« 不思議なお話(後篇) | トップページ | のらねこ物語(2) »

のらねこ物語(1)

代わる代わる現れる野良猫たちの縄張りとされてきた我が家の庭に、その猫が姿を見せるようになったのは、もう10年、いや、それ以上前のことである。
若いが、痩せて貧相なオスのキジトラ。
おなか側と脚は白くて、どことなく愛嬌のある目。
見るからにケンカが弱そうで、実際とても弱かった。
同時期によく見かけた全身黒っぽいべつのトラネコに、よくケンカをふっかけられ、追い回されていた。
こちらは体格もよく、顔つきもふてぶてしい。
野良猫の典型ともいうべきたくましさで、このあたりのボスだったようだ。

そんな野良猫たちの攻防には大して関心もなかった私であるが、この白キジくんの存在がやがて目に留まるようになる。
玄関を出てガレージに向かう途中の物置の上から、「にゃあ~」と顔をのぞかせたり、庭の草取りをする夫にすり寄って媚びを売ったり。
まさかの「ぼくって可愛いでしょ」アピール!!
なんなの?このネコ・・・(^^;)と思っていた私たちも、だんだん白キジくんのペースにはまりつつあったそんなとき、事件は起きた。

ある日気づくと、見慣れた白キジの姿が見えない。
どうしたのかなぁ?と思っていると、少し離れたところにうずくまっている白キジの姿を夫が発見。
腰のあたりにひどいケガをしている。
あのボストラにやられたか?
そう思うと、不憫である。
厳しい野良猫の世界の掟では、強いものが勝ち残り、弱いものは淘汰される。
仕方のないこと・・・
だけど、かわいそうだね。どうしよう?
結論の出ないまま、とりあえずその場を離れた私たち。

それで終わるはずだった。
縁もゆかりもない野良猫一匹。
そこまで感情移入しているつもりもなかった。
ところが。
ところが!!である。
翌日、外に出てみると、我が家の玄関わきにケガをした白キジが陣取っているではないか!
あら~(^^;)
傷がよくなる気配はなく、体力が奪われていくのがわかる。
そのまま一日、二日・・と白キジは同じ場所に座り込みを続けた。
このままじゃ、本当に死んでしまう。
見かねた夫が白キジを獣医に連れて行き、そのまま入院させることになった。
傷口が化膿して、ひどいことになっていた。
「傷が治ったとしても、後遺症が残るかもしれないね」と獣医さん。
しかし、その心配をよそに、その後白キジはすっかり回復した。
少し元気になってくると、獣医さんたちにも愛想をふりまいていたらしい。
「これだけ性格のいいネコは珍しいから、家で飼っておあげなさい」
獣医さんに言われるまでもなく、そのときから白キジは我が家の猫になった。

ぶっ飛ぶほどの治療費を払ったんですもの!
せいぜい、私たちに尽くしてもらわないことには、こちらもおさまりがつきませんから~(笑)
かくして、野良猫から飼い猫に昇格した白キジくん。
今や、我が家の大切な一員である。

 

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 不思議なお話(後篇) | トップページ | のらねこ物語(2) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

すてきなご家族ですね(^^)
私も猫的な性格と夫に言われています。
※きまぐれで 人なつっこい(気まぐれに)よく寝る
魚好きと決していい意味ではないです(XX)
だから、私も怪我や病気をしたらさぼてんの花さんの
家に捨てて!と 夫に話しておきます(^^)v
続きを楽しみにしています。

投稿: | 2014年5月21日 (水) 17時26分

白キジくん、後遺症が残るかもなんて言われながらも
元気になってくれて良かったですね。
ずっとさぼてんの花さんのところの子(cat)になりたかったのかな?
すでにそのつもりだったのかな?
家族として迎えられて幸せだろうなぁ~

投稿: ところん | 2014年5月21日 (水) 20時14分

珍しいほど性格のいいネコ!!!
初めて聞きました。
野良でよくそんな子に育ちましたね〜
(だから、大怪我しちゃったのかもしれませんがcoldsweats01

さぼてんの花さんご一家は、その白キジ君に見初められちゃったんですねえ〜
(1)ということはcat、その後のお話も楽しみです♪

投稿: クー | 2014年5月21日 (水) 20時57分

お久しぶりです( ´_ゝ`)ノ

白キジくんは長にゃんくん?次にゃんくん?


実は以前みなログで考えていた手術、先日終わりまして、只今自宅療養中です

私はアメブロとエムブロにいますよ~

投稿: くろママ | 2014年5月21日 (水) 21時00分

舞さん、こんばんは(^^)
え!
舞さんが家の前に捨ててある!?happy02
それはぜひとも、拾います(笑)
なんだか、桃太郎かかぐや姫のような拾いものですねshine

あ~ 舞さんがお魚好きだから、
ご主人は張り切って釣りに出かけるのか!
うふふふcatface
仲のおよろしいことでheart04heart04heart04

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月21日 (水) 21時21分

ところんさん、こんばんは(^^)
あら、そんなにうちの子になりたかったのかしら?
それほど居心地がいいとも思えませんけど(笑)
まぁ、なんとも不思議なご縁ですconfident
初めはへんな猫って思ってたのが、いつの間にか可愛くなってるんですから。

ほんと、後遺症がのこらず、よかったです。

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月21日 (水) 21時30分

クーさん、こんばんは(^^)
そうなんです。
珍しいですよね、野良だったのに。
ケンカも弱いし、野良猫としてはダメダメでしたけど、
あの図々しいくらいに人懐こい性格でなかったら、今頃生きていなかったんでしょうね…
なにが幸いするか、分からないものですconfident

ちなみに、あのときのボストラはあれからしばらくして見かけなくなりました。

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月21日 (水) 21時38分

くろママさん、お久しぶりです(^^)
このお話のキジトラは長にゃんですよ~

術後の経過はいかがですか?
くれぐれもお大事にしてください。
ブログのほうにもお邪魔させていただきますねheart04

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月21日 (水) 21時44分

一気に読んでしまいました
(いつもさぼてんの花さんの文章力に感心しております)
白キジくん良かったぁhappy01
さぼてんの花さんの家族になれて幸せにゃんこですね。
なんだか心が暖かくなりました。
ありがとうございましたheart04

投稿: タッタ | 2014年5月21日 (水) 23時54分

おはようございます。

しろキジくん飼ってもらえてよかった。うちにもよくねこちゃんたちが遊びに来てくれます。かわいいですよね。

投稿: いち | 2014年5月22日 (木) 05時00分

タッタさん、こんにちは(^^)
お褒めの言葉をありがとうございます(*´v゚*)ゞ
いえ、文章力なんて言っていただけるほど大そうなものではないんですが、
この年になって文を書くことが楽しいと思うようになりました。
昔は作文なんて大嫌いだったんですけどね(笑)

うちの家族はにゃんこに幸せをもらっているので、にゃんこの方でも幸せと思ってくれていたら嬉しいなぁと思いますconfident

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月22日 (木) 15時31分

いちさん、こんにちは(^^)
いちさんのお宅もねこの楽園なんですね~
ねこにもそれぞれ性格や個性があって、おもしろいです。
でもたいていの野良ちゃんは、近づくと逃げて行ってしまうので、仲良くなるのは難しいです。

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月22日 (木) 15時36分

よし、私も妻に捨てられたり追い出されたら、さぼてんの花さんちの前でうずくまってよう。
houserunhouse
白キジ君、幸せになれて良かった。
白キジ君はその幸せを100倍返ししてくれますよ。
名前は何て言うのでしょうか?
写真見たいですね~。happy01

投稿: 猫畑 | 2014年5月23日 (金) 22時25分

猫畑さん、こんにちは(^^)
気が付かないといけないので、そのときはピンポン鳴らしてくださいね!
な~んて、奥様が猫畑さんを追い出すとも思えませんけど(笑)

白キジ、今日ものんびりお昼寝中です。
今度写真載せますねnote

投稿: さぼてんの花 | 2014年5月24日 (土) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/59680945

この記事へのトラックバック一覧です: のらねこ物語(1):

« 不思議なお話(後篇) | トップページ | のらねこ物語(2) »