« これが私の生きる道 | トップページ | ざりっこふなっこ »

不思議なチカラ

みなさん、占いはお好きですか?
私は好きです。
でも、信じません。
だけど、内容によっては気にします。
それで、結果的に当たったかはずれたかは、全く気になりません。
じゃあ、なんのための占い? て感じですが、ま、一種のお遊びといったところ。
ですから、占いで大事なことを決めようなんてことは、考えたことがない というのが、私の占いというものに対するスタンスです。

先日、思いがけない人にお会いしました。
小さいころから名前はよく知っていたけれど、あまり付き合いのなかった従姉が訪ねてきてくれたのです。
彼女に会うのは私の結婚式以来ですから、17年ぶりです。
ちゃんと話をするのは、ほとんど初めてと言ってもいいくらい。
それでも、お互いにちゃん付けで名前を呼び合って違和感がないのは、まさしく血縁のなせる業!
いや~、血のつながりってすごいですね。
いろいろ話しているうちに、私の中に点在していた彼女についての情報の断片が一気につながり始め、彼女という人間が、実体を伴って私の心に映し出されました。
もちろん、その日一日だけでは私の理解は完全ではないのでしょうけれどね。
従姉妹同士、今まで接点はなくても共通の親戚をもち、共有している思い出もあります。
遠い存在だった彼女との距離が急速に縮まったのは、とても嬉しい出来事でした。

しかしそうはいっても、彼女は私とは全く違う波乱万丈な道を歩んできた人で、若いころから才能を開花させ、会社を経営したり、海外でもバリバリ仕事をこなしたりと、すばらしいキャリアを持つ女性。
平凡を絵にかいたような私と血のつながった従姉妹だなんて、信じられないくらいです。
そして、その彼女は、占いをするんです。
占ってもらうほうじゃなくて、自分が占うほう。
もちろん本業じゃないですが、人から頼まれて占ったりもしているそうで、それがまたよく当たるとか!
ますます、私と血がつながってるなんて思えない・・・coldsweats01

そのことを聞いて、私は言いました。
「私のことは占わないでね」
だって、当たるんでしょ?
当たらないなら軽い気持ちで占ってもらうけど、当たるんなら知りたくないー!
吉と出ようが凶と出ようが、私の人生、自分の足で一歩一歩あゆんでいくわっsweat01
「ごめんね、私、占いとか信じないんだけど、言われたことはくよくよ気にしちゃうから…」
考えてみれば、占いをする人にずいぶん失礼な発言を、私はその日重ねたのでした。
そんな私に笑顔を返してくれる従姉。
人間が大きいわぁ。。。

つくづく凡庸にできている私は、大きな幸運に見舞われたこともなく、人の目を引くような特殊な能力や才能なども皆無な、地味でありふれた人間です。
そんな私ではありますが、実は人間の潜在能力は測り知れないものなのではないかと考えたりもします。
それは、子どものころ、兄がスプーンを曲げるのをこの目で見たからです。
今でこそ、あれは超能力ではないとか、てこの原理でスプーンは曲がるとか、いろいろネタばらしもされていますが、40年ほど遡った当時は一世を風靡しましたね。
ユリ・ゲラーのスプーン曲げ!
つい最近も来日され、報道陣の前でいろいろ不思議な力を披露したそうですが。
彼の超能力は本物なのでしょうか? うーん・・・ 

考えても結論の出ないことは置いておくことにして、話を戻します。
スプーン曲げが旋風を巻き起こしていた昭和50年ごろでしたでしょうか、テレビで視聴者参加型のスプーン曲げをする番組が放映され、私も兄もそろってスプーンを手に挑戦したことがありました。
ぜったいできる!という根拠のない自信とともに、スプーン曲げ開始。
段階をふんで気持ちを集中していく過程で、いたいけな子どもだったわたくし、5分ともたずに脱落~coldsweats01
でも、兄はテレビの前でずーっとやっていたんですね。
CMをはさみながら、20分?30分? どのくらい経ったころでしょうか。
すっかり飽きてしまった私はその番組がまだ終わっていないことも忘れて何かほかのことをしていたら、
「曲がった!曲がったよ!!」と兄の興奮した声が響きます。
見ると、兄は頑丈な作りのスプーンを、くにゃくにゃと飴細工のようにねじって曲げています。
今思い返しても、あのスプーンの曲がり方は普通ではありませんでした。
てこの原理で「曲がれ!えい!」とやる、誰もができる曲げ方とも全く違います。
スタジオで番組に参加した人がスプーンやおたまを曲げるのに成功していた映像もテレビで映し出されていたように記憶していますが、それだけでは信じなかったにちがいない疑い深い私。
でも、兄が目の前でいつも食事に使っている大きな固いスプーンを自在に曲げるのを見せられては、どこにも疑う余地がありません。
おにいちゃん、すごい…shine と子どもながらに感動したのを覚えています。
でも、おそらくそれは超能力などではないと思います。
私の実兄にかぎって、そんな力はありませんからsmile
あれはいったい何だったのか、いまだにわからないままですが、きっと人間の能力というものはふだん思っているよりも多種多様なもので、非常に繊細で奥深く、それをうまく引き出して機能させることができる人間とそうでない人間がいるのでしょう。
積み重なった瓦を気合とともに割る空手マンも然り。
研ぎ澄まされた感性の持ち主は、時として不可能に見えることを可能にすることがあるのではないでしょうか。

そんなことを考えると、
従姉が占いで、なにか微細なものを感じ取ったり、特別に鋭い勘のようなものが働いたりしたとしても、それは十分にあり得ることだと、あらためて思うのです。
実際、彼女はきっと無意識のうちに、その繊細な力を彼女自身のためにも発揮して、数々の成功を手中に収めてきたのでしょう。
幸運を選び取り、引き寄せる体質とでも言いましょうか…。
もともと備わっている才覚に、不思議な直感力が加われば、まさに鬼に金棒ですね。
ま、それだからといって、やはり私の占いに対するスタンスは依然変わらないのですけれども。

ともあれ、これまで思い通りに生きてきた彼女が今憧れているのは、結婚して夫や子どもにしばられてみたい~heart01 ことなのだそう。
非凡な人生を歩んできた人は平凡な生き方が新鮮に映るのですね。
彼女のような人をして、花ちゃんがうらやましいわ なんて言わしめるとは、私もずいぶんと出世したものです(笑)

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« これが私の生きる道 | トップページ | ざりっこふなっこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よ!できる女性の憧れの的!!
なんちゃってhappy01

まあ、ないものねだりといいますか、
いろんな生き方があり、幸せの形もいろいろですよね。

従姉とも同級生だった私の友人に、
「○○ちゃんは、私の従姉だよ(ほとんど会ったことないけど、名前は知ってる)」と言ったら、
すごく雰囲気が似てると思ってた!と驚かれました。
会ったことないけど、離れた地で自分とよく似てる人がいるんだ〜と
やっぱり血縁を感じました。
 
不思議なような嬉しいような気持ちがしましたconfident
 
占いは私もあんまり…coldsweats01
いいこと言われたら、信じようかなってくらいです。
でも、眼には見えない不思議な力ってほんとにあるのかもしれませんよね〜〜

投稿: クー | 2014年9月26日 (金) 14時23分

いやぁ~ 照れますねぇ c(>ω<)ゞ
なんてー(笑)
クーさんたら、乗せ上手!

ほんとに、人生いろいろ♪
島倉さんのおっしゃるとおりですわ!

にしても、不思議なものですね、従姉妹って。
父方のいとこ、母方のいとこ…
どちらとも、どこかしら似ていたりするものです。
てことは!
このお話に書いた従姉と私も、どこか似ているのかしら!?
そう思うと、新しい自分が発見できそうな気分です。

不思議な力って、本当にあるのかないのか、わからないところがいいのでしょうねwink

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月26日 (金) 16時46分

あたしは、占いは見るけど悪いことは信じない人です(*^m^)
毎朝、うちのスポーツ新聞の占いには目を通してます。
いいこと書いてある時だけ信じてテンション上げてますsmile
スプーン曲げ、あたしもテレビ観て一緒にやってましたよ~
うちも兄と一緒にcoldsweats01
うちの兄は曲がらなかったけど(笑)
スタジオのお客さんの中にも曲がった人がたくさんいて、
「おぉ~~」って思ってました。
曲がるのはともかく、折れちゃう人とか、すごいって思ってました。
今でも不思議! やっぱりさぼてんの花さんがおっしゃるように、研ぎ澄まされた感性の持ち主は意識のもっていきようで、そういうことができたりするんでしょうね。
人それぞれいろんな生き方がありますね。
何が幸せかも人によって違いますもんね。
素敵だなって思っている人に、うらやましいなんて言ってもらえるとちょっと嬉しいですねwink


投稿: ところん | 2014年9月26日 (金) 18時17分

ところんさん、こんばんは(^^)
占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦 ですからねぇ…
私なんて天邪鬼ですから、占いの結果がどうでも、結局自分の思うようにすると思うしcoldsweats01

ところんさんもやりましたか!
スプーン曲げhappy01
お兄さまとcoldsweats01
ですよねぇ。
やっぱやりますよね、兄妹で。
スプーンが折れるのは金属疲労させているから とか、いろんな話聞きますけど、
結局、そういう小細工をしてないのが家族間ではわかるから、あのときはすごいなーと思ったんです。兄のこと。
同じくそれを見ていた母は、スプーンが使えなくなったことを「いやだわ~」と言っていて、それはそれですごい母だなーと思いました。
だって、スプーンがあんなにくにゃくにゃだったのに…sweat02
そんな母から生まれた私たち兄妹ですcoldsweats01
見方が違えば、人からうらやんでもらえるところもあったんですねshine

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月26日 (金) 22時45分

さぼてんの花さん、こんばんは。
占いで我が家の笑い話になっているのは
一昨年の10月31日←忘れられないこの日!(笑)
夫はやぎ座。
朝、テレビを見ていて今日の星占いでやぎ座が一位でした。
単純な夫は冗談で「よし!今日は、ついてるぞ~」と仕事へ。
そして、午後5時に足を骨折したのです(^◇^;)
以来、やぎ座の1位を大変嫌がるようになったんです!(笑)
夫は、約3カ月 釣りに行かれなかったので
「死んでしまう」と言い続けていました。←そっち~( ̄。 ̄;)
全く~!完治した今となっては笑い話です(^^)

投稿: 舞 | 2014年9月26日 (金) 23時21分

舞さん、こんばんは♪
お名前、入れておきましたよ~(*´∀`)

ご主人、災難でしたね。
よりによって占い1位の日に!
トラウマになっちゃいましたか( ´艸`)プププ
あら、すみません、笑ったりして…
でも、1位の日は要注意ですね~( ´艸`)プププ
大好きな釣りに行けなくなるといけませんしね~( ´艸`)プププ
笑いすぎ、失礼しました。
完治して、本当によかったです。
やっぱり、健康が一番ですね!shine

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月26日 (金) 23時50分

こんにちは~(^-^)

私も占いや超能力は信じませんね~。
子供のころは超能力者になりたい!って思ってたのに、冷めた大人になったものです(^_^;)

投稿: かんかん | 2014年9月27日 (土) 16時07分

こんばんは。night
当時小学生の私もテレビの前でユリ・ゲラー氏とスプーン曲げと時計を動かすだったか止めるだったかを挑戦しましたが、何も起らなかった凡人です。
同氏が本物かどうかは別にして、通勤電車の中でSF小説ばかり読んでいる私は、世の中に少なからず超能力者はいると思っております。でも、本物の超能力者はその能力を公表していない人が大半で、公表して稼いでいる人の多くは手品師、詐欺師の類ではなかろうかと踏んでおります。eyeglass
あの頃はバビル2世になりたかったな~。
たま~に行くカラオケでも「砂の嵐に隠された~バビルの塔に住んでいる・・・♪」と歌ってます。karaoke
最大の幸運はご主人様とお子様とお猫様に出会えたことだったりして。。happy01

投稿: 猫畑 | 2014年9月28日 (日) 00時58分

かんかんさん、こんにちは(^^)
主婦は現実を見つめて生きてますからね~(笑)
でも、妊娠・出産ってある意味ものすごいミラクルですから、それを経験した私たちって、超能力者かもしれませんよ~flair

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月28日 (日) 10時37分

猫畑さん、仲間~♪
特殊能力なんて持ってるだけ危険ですから(笑)
凡人、万歳!\(^o^)/
バビル2世、私も好きでしたよ!
小さかったので ←強調
細かいこと忘れましたけど、よく見てました。

説明のつかない不思議なことって、実際にあるんだと私も思います。
でもその多くは、トリックだったり勘違いだったりするんでしょうね。
兄のスプーン曲げは、きっと私がまだ知らない説明の仕方で、説明のつくことなのかもしれません。
ただ、普通の人が普通にやってできないことをやってのけたという事実を私は認めます。
従姉にしても、きっと何か鋭い感覚を持っていることは否めないと思うんです。そして、占いから離れても、彼女のアドバイスは相談者にとって的確なのでしょう。
だから、彼女の周りには人が集まる。
そういうことなんだと思います。

幸運って、自覚しないままに恵まれていることもありますよね。
にゃんずcatが我が家にふらりと現れたことも、きっとそうなんですねhappy01heart04

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月28日 (日) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/60367042

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なチカラ:

« これが私の生きる道 | トップページ | ざりっこふなっこ »