« ゴハンのおねだり | トップページ | 訂正とお詫びと三角関数 »

嚙むの連鎖

少し前に、アメリカはカリフォルニア州で幼児を襲った犬を、飼い猫が撃退する動画が公開され、話題を呼びました。
猛然とダッシュしてきたにゃんこが、子どもに嚙みつき引きずろうとする犬にタックル!
何度見ても、天晴れなにゃんこです。
家族に大切にされ、強い絆があるのでしょうね。
まさに、猫の恩返しとか?(*´ω`*)

うちのにゃんこはどうでしょう?
キジオののほほ~んとした顔と、おなかいっぱいのナノコの満ち足りた顔。
私や子どもに危険が迫ったとき、それを察知して駆けつけ、身を挺して守ってくれる・・・
なんてことは、全くありそうにありませぬなぁ(^^;)
まぁ、よい! よい!
元気で仲良く暮らしてくれれば、それでよい!(笑)

それにしても、猫は子どもが嫌いなものだと思っていました。
子どもの予測のつかない動きや、甲高い声を猫は嫌うのだとどこかで聞いていたからです。
キジオが来た時、すでに長男は生まれていましたが、次男はそのあと生まれました。
ナノコが来たのはさらにその少しあとです。
次男が生まれてまだ小さいときには、猫たちの存在がちょっと気にはなりましたが、猫たちは昼間はだいたいケージに入っておりますし、出ているときでもマイペースに過ごしていて、子どもたちに対して特別どうということもなく、その環境を自然に受け入れているようでしたので、まぁ安心はしておりました。
ただ一度だけ、キジオが次男を嚙んだことがあります。

次男は2歳くらいだったと思います。
キジオをさわろうと思ったのか、ケージの中に手を入れたのです。
格子の間の隙間は、小さな子どもの手ならわけなく入ってしまいます。
キジオの目の前に突如現れた小さな手。
赤ちゃんぽさの残るそのぷくぷくした手を、何を思ったか、キジオはぱくっと嚙んだのです。
驚いた次男は火のついたように泣き出しました。
見ると、親指の付け根あたりに、丸く歯形がついています。
血が出たりはしていませんが、キジオがこんなに歯形がつくほど嚙んだのは、後にも先にもこのとき一度だけでした。
怒っているという感じでもありませんでしたが、何かが気に入らなかったのでしょうか。
それとも、単に、おいしそうだったとか?(笑)
確かに、ぷくぷくしておいしそうだった次男です( *´艸`)

キジオに手を嚙まれてよほど混乱したのでしょう。
そのとき次男はあろうことか、泣きながらこう言ったのです。
「にいちゃんが手ぇ嚙んだー!!」
これには近くにいたにいちゃんもびっくり!
「え? ぼく?Σ(゚Д゚) なにもしてないよ~!」
知ってる(^^;)
おかあさんも見てた(^^;)
それでも「にいちゃんが」と言って譲らない次男。
違うでしょ(^^;)
嚙んだのはキジオでしょ(^^;)
いくら言っても聞き入れずに泣く次男と、「なんでー!?」と半べその長男。
あのときはほんとにまいったなぁ・・・
今思い出すと笑えますけど。

にいちゃんが次男を嚙んだことはありませんが、むしろにいちゃんを嚙んだのは次男の方です。
次男がおなかにいるときから、赤ちゃんが生まれてくるのをとても楽しみにしていた長男です。
次男が生まれてからも、とてもとてもかわいがっておりました。
その次男が生後半年を過ぎ、前歯も生えそろったころでした。
ごろんと仰向けに寝そべっていた次男ににいちゃんがふざけて顔をくっつけておりましたら、何を思ったか次男くん、ぱくっとにいちゃんの鼻の頭を嚙んだのです。
ぎゃ~!!と泣き出した長男の鼻には、くっきり歯形がついておりました。
今思うと、おにいちゃんもいろいろたいへんですね(^^;)

さて、何も悪くないのにかわいい弟に嚙まれてしまったにいちゃんですが、
実はにいちゃんも小さいころ、私を嚙んだことがあります。
しかも、一度や二度じゃない!
しょっちゅう嚙まれておりました。
スーパーで大きなカートの手前のところにこちら向きに長男をのせ、そのカートを押しながら買い物に気を取られていると、カートを押している手を あむー と嚙んでくる長男。
ほかにも、例えば和室に座って人と話をしているときに、背後から近寄ってきては首の付け根を がぶー とか。
いたかったよー(>_<)
血が出たよー(>_<)

考えてみたら、キジオは次男を嚙み、次男は長男を嚙み、長男は私を嚙み、私は・・・
誰も嚙んでないよー!!
これって、損したってことでしょうか?(^^;)

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« ゴハンのおねだり | トップページ | 訂正とお詫びと三角関数 »

ペット」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

( ´艸`)プププ さぼてんの花さんも小さい頃には誰かを噛んでたかもしれませんよ~(*^m^)
あたしもまだ小さい娘を抱っこしてた時、
不意にガブッと噛まれ、「痛っ!!」って声が出て娘をおっことしそうになったことがありますcoldsweats01
不意打ちはビックリしますよねぇ~
あのニュースの猫ちゃんの動画、めっちゃ感動して家族みんなに教えました(*^m^)
あれはホント感動でしたshine
いざという時はキジオくんもナノコちゃんもわかりませんよ~
助けてくれるかもgood
こればかりはいざという時がこないとわかりませんけどねcoldsweats01
こない方がいいですしねcoldsweats01

投稿: ところん | 2014年6月26日 (木) 19時14分

マウスで少しづつスクロールさせて読み進め、
「にいちゃんが手ぇ嚙んだー!!」
に来たとき、もう可笑しくて「ふふふふ・・・」とマウス持った手が震え、画面が上下にプルプルしてしまいました。
さて、私の推測ですが、2歳の子(次男)(の思考)にとってキジオ君は本当に「にいちゃん」の位置付けにあったのかもしれませんよ。生まれた順で、長男>キジオ(中男)>次男。人と猫の区別無く家族の一員としての位置付け。うちでは、大人の私も子供が生まれる前からいた今は亡きポチ(雌猫)を子供に対する「ポチ姉ちゃん」と呼んだりしてました。confident

投稿: 猫畑 | 2014年6月26日 (木) 22時31分

こんばんはmoon3

うちのネコさんたちは、犬が現れたら真っ先に逃げますね。ゴハンやトイレの世話をしてる私でも見捨てられます(笑)
ましてや子供のことはやっぱり苦手みたいですね~。

距離感がつかめずグイグイくる娘のことを、噛んだことはないけど猫パンチをお見舞いしたことはあります(^_^;)

投稿: かんかん | 2014年6月26日 (木) 22時56分

ところんさん、こんばんは(^^)
ですよね~
いざってことは来ない方がいいに決まってますね。
でも、見てみたいなぁ、キジオの雄姿!
そんなとこ見たら、惚れ直してしまうなぁlovely
でもやっぱり、無理だろうなぁsweat02
キジオとナノコですからねsmile
らしくない、らしくない(笑)

え、私も嚙んでたかもって?
いやいやいやいや。
一切記憶にございませんから(;´∀`))←ちょっと汗

それにしても、娘ちゃん、落っことさなくてよかったですね (と話題を変えてみる)

投稿: さぼてんの花 | 2014年6月27日 (金) 22時26分

猫畑さん、こんばんは(^^)
そんなに笑っていただけて、光栄ですshine

たしかに、あるかもしれませんね!
キジオにいちゃんのセンも…flair
キジオも、次男も、ネコとか人間とかあんまり区別してないかも!(笑)
なるほどなご意見、ありがとうございますhappy01

投稿: さぼてんの花 | 2014年6月27日 (金) 22時31分

かんかんさん、こんばんは(^^)
かんかんさんのにゃんこは、はっきりしてるんですね~(笑)
どんな時代が来ても、逞しく生き残れそうcat
飼い主の方も負けてはいられませんね!
って、勝ち負けなのか?(笑)

娘ちゃん、洗礼受けちゃいましたね~
猫パンチ!
あれって、ビミョーに闘争心掻き立てられますよね。
私はよくナノコと戦ってますよ(笑)
主人に「やめとけ」って言われますがsmile

投稿: さぼてんの花 | 2014年6月27日 (金) 22時39分

ネコは予測不能のことがありますよね。何であんなに怒ったのか、後にも先にも1度キリのこともあり原因が判らないままの時もありませす。

皆がそれぞれ相手を噛んで、さぼてんの花様は噛まれキリで損をした気分でしょうか・・・イヤイヤそれが母の愛なのです。 誰もまね出来ないからお母さんは偉いのです・・・

自分を見る限りやはり男は役立ちませんweep

投稿: omoromachi | 2014年6月29日 (日) 01時26分

omoromachiさん、こんにちは(^^)
ですよね!
よくぞ言って下さいました。
やっぱりお母さんは偉いですよねshinehappy02shine

な~んて、またいつもの悪いクセでつい調子に乗ってしまいました。

ご謙遜なさっていますが、
omoromachiさんは頼もしいお父さまなのでしょう。
奥さまがしっかりなさっているので、きっとお力を発揮する場面が少ないだけのこと。
うちなどは、私が頼りないので主人は大活躍ですよー
なんて、自慢にもなりませんが(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2014年6月29日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/59880142

この記事へのトラックバック一覧です: 嚙むの連鎖:

« ゴハンのおねだり | トップページ | 訂正とお詫びと三角関数 »