« 虫歯の思い出 | トップページ | 道衣 »

怒らせてはいけない~母の嘘と子どもの心~

私がまだ子どもだったとき、母の顔にはたくさんのそばかすがありました。
今はほとんど目立たなくなっているので忘れていましたが、先日母のことをブログの記事に書いていて、ふとそのことを思い出しました。
昭和40年代から50年代にかけての当時、今のようなUV対策の方法もなく、無防備に紫外線にさらされていたからなのでしょうね。
生まれてこのかた毎日眺めてきた母の顔に、ほかの人にはないような茶色の斑点があることにある日突然気づいた私。
5歳くらいになっていたでしょうか。
鏡の前に座って化粧をしていた母に向かって、
「どうしてママのお顔には、茶色の点々があるの?」
今の私だったら絶対に言われたくないような言葉を、ストレートに投げかけたのです。
母の目はちらっと私を見て、またすぐ鏡の中へと戻っていきました。
パフを持った手を休めず動かし、粉をはたきながらこう言います。
「これはね、ママが怒ると一つずつ増えていくの。だから、お願い。いい子になって、ママを怒らせないでちょうだいね。」
   えぇ~!!
   そうだったんだ・・・(゚д゚)!
それ以来、母に怒られるような場面が訪れるたびに、
   あぁ、これでまたママの顔の点々が増えてしまう~~~ (>_<)
と、私は内心びくびくしていたのでした。
でも、小さいころの私は何をそんなに怒られたのでしたっけ?
のんびり屋で人一倍マイペースな子どもでしたので、ぐずぐずと要領の悪いところがきっと母をイラつかせていたのだろうということはなんとなく分かりますが・・・
怒られた内容を覚えていないのにも関わらず、「私のせいで、ママの顔が点々だらけになってしまう」と怯えていたことはよく覚えています。
それだけ、衝撃的だったのですね(笑)

大人になってから、このことを母に話したことがあります。
「昔、怒るとそばかすが増えるって私に言ってたよね?」と私が言うと、
母はニッと笑って、「信じた?」
そりゃあ、信じましたよ!
純真な子どもでしたもんっ
ママが嘘をつくなんて思いもしなかったですもんっ
大きくなれば自明のことでも、小さいうちはわからなかったりするものですね(^^;)

懐かしい自分の子ども時代。
もっと早くいろいろ思い出していたら、我が子の子育てもまた違っていたかなぁ・・・?と思う今日この頃です。
4月1日、エイプリルフールに因んだお話でした。

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 虫歯の思い出 | トップページ | 道衣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昭和の記憶」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜☆
虫歯のお話から登場しているお母様、
おもしろい方ですね(^ ^)
私はそんな面白い思い出が全然無いので、
さぼてんの花さんのお話を読んで
微笑ましくなりました。

投稿: Samantha | 2014年4月 1日 (火) 18時13分

「怒ると一つずつ増えていくの」
おぉ~~ それは怖いshock
「絶対怒らせないで!!絶対に!!」って、真剣に子どもに言っちゃう(*^m^)
子どもの頃だったら信じちゃいますよねcoldsweats01
さぼてんの花さんのお母様、とっても楽しいhappy01
私も息子が小さい頃、お母さんは実は魔法が使えるって言っていました( ̄▽ ̄)
「うっそだぁ~」「そんなわけないじゃん」といいながらも、もしかして?もしかしたら?ってちょっとだけ信じてる息子が
かわいかったです( ´艸`)ププ
あの頃はかわいかったなぁ~coldsweats01


投稿: ところん | 2014年4月 1日 (火) 20時07分

Samanthaさん、こんにちは(^^)
あらためて読み返してみたら、
そうですね~
面白い人だったのかも!うちの母…(笑)
今まで「おもしろい」って思ったことなかったもので、
新しい発見ですsmile
今まで、母親ってそんなもんでしょ と当たり前に思っていたことも、客観的に振り返ると当たり前でもなかったり。
親子のあり方も人それぞれの個性なんですよね。
私自身、子どもたちからどんなふうに見えているのか、いつか訊いてみたいなぁ・・・ ちょっとこわいけどcoldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2014年4月 2日 (水) 14時12分

ところんさん、こんにちは(^^)
ところんさんは魔法使いだったんですね(笑)
息子くん、かわいいなぁheart04
強がって見せても、どこかお母さんに逆らえないという愛すべきキャラは、小さいころから培われたものなんですねconfident

小さいうちは親の言うことなんでも鵜呑みですからねー、
子どもを見れば親が分かる なんていうんですよね。
うちの子たち、大丈夫かしら…?
あ、ちょっと汗が…(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2014年4月 2日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/59391825

この記事へのトラックバック一覧です: 怒らせてはいけない~母の嘘と子どもの心~:

« 虫歯の思い出 | トップページ | 道衣 »