« ざりっこふなっこ | トップページ | カレーと畳は生まれ変わる »

悪口です、ハイ。

このごろ、周期的におとずれる義母さまイヤ~!絶叫期に突入しています。
つい愚痴っぽくなるので、不快に思われる方はスルーしてください。

義母との付き合いも17年。
思えば遠くに来たもんだ・・・(笑)
これだけの時間一緒にいると、たいていのことには慣れるものです。
かなり常識離れした彼女が何を考えているか、それをすべて理解することはできないですけれども、行動パターンとしてはつかめてきたと思っています。
でも、つかめてくることと、それを許せるかどうかということは、全く別の次元の話です。
彼女がやらかしてくれるさまざまな出来事は、周囲の人間を「もー いやだー!!!」と叫ばせる圧倒的な力を持っています。
謎に満ちた彼女の思考回路は、加齢とともに今後さらに謎を深めていくのであろうと予想され、私の心に不安と恐れを巻き起こすと同時に、家庭内を不穏な空気で満たします。
これから先、我が家の平安は保たれるのでしょうか(-_-;)

彼女を見ていて一番キライだなーと思うところは、見栄っ張りなところです。
だれだって多少は人目を気にしたり、かっこつけてみたりするものですが、義母の場合は度を越していて、自分の見栄のためには、他者を悪者にすることも、うそをつくことも厭わないのです。
そうすることで満足し、プライドを保っているようですが、それが本当のプライドなのでしょうか。
以前はそうした自分の言動を正当化するために取り繕おうとするような意識が働くのが随所に見られましたが、最近ではどんなにバレバレでも平気になってきたようです。
これはきっと、老いの兆候なのでしょうね。

義母がもっと正直で素直な人ならいいのに と思います。
その方が人間として愛せます。
80を過ぎた母親なら、何ができないところで責めることなどありません。
ゆったり穏やかに心正しく年を取ってくれれば、こちらも気持ちよくお世話して差し上げるのに。
そう思うのは、若い世代の勝手な理屈なのでしょうか。

少し前に、NHKあさイチで「キレる高齢者」の特集をしていたのを興味深く見ましたが、高齢者のみなさんには共通の思いがおありだそうで、それは社会から必要とされなくなったことから生じる疎外感というものです。
在職中は周囲から一目置かれる立場にあった人も、その地位を離れてしまえばただのおじさんになってしまう。
そのギャップがすんなり受け入れがたいということは、私にも容易に想像がつきます。
でも、家族の中にあっては、年をとっても大切なお父さんお母さんであり続けることは、それまでとなんら変わらないのではないかと思います。
義理の親子であっても、17年もの時を過ごせば、実の親子と同等の絆を持つことも可能でしょう。
でも、残念ながら私たちの間にそのような情は育っておりません。
こんなに不幸で寂しいことはないですね…

そんなことを痛切に感じていたある日、我が家を訪ねて来られたお客さまと義母が玄関口で挨拶を交わしていましたとき、義母が私を呼びました。
「花ちゃーん!」の声に私が駆けつけましたところ、
「あ、見えたわよ」と、お客様に告げる義母。
いつものことですけど、敬語が違ってますよ、おかーさん…gawk
(私が)見えたという言い方は、この家のヨメさまがお出でになりましたってことでしょ。
それじゃあ、なんですか!?
遠慮のあまりまともに口もきけないほど姑をびくびくとひれ伏させるような鬼嫁がこの家に君臨しているって、あなたはそうおっしゃりたいの!!
とまぁ、これは極論ですが(笑)、そんな場面に私はどんな顔をして登場すればいいのでしょう。
あぁ、恥ずかしい…
義母は正しく敬語を使えません。
しかしその自覚もなく、人前で気取って話そうとするからこんな事態を招くのです。
きっと私が思うほど、よその人は何も感じていないのでしょうが、そんなシチュエーションを何度も経験すると、ほとほと嫌気がさしてきます。
ダイニングに一人座ってため息をついていると、いつの間にか隣にキジオがやってきて私の顔を覗き込みます。
キジオのその眼差しには不思議なひかりが宿っていて、いつも癒しパワーをもらっている私。
キジオにはなんでもわかってしまうのね。
そう思うのは、私の願望か、はたまた勘違いなのか。
この際、なんでもいいわ(笑)
キジオの存在に感謝しつつも、まだまだ、私の試練は続きそうです。はぁ。

|
|

« ざりっこふなっこ | トップページ | カレーと畳は生まれ変わる »

義母」カテゴリの記事

コメント

キジオくん、優しいなぁ。
さぼてんの花さんの状況を感じ取って、
癒しビームを出して包んでくれてるみたいですねconfident
スルースルー!と思っても、これがまたいちいちひっかかっちゃうんですよね。
イヤだなと思うことが重なると、ほんとにちっちゃいことにもイラッってなってcoldsweats01
毎日のことだし難しいですよね。
あんまり頭の中そっちでいっぱいにならないように、
気分転換して追いだして切り替えましょwink
自分の中にたまらないように、ここではいたりwink
いっぱい聞きますよ~
絶叫もアリかもhappy01 大声で好きな歌熱唱とかもsmile
あたしも昔、車の中や自転車こぎ中に絶叫してましたcoldsweats01

投稿: ところん | 2014年10月14日 (火) 18時20分

ところんさん、優しいコメントをありがとうございます。
ですね!
絶叫、アリですよねhappy02
車中で熱唱、いいですよね~happy02
周囲の人にへんに思われない程度に、やります!(笑)

キジオはね~ そうなんです。
おとぼけた顔して優しいんですconfident
キジオの目から発せられる癒しビームが
ポヨンポヨンポヨ~ンcatshineshine
と伝わってくるんですよ~
ほんと、ありがたい存在です。
すっかり依存してますcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月14日 (火) 22時34分

さぼてんの花さん、こんばんは。
こういう話題は私の出番ですね(^^)(笑)冗談です。
この思いは(許せる事、許せない事など)
同居してると悶々として切り替えするのが
難しいところです。私も経験者ですから(笑)

義母はお母様と逆バージョンでした。
一緒にスーパーに行き「今夜は何にしましょうか?」
と聞くと「料理が下手なくせに」と大声で言い(^-^;
義母の誕生日ケーキを買いに(一緒に行きたがるので)
行けば「これは(私の事)馬鹿だから私の好みを
全然知らないから一緒に来た」と言い店員さんを
混乱させ(;´▽`A``
徒歩3分の所に住む娘(夫の妹)には
「あれと一緒とお風呂に入っていたら髪の毛を鷲づかみにして家中引き回された」と電話し( ̄◆ ̄;)
いくら認知症と言えど!「引き回し?」
江戸時代じゃあるまいし「ちょっと~!!」
という感じでしたΣ(;・∀・)
義母は私の名前が覚えられず「あれ。これ」でした。
(↑ 私の友人はあれ。これを嫌がってました)
あれから5年・・・。
全てが懐かしく思います。
こんな義母でしたが私はもう一度一緒に暮らしたいです。
究極のドMですΣ(;・∀・)
どうして乗り越えられたのか?と言えば 
夫に八つ当たりしてたからかな?(笑)
そっくりな性格だからΣ(;・∀・)
嫌な事があったら
ご友人?ココログ?親戚?言える所には言いましょう!
私のように!「くそばばあ!」って(*゚∀゚)=3ハァハァ
ろくな事が書けませんで・・・(笑)


投稿: | 2014年10月14日 (火) 22時51分

舞さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
舞さんのコメント読んだら、なんだか元気が出ました!(笑)
でも、そのときは大変だったんでしょうね。
私もいつか、笑って話せるようになるかしら~?

義母はまだ認知症の診断はついていませんが、様子を見ていると少しずつ始まっているように思います。
そのこと自体は仕方のないことですし、誰のせいでもないと思っています。
ただ問題は、もともとの義母の人間性がひどすぎ… アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
いえ、17年間付き合ってきて、どうしても好きになれないことです…
上手に気持ちを切り替えながら、乗り切るしかないですね。
またアドバイスをお願いします。

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月15日 (水) 00時01分

さぼてんの花さん、こんばんは。
お気持ちすっごくわかりますsign01
実は家は同居sweat02
しかも自営業で姑が職場の先輩という
シチュエーションなんで、逃げ場なしの私で~す\(^^)/
反面教師として自分の心の
成長に役立っていると思うようにしています
(と言いつつ、正直ゲンナリナンデスケド・・・)
お互いにストレス溜めないように
頑張りましょう~sign01heart01

投稿: monna | 2014年10月15日 (水) 21時54分

monnaさん、こんばんは。
そう、逃げ場がないんですよね!
全力で逃げても、もれなく付いてくる~shock

同じような境遇のお仲間がいて、心強いです。
明るい明日を夢見て、たくましく生きていきましょうねっsign03
ストレス発散法など、いろいろご教授くださいheart04

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月16日 (木) 21時06分

う~ん、お疲れ様です。sweat01
義母様が認知症になる前に、或いはいつの間にか進行してしまう前に健康診断を兼ねて病院で診て頂いたら如何でしょう。
進行を遅らせる薬も出ていますので。
うちも同居はしていないのですが、色々ありましてね。。
キジオくんとナノコちゃんにしっかり愚痴聞いてもらって、癒されてくださいね。
くろまめ+きなこも応援しています。
catcatconfident


投稿: 猫畑 | 2014年10月21日 (火) 23時21分

わかります!すご〜〜くわかります。
私は市外に離れて住んでいますが、
それでも耐えられなかったりするのですから、
さぼてんの花さんのご苦労は、ほんとに頭が下がります。

私の場合、もう自分の感覚を鈍らせて、
存在をなるべく感じないように、思い出さないように、
考えないように、というのが最近の対応策ですかねcoldsweats01

でも、やっぱりモヤモヤと、心の中でふくれあがって来てしまいますから、そういうときには、ぱあ〜〜っと吐き出しちゃうのが楽になるみたいです。「チーム嫁」として応援していますhappy01
いいなあ〜キジオ君cat
まるで全部分かっているようですね〜癒される〜

投稿: クー | 2014年10月22日 (水) 14時00分

猫畑さん、こんにちは。
どのご家庭にもあるものですね、いろいろと…
認知症は診断が難しいです。
画像検査も記憶力や知能の検査も目安でしかなく、医師が総合的に判断するということらしいですが。
その場の受け答えはしっかりしているので、病院では「年相応」と言われてしまいます。
でも見ていて、ボーダーラインに来ているのかなーと感じます。
介護認定も受けていて、担当のケアマネさんがよく状況を理解して下さっているのが今は本当に救いです。

考えると落ち込みますが、
でも私にはキジオとナノコがついてるし!
その上、くろまめちゃん、きなこちゃんまで応援してくれるなら、こんな心強いことはないですねhappy02
がんばれそうな気がしてきました!shine

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月22日 (水) 14時43分

クーさん、こんにちは。
チーム嫁~sign03
それはなんという麗しい響きshineshine
美しい絆shineshine
心の友よ!(笑)
ニャンズの励ましとチーム嫁のおかげで、
わたくし、これからもがんばれますわ!!
ほんとうにありがとうございますhappy01

投稿: さぼてんの花 | 2014年10月22日 (水) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/60473471

この記事へのトラックバック一覧です: 悪口です、ハイ。:

« ざりっこふなっこ | トップページ | カレーと畳は生まれ変わる »