« ほんとうの価値 | トップページ | 音楽は思い出とともに »

ニッポンの音階

三月になりました。
三月と言えばおひなさまですね。
先日、スーパーで買い物をしていたら、店内のBGMに「うれしいひなまつり」が流れておりました。
男ばかりの我が家には無縁のお節句ですが、自分自身の子供時代の懐かしい記憶に思いを馳せつつ、聴くともなしに曲を聴いておりましたら…

ん? なんか違う~(゚д゚)!

ひなまつりのメロディーが、ハ長調に転調されているようです。
・・・・・ミーレドレミソドラソミレドー♪
と、なんだかとても明るい仕上がりになっています。
すごくヘンです(^^;)
ひなまつりの歌って、短調だったよねぇ?と何か解せない気持ちでおりますと、次に流れたのは私のよく知っているいつもの「うれしいひなまつり」でした。
そうそう。
これこれ。
あー、しっくりくるわぁ(*´ω`*)
ほっとして心が和んだのも束の間、またそのあと妙な明るさのハ長調が始まりました。
どうやら二つの「ひなまつり」を交互に流しているようです。
お祭りなのだから明るいほうが合っているはずですが、どうもこのハ長調のひなまつりを聞いているとなんだか落ち着きません。
議論の余地を残しながらも、うまく詭弁を弄して周囲を丸め込み、体面上問題のない無難な結論に強引に結びつけようとするような、そんな後味の悪さを残します。

モヤモヤを抱えたまま帰宅した私はふと、耳に残るあの明るいひなまつりを口ずさんでみようとしたのですが、声に出すとどうしてもノーマルなひなまつりのメロディになってしまい、うまく再現できません。
幼少期に覚えた歌というのは、脳の奥深い部分に刷り込まれているのでしょうね(^^;)
それで余計に気になってしまい、ちょっと調べてみましたら面白いことが分かりました。

古くから日本には固有の音階があり、それをヨナ抜き音階というのだそうです。
ドレミファソラシドは西洋の音階で、明治時代の日本人はこのドレミをヒ・フ・ミ・ヨ・イ・ム・ナと呼んでいました。
そのうちの第4音(ファ)と第7音(シ)を抜いたド・レ・ミ・ソ・ラの五音音階がヨナ抜き音階で、これが日本人には受け入れやすいため、多くの唱歌や童謡などがこの音階で作曲されたのだとか。
また、ヨナ抜き音階には長音階と短音階があり、短音階は主音がラになります。
ラシドレミファソラの四番目と七番目だから・・・ えーと。
レとソを抜いた音階、ラシドミファラがヨナ抜き短音階ということになるのでしょうか?
例えば「ひなまつり」だったら、えーと。
・・・・・ドーシラシドミラファミドシラー♪
すごいー なってる!!(笑)
「ひなまつり」のメロディの、なにかこうピタッとくる感じというのは、これだったのですね。
それにしても、ヨナ抜きはヨナ抜きでも、短調を長調に変えてしまうのは勘弁です(´-ω-`)
「ひなまつり」の場合は、短調がいいんですよね。
日本的な趣がそこはかとなく感じられるというか。

ちなみに、この日本人の情緒に訴えかけ、ノスタルジックな雰囲気を与える音階は様々なヒット曲にも用いられているということです。
例を挙げると、坂本九「上を向いて歩こう」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、JITTERRIN'JINN「夏祭り」、きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」「にんじゃりばんばん」、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」などなど。
そうやって解説されると、
ふ~ん、音楽も理論なのねぇ とただただ感心するばかりです。
ヒット曲というのは、偶然の産物ではなく、意図して生み出されるものなのでしょうか。

さらに余談ですが、ヨナ抜き以外にもニロ抜き音階というものも存在しているそうでして、これは琉球音階なのだそうです。
ヒフミの2番目(レ)と6番目(ラ)を抜いた「ドミファソシ」が長音階。
これを使うと沖縄っぽいメロディができ、例えばTHE BOOMの「島唄」なんかがそうらしいです。
好きだったな~、島唄!
ボーカルの宮沢さんの、あのねっとりした歌声がたまりませぬ。
久々に聴きたくなりました(*^^*)
しまうぅ~たよ かぜにのりぃ~♪♪
って、聴くとか言って自分が歌ってるし!(笑)
失礼しました~<(_ _)>ペコリ

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« ほんとうの価値 | トップページ | 音楽は思い出とともに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

♬ 鳥とともに~ 海を渡れ~ ♬
続いちゃいました(゚m゚*)
いいですよね 島唄。
「へぇ~」「へぇ~」って言いながら読ませてもらいました。
音楽は全然詳しくないけど、なるほど~ですね。
あたしもスーパーに行ったらひなまつり流れてましたhappy01
おなじみのひなまつりの方だったので違和感なく、
口づさみながら買い物してましたcoldsweats01
あれ?なんか違うような…? な感じだったらひっかかりますねぇ。
あたしじゃ店出たらすぐ忘れちゃいそうですが(笑)
小学生の頃、ひなまつりの替え歌をみんなで歌っていたのを思い出しちゃいましたcoldsweats01
今考えるとすごくシュールな替え歌だったなぁcoldsweats01

投稿: ところん | 2014年3月 1日 (土) 17時41分

読んだだけでは、???だったので、
ピアノの電源を久しぶりに入れて弾いてみました。

ちがう〜〜〜!!!
ひな祭りの曲に聞こえませんね。

何でこんなに違って聞こえるのか、
すごく不思議ですね。

私もスーパー行ったのに、何の曲が流れていたかも覚えていませんcoldsweats01
あはははcoldsweats01

投稿: クー | 2014年3月 1日 (土) 19時19分

なるほど!勉強になりました。
THE BOOMの「島唄」、大好きです。
そうそう宮沢さんの歌い方が最高です。
私も聴きたくなったです~

投稿: みきみき | 2014年3月 1日 (土) 21時51分

ところんさん、こんばんは♪
一緒に歌っていただけて嬉しいですhappy02
いいですよね~、ブーム!heart04
それに、ひなまつりの替え歌はやりますよね。
曲調が短調なだけにどこか物悲しく、シュールな歌詞がピッタリくるsmile
うふふ、懐かしい~

投稿: さぼてんの花 | 2014年3月 1日 (土) 22時28分

クーさん、こんばんは♪
電子ピアノで弾いて下さったんですか!
ありがとうございます。
なんだかとてもうれしいですhappy02
実は私は、手近なところに楽器がなかったため、ハ長調を再現するためにスマホにアプリまで入れて、それでやっと弾いてみました。
違いますよね~、全然!(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2014年3月 1日 (土) 22時32分

みきみきさん、こんばんは♪
私も今日はいつになく勉強した気分です(笑)
家事そっちのけで、ネットであちこち見て、主人にも「まだそのひなまつり、やってるの!」と呆れられました。
音階ってややこしくて、意外に難しかったんだもの…coldsweats01
普段使わない知識ってほんと忘れてるし(笑)
今日はいろいろ理解できた喜びを、この場で披露させていただきました。

みきみきさんもTHE BOOMファンですか?
いいですよね~
CD引っ張り出して、今夜は聞きながら寝ようかなheart04

投稿: さぼてんの花 | 2014年3月 1日 (土) 22時39分

こんばんは。音楽のことって保育科でも勉強するのですが
こんなに丁寧には教えてもらえませんでした。
でんじろうの科学といい・・面白くしてくれたら
私ももう少し勉強頑張れたのに(*´v゚*)ゞぼりぼり・・
と思ってしまいます。(本当かな?笑)
島唄や沖縄の唄はいいですね。
ちなみに私の夫は沖縄の方の島出身です(^^)v

投稿: | 2014年3月 2日 (日) 00時42分

おはようございます✿
わぁ~BGMで気づくさぼてんの花さんの耳、すごいですね!!
私はたぶんずーっと西洋音階で慣れているからなのか
(ひな祭りの歌も、音階自体も)
全然違和感も何も無かったです。
そもそも日本の音階を知らないのかも…^^;
琉球音階は違う!というのは
何かで習ったので
「あ~沖縄っぽい…」と思った覚えがあります。

ノスタルジックな雰囲気というのも
全然感じません。
例で挙げられているヒット曲を聴いても
な~んとも思わない私。
でも、クラシックだけは耳が反応してしまいますnotes
耳か脳の構造が異邦人なんでしょうかねぇ~(笑)

投稿: Samantha | 2014年3月 2日 (日) 09時07分

舞さん、こんばんは♪
私、子供のころはピアノを習ったりもしていたんですけど、ほんとに不熱心な生徒で(^^;)
ろくに練習もせずにお稽古に通って、さぞ先生も教え甲斐のないことでしたでしょう(笑)
もっとちゃんと習っていればよかったなぁと今は思います。
ピアノを止めてしまってからは楽譜を見ることも理論を学ぶこともなくなってしまって、忘れる一方ですsweat02
でも、難しい理屈は抜きにしても音楽は楽しめますからね!
情操教育としても、とてもいいですよね。

ご主人、沖縄の方なんですね。
沖縄、まだ行ったことないので憧れの土地です。
行ってみたいわぁheart04

投稿: さぼてんの花 | 2014年3月 2日 (日) 22時39分

Samanthaさん、こんばんは♪
Samanthaさんにとっては、西洋のクラシック音楽がノスタルジーを呼び起こすものなのかもしれませんよ。
西洋の音楽が心のふるさとっていうのも、素敵ですねshine

私は特別、耳がいいってわけではないんですが、
小さいころに、童謡のレコードを繰り返し繰り返し聞いてましたからね~
刷り込まれているんですよ。
脳の深層部分に。
あぁ、懐かしの昭和…(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2014年3月 2日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/59218004

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンの音階:

« ほんとうの価値 | トップページ | 音楽は思い出とともに »