« 夏をふりかえって | トップページ | 不思議なチカラ »

これが私の生きる道

ダイニングのいすの脚にソックスを履かせて、ひとり悦に入る私catface
100円ショップで見つけたんです。
ほら、こんなの!

2


家族5人分のいすの脚に全部はかせました。
ちょっとずつ色の違うおそろいで。

2_3


次男が帰宅してコレに気が付き、「あ、靴下はいてる~!」
ふふ、かわいいでしょ♪

いすを動かすとだんだん脱げてきてちょっとめんどうですが、今は満足感の方が勝っているのでしばらくこのままにしておきます。
サイズ的にはネコの脚にもちょうどよさそうで、履かせてみたい衝動が…heart01
長靴ならぬ、靴下をはいたネコ。
かわいい~ ( ´艸`)プププ
ですが、嫌がられること請け合いなので、想像だけにとどめておきます。

ほんとうに、このごろの100円ショップはいろんなものがあって、楽しいですね。
主婦のちょっとした気晴らしにはもってこいですheart04

昔、私がまだ独身だったころ、知り合いの主婦の方が言っていました。
「結婚するとね、毎日、おーんなじことの繰り返しなのよ。洗濯なんかね、洗って干して取り込んで。やっとおわった~と思ったら、またドッサリ出てくるの!もうなんのためにやってるのか?って思っちゃうわsad
同じ境遇に立たされてみると、彼女の言っていたことがとてもよく分かります。
洗濯以外にも、掃除、炊事、買い物に、家族の健康管理とタイムキーパー。
毎日毎日、それがエンドレスに続きます。
そしてその家事の合間を縫っては、PTAのお仕事やら子ども会の雑用やらが飛び込みますし、
ほっと一息ついていれば、「水たまりで転んだ~sweat01」とびしょ濡れで子どもが帰宅。
ペットに癒しを期待すれば、食いしん坊のネコにお米の袋を食い破られ…coldsweats02 (さすがに生米は食べませんでしたが 笑)
「専業主婦」というと、生産性のない気楽なものというイメージが持たれがちですが、とんでもない!

話がちょっとそれましたけれど、
この主婦の日課は、一日でも休めばたちまち家族全員が困るわけでして、
その意味で、主婦業は立派にひとつの「仕事」なのです。
その証拠に、主婦の仕事を他人に頼んでやってもらうとしたら、それは家政婦という職業になります。
それを家庭の主婦はあたりまえのこととして無償でやっているのであり、その行動は愛情に基づいています。
日々の雑多な繰り返しの中でたまってくる疲れを小さな気晴らしで癒しつつ、また明日も今日と同じような一日を過ごす。
そんなふうに家族の生活を守ることは、たとえ経済効果を生まなくても、豊かな生き方と言えるのではないでしょうか。

安倍政権が掲げているウィメノミクスでは、日本再興戦略として「指導的地位に占める女性の割合を少なくとも30%程度」、「25歳~44歳の女性就業率を73%」という成果目標を定めています。
国家公務員の採用は、来年度から3割が女性になるのだとか。
個人的には、男性7割女性3割と割合を決めること自体、どうなのかと思いますが、
それはそれとして、結婚や出産を機に仕事から離れる女性が多い事実を踏まえ、女性の働く環境の向上に努める政策に異論はありません。
仕事を持つ女性にとっては大きな支えになるでしょうし、雇用のチャンスも増えるでしょう。
しかし、いかに制度が整ったとしても、思い通りにいかないのが子育てであり、家庭生活です。
ワーキングマザーのたいへんさは変わらないのです。
それでも敢えて働くもよし。
仕事をやめて、家庭に入るもよし。
生き方の選択権は個人にあります。
社会に出ていく女性と同様に、家庭にとどまる女性の存在意義も忘れてほしくないのです。

*おまけ   PUFFY 「これが私の生きる道」
   もしもだれかが 不安だったら 助けてあげられなーくはない♪♪
   いえいえ、自分をもぎたての果実なんて、さすがに思っていませんから(^^;)

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 夏をふりかえって | トップページ | 不思議なチカラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふふふ ソックス、かわいいですねぇ~(*^-^)
こんなんイスに履かせたら、ことあるごとに眺め、
ひとりニヤニヤしちゃいそう(゚m゚*)
こういうちょっとしたことでテンション上がったりするんですよねぇ~happy01
子どもたちが気付いて「いいねぇ~」的な事を言ってくれるとまた嬉し(*^m^)
まあ嬉しくない反応の時もありますがcoldsweats01

うんうん、ほんとほんと!ってうなずきながら読んでましたよ~
主婦業ってほんとに大変ですよねぇ~
毎日毎日のエンドレスで続く仕事。。。 ずっとずっと。
たまに「あーーーもーーーイヤーーーー!!」
と叫びながらも辞めちゃうわけにもいかず…
パーっと気晴らしにお金使って時間使っていろいろ忘れて遊びたくても、お金も時間もなく…
お金使っても時間使ってもあとで困るのは自分っていうね( ̄▽ ̄;)
いろんないらん問題も舞い込んでくるしねcoldsweats01
日々のちっちゃな楽しみや、ちっちゃな気晴らしで自分上げていきましょうねwink

投稿: ところん | 2014年9月13日 (土) 11時21分

ところんさん、こんばんは。
ちょっといいでしょう? いすのソックス♪
しょっちゅうずれてくるんですけどね、
それを履かせなおすのも、今はまた楽し゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

主婦業もたまにうんざりすること、ありますよね。
外に出て働く方がどんなに楽かしら~ なんて思っちゃいますけど、結局どんな生き方しても楽な生き方なんてないんですよね。
『置かれた場所で咲きなさい』なんて本もありますけど、
自分らしく生きるって自分次第なんですよね、結局。
税金払うために無理に働くなんてナンセンスだし、個人が幸せを追求して何が悪い!(笑)と開き直ってみたりsmile

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月13日 (土) 22時37分

100円ショップ楽しいですよね〜
今は、なんでも揃ってますし、品物もずいぶんよくなってますよね。
主婦の味方ですよね♪

うんうんって読んでたら、
ところんさんのコメントも、うんうんって書いてあって、笑いましたhappy01
ほんとに主婦業ってそうなんですよね。

目標を数値化するのは、成果が分かりやすくて意味のあることかもしれませんが、
いきなり目の前にその数字だけ見せられても、
その根拠とかまったく理解ができなくて、
とにかく○○ミクスが好きなんやなくらいにしかcoldsweats01

私はこう生きようと強く決めた記憶はまったくなくて、
(少しはあったんでしょうがcoldsweats01
目の前のことを必死にやっていたら、
いまここにいるって感じです。

でも、家族にギューギューにされてる今が、一番幸せかな?confident

投稿: クー | 2014年9月14日 (日) 15時09分

クーさん、こんばんは(^^)
100円ショップ、ものすごい進化ですよね!
行くと、つい時間を忘れてしまいます。

うんうんって、ご賛同ありがとうございます。
ブログで言いたいこと言って、スッキリしましたよ~bleah

それにしても、ほんと好きですよね~、○○ミクス。
そりゃ、私だって仕事していたころが懐かしいなぁって思うことはありますよ。
だけど、「女性が輝く社会に」なんて言い方されると、家庭でくすぶってる主婦は輝いてないんかい!! なんてつい吠えたくなるのは、女性就業率の対象年齢が44歳までというのに、微妙に自分がはみ出していることからくるひがみなのか?(笑)
ま、それは冗談ですけど、でもなんだか、社会の第一線で活躍することだけが有意義なことで、すべての女性がそうあるべきだって価値観を押し付けられているような気がして、反発を感じてしまうんですよね。
目標を数値で示すことは、確かに実際的で分かりやすいですけど、一人一人の女性の立場に立ってないというか、持ち駒を思い通りに動かすような印象で、かえって軽く見られているような気になりますねー。
あー、やっぱりひがみかしら(笑)

クーさんのように、目の前のことを必死にやって今にいたるっていう人がきっと大部分なんだと思うし、これから先もそうなんだと思いますよ。
それが人生ってものだと思います。
だれかがレールを敷いてくれるわけじゃなし。
自分にとって、そのときなにがいちばん大切なのか ですよねconfident

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月14日 (日) 22時53分

私が普段考えていることと妙に符合し、そうなんだよね!と膝を叩きました。
数字で目に見えることしか評価できないのって寂しいですよね。 「誰のお陰で飯が食えていると思っているのか!」と怒鳴る亭主と同じに思える。

経済のコマとして、人が見られているような気がするのは、私だけでなかった。
こういう時、目に見えない「文化」が衰退するのかな?

100円ショップ、私も大好きで~す。

投稿: お黒ちゃん | 2014年9月17日 (水) 22時44分

お黒さま、こんばんは。
コメントありがとうございます。
同じ思いの方がいらっしゃるなんて、とても嬉しいですheart04
ウィメノミクスについての政府の文言は、女性を持ち上げるようでありながら、結局は男性目線のような気がしてなりません。
女性が今より働くようになったら、確実に少子化も進むでしょう。
きれいごと並べているだけのように見えます。
昔に比べたら、男性の家事、育児への参加も増えてはいますが、
それでも共働き家庭はおじいちゃんおばあちゃんの支援がないと成り立って行かない現実もあります。
私のようなキャパが小さい人間は、毎日毎日フル回転するような生活よりも、家族を支える喜びを選んでしまいますねーcoldsweats01
親の気持ちの余裕は、家庭生活とりわけ子育てには大切な要素でもあると思うのです。

にしても、やっぱり100円ショップは、楽しいですよね♪

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月18日 (木) 00時53分

初めまして(^^)

ブログ村のトーナメントから来ました~

「パンチングざる」の記事面白かったです♪

私もくすっと笑えるブログを大真面目に書いてるので
もしかしたらネタにさせてもらうかもしれません。

その時は報告にきますね~


最近人気の記事
「バイキンマンの歯の謎」
http://osaifu-labo.com/news/archives/27

「妖精としての初仕事」
http://osaifu-labo.com/news/archives/25

投稿: ゆっこ | 2014年9月22日 (月) 11時58分

ゆっこさん、はじめまして。
トーナメント、おつかれさまでした。
「パンチングざる」の記事は、私自身もお気に入りの記事でしたので、思いがけず優勝をいただけてとても嬉しいです(*´v゚*)ゞ
またブログ村でお会いしましょう♪

投稿: さぼてんの花 | 2014年9月25日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/60302620

この記事へのトラックバック一覧です: これが私の生きる道:

« 夏をふりかえって | トップページ | 不思議なチカラ »