作った。
作り方は我流でもそれなりに美味しくはできたものの、夕食に食べ、翌日のお昼に食べ、3回目はそろそろ飽きてきた。
なので三日目の今日は、朝にカレーピザ、昼にドライカレーもどきカレーチャーハン。
これまでのところ、意外にも家族の好評を得ている (v^ー゜)ヤッタネ!!
残ったカレーの鍋を覗き込みながら、夜はカレーグラタンかしらね~?と考えを巡らしていると、ふと猫のナノコと目が合う。
「おかーさん、まだそのカレー、食べ続けるの?」と、ナノコの目が語りかける。
そうよ。同じカレーもアレンジひとつで生まれ変わるのよ! と、目で返す。
「でも… 大丈夫?」
だ… だいじょーぶ!! …と思う(^-^;
でもそろそろケリをつけないと、いいかげん、家族のだれかが怒りだすかもしれない。
今夜が勝負だわ!
そんなことを思う日曜日。
よく晴れたのどかな昼下がりである。

最近、我が家で変わったことといえば、畳替えをしたことだ。
私がお嫁入りするときに替えたというこの家の畳は、長年その役目を果たし、すっかりくたびれ果てていた。
それを畳屋さんに来てもらい新しくしてもらったら、まるで家全体が生まれ変わったようshine
青畳ってイイ!!!

お掃除も楽だし、ダニとかアレルギーとかの問題もあるし、フローリングがいちばんよねーと思っていたけれど、こうして畳を新しくすると、やっぱり畳って素晴らしい!
これぞ日本の文化、日本の伝統よねぇ~heart04
新しい藺草の香りが家中に立ちこめ、まるで旅館にいるような新鮮な気分。
怠け主婦のわたくしでも、自然とお掃除に身が入りますわ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

実際、畳替えに際して、かなり不用品を処分したし、家具を移動するのでふだんできないお掃除もできて、家の中はだいぶスッキリした。
そうそう!家具のこと。
畳替えはいいけど、家具はどうするの?というのが最大の不安だった。
でも、畳屋さんってすごい。
部屋の中央の何も乗っていない畳から上げていって、空いたところに持参した仮置き用の畳を搬入。
で、タンスなどの下に移動用の細長い板状アイテムをかませて家具を畳から浮かせ、すいーっとすべらせて楽々の移動。
家具を動かしながらすべての畳を運びだし、最後には仮置き用の畳の上に集められた家具と高さ調整のために畳の下に入れてあった藺草のシート、それに大量のほこりが残される…。
畳屋さんが畳を持って帰った後、ほこりをせっせとお掃除しながら先刻の一連の搬出作業を思い返す。
なんという手際の良さ。
無駄のない動きと手順のよさには本当に驚かされた。
畳屋さんって、パズルとか得意なんだろうな と勝手に想像。
それに、軽々と畳を持ち上げて運ぶ姿がなんとも凛々しい!!
職人さんって、ステキ~heart04
惚れてまうやろ~ という勢いだが、その心配はご無用に。
だって私には愛しの旦那さまが。
と軽くおノロケ(笑)

朝運び出した畳は、表を新しくしてその日の夕方に戻ってきた。
家具を再び移動させつつ畳がすべて収まると、すべてが生まれ変わったようだ。
旅行に行くのもいいけれど、むしろ家にいて畳替えをするほうが、リフレッシュできるかもしれないと思うほど(笑)
畳一つでこんなになにもかも変わるなんて本当に驚きで、今はもう、畳屋さんに感謝でいっぱいだ。
その畳屋さんに面白い話を聞いた。
自分が替えた畳の裏に、職人さんはいろんな書き込みをするのだそう。
名前とか、日付とか、天気とか。
おにぎり何個食べたとか、写真が貼り付けてあったりも。
だから、畳を上げたときに前回畳替えした人のサインが出てきて、○○さんがやったんだなぁ とかいろいろ分かるのだとか。
もちろん、自分が手掛けたものに当たることもよくあって、そんなときは、あれから○年経ったんだなぁ などと感慨深いものがあるそう。
初めて聞く話に、畳屋さんの世界ってけっこう自由なんだ と新しい発見。
我が家の畳の裏はどうなっているのだろう?
なにか、畳屋さん同士で伝え合うメッセージが書き込まれているのだとしたら?
そう思うと、畳替えも物語だわconfident
ほんとに残念、見なかったけど!(笑)

カレーも畳も生まれ変わり、人の心も生まれ変わるのだ。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 悪口です、ハイ。 | トップページ | 嫁と姑のめまい合戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キーマカレーだとアレンジのバリエーションも広がりそうですねhappy01
カレーピザとかカレーチャーハンなんて美味しそう♪
うちは、カレーうどん、カレーパスタ、カレードリア、カレートーストとかになるかな?(*^m^)
でも息子は次の日の朝にお茶碗カレー(お茶碗に普通にご飯よそってカレーのせただけ)が大好きです。
お皿じゃなくてお茶碗にってのがいいらしいですcoldsweats01
新しい畳、うぅ~~happy02 いいですね。
うちも19年物で、ボロボロとはがれて服に付くようにshock
替えたいけど荷物を片付けてなんもないようにしなきゃいけないと思ってました。
さぼてんの花さんの畳屋さんの取り替え術のお話を聞いてびっくり!!
そうなんですねぇ~ そんな技が!!
それを聞いてそれなら!!って思いました。
でも畳の部屋はダンナの部屋なので、まっいっかって気持ちとゆらゆら揺れますわ(笑)
畳の裏の書き込みのお話もなんだかとっても素敵shine

投稿: ところん | 2014年10月26日 (日) 19時33分

我が家に和室は一つだけです。8畳の仏間。畳替えは3~4年に一度ですが、同じ畳屋さんがそろそろ如何、と連絡してきます。庭にシートを敷いて、道具一揃いをセットし、1枚剥がしては庭で畳替え、出来上がったら元の場所に戻して次の1枚を剥がして、って感じで、2~3時間で完了です。まさかとは思いますが、よそのお宅の畳と取り違えられる心配は皆無です。ハハハ。

投稿: ペリカン | 2014年10月26日 (日) 20時43分

ところんさん、こんばんは(^^)
ジャガイモやなんかがごろごろ入ったカレーよりも、キーマカレーはいろいろに使えますよね♪
そして、お茶碗カレー!
わかる。
お皿がお茶碗になっただけで、なにかが変わる!
息子くんの感覚、正しいですhappy02

新しい畳、ほんっとにいいですよ~shine
ぜったいおススメgood

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月27日 (月) 20時28分

ペリカンさん、こんばんは(^^)
コメントをありがとうございます。
その家の庭に運び出して畳屋さんが畳を縫う… てのが、昔ながらの畳替えの光景なのでしょうねconfident
それにしても、畳替えが3~4年に一度とは、なんと模範的なのでしょう!
いつもキレイな畳っていいですねshine
支出もそれなりにかかりますけれど、今回その価値が分かりました。
きっとペリカンさんのお宅では、和室以外のお部屋もちゃんと整っていて、きちんと暮らしていらっしゃるんだろうなぁ…
ぜひその秘訣を教わりたいものです。

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月27日 (月) 20時38分

サボテンの花さん、こんばんは

秋の夜長にゆっくり読みたい本を読んでいた…
そんな素晴らしい文章でたよ。
以前から思っていましたが、直木賞を狙いましょう!
そう言って、学校始めた人もいますよhappy01

投稿: 岳 | 2014年10月31日 (金) 21時30分

岳さん、こんばんは(^^)
過分なお言葉をありがとうございます。

そんな… (*^.^*)
直木賞だなんて… (*ノv`)
その気になっちゃうじゃないですかー!!ヾ(´ε`*)ゝ笑

岳さんこそ、山の写真がほんとに素晴らしいです。
いつも楽しみにしています。

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月31日 (金) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/60546463

この記事へのトラックバック一覧です: カレーと畳は生まれ変わる:

« 悪口です、ハイ。 | トップページ | 嫁と姑のめまい合戦 »