« 白菜の食べ方 | トップページ | そんな日もある »

親孝行とは

親孝行ということについて、最近よく考えます。
40を過ぎると親もそれなりのトシで、元気でいてもやっぱり年齢を感じることがあります。
不意に入院などされると、非常に慌てます。

待ってよ!
まだ私、なんにもしてないよ

待ってくれました。今回は。
よかった~( ;∀;)

これでまたしばらく、親孝行するチャンスは与えられました。
でも、親孝行って何をすればいいのでしょう?
そりゃあ、親が喜ぶこと。
いろいろあるよね。
そう、いろいろ。

いろいろ考えているうちに、気が付きました。
親から与えられた恩なんて、簡単に返しきれるものではないこと。

自分が親になってみてはっきりと分かるのは、子どもたちに恩返しさせようなんてそもそも夢にも思わないということです。
見返りを求めての子育てなんて、絶対にありえない。
今の自分を顧みると、むしろ、自分が親から受けた恩を、自分の子どもたちを育てることで返しているような気がしています。
両親が自分にしてくれたように、私も子どもたちにしてあげたい。
そして、子どもたちの幸せがすなわち自分の幸せでもあるのです。
それはきっと私の両親も同じです。
私や子どもたちがしっかりと生きて幸せであることが、父や母への最高の親孝行のように思います。
そうやって愛情は親から子へ、またその子どもへと受け継がれていくのではないでしょうか。
そんな風に考えると、私はとても幸福な環境の中で育ってきたのだとつくづく思います。
改めて、両親に感謝します。

もちろん、これは私の場合であって、すべての人に当てはまることではありません。
人によっていろんな形の親孝行があるでしょう。
すべての人に共通するのは、相手を喜ばせたいと自然に思い合える親子関係が築かれていることこそが、親にとっても子どもにとってもこの上ない幸福であるということです。
同居の義母と私たち夫婦の間のギクシャクした関係を見るにつけ、そのことをとても強く感じる今日この頃です。

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 白菜の食べ方 | トップページ | そんな日もある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親孝行・・どのようにすべきか難しいところですね。

子供が生まれ育ったことで、子供は既に親孝行を済ましたとう考え方もあります。子供がいて親たちも親として成長出来るのですから、それはありかなと思います。

ですから年老いた親に対しての親孝行は私も自分の子供達をまっとうに育てることだと思っています。 

それはたまたま子供に恵まれたからで、結婚しない場合や子供が出来なかった場合は実際に親の面倒をみたり、話をすることが親孝行になるのでしょうか? 少なくとも自分自身がまっとうに生きることが出来たらそれが親孝行と思っています。

投稿: omoromachi | 2014年2月 2日 (日) 00時47分

うんうん、子どもたちに恩返しさせようなんて考えもしないですよね。
逆に迷惑、面倒だけは絶対にかけたくないって思います。
たとえ向こうが「面倒じゃないよ」って言ってくれてもちょっとでも負担になるようなことさけたいって思っちゃいますねcoldsweats01
自分の親もあまり頼みごとをしてこないので、おんなじように思ってるのかな?
やっぱり子どもが幸せそうにしていてくれるのが一番ほっとする幸せですねconfident
いくつになっても親は親で、暗い顔見せたら心配になりますもんね。
年とってまで子どもや孫の心配をしなくていいように安心させてあげたいなって思いますcoldsweats01

投稿: ところん | 2014年2月 2日 (日) 18時19分

omoromachiさん、こんばんは(^^)
「子供が生まれ育ったことで、子供は既に親孝行を済ました」
そんなものかもしれませんねconfident
子を持つ喜びは、親になったものだけが手にすることができる幸せ。
だから、親は子どものためには必死になれるのでしょうね。
私も親としてもっともっと成長しなくては!
そう思って努力することが、親への孝行にもなると信じます。

投稿: さぼてんの花 | 2014年2月 2日 (日) 21時07分

ところんさん、こんばんは(^^)
三十年後の自分とか想像つきませんが、子どもたちに世話かけるような状況だけは避けたいですねー(^^;)
なんだかんだ言って頼りない私なので、親にも子どもにも、心配かけないようにしっかりしなければ!(笑)
ま、子どものほうはまだしばらく手がかかりそうで、それもまた親の楽しみと考えてwink
両親には残りの人生をできるだけ楽しく豊かに過ごしてほしいです。

投稿: さぼてんの花 | 2014年2月 2日 (日) 21時21分

親世代は、昔の感覚で「嫁にやった娘」「嫁にもらった(元coldsweats01)娘」な感じで、
私の実家には「娘には迷惑をかけたくない」
旦那の実家には「いずれは面倒見てもらう」
と言われてますね〜
今はまだ、何もできていませんが、
長女なので、いずれは義両親だけでなく自分の親のお世話もできたらなあとは思います。
でも、自分の子を一人前に育てること優先になるのでしょうねえ。
それすらちゃんとできるかどうかsweat01

投稿: クー | 2014年2月 2日 (日) 21時40分

クーさん、こんばんは(^^)
ご家庭によって、嫁いだ娘や嫁に対する感覚は様々ですよね。
旦那さんのご実家に「いずれは面倒を見てもらう」と期待されているのもしんどいですねcoldsweats01
それに、やっぱり自分の実家のことも気持ち的に放っておけないですよね。
うちも実家は少し離れているので、なにかあったとき私にどれだけのことがやれるか分からないですが、兄や義姉にばかり負担が行くと思うと心苦しいですし、できるだけのことはやりたい気持ちはあります。
いろいろ考えるときりがないですけど、とりあえず今は子育てが優先になりますよねぇ、やっぱり…
がんばりましょうsign03

投稿: さぼてんの花 | 2014年2月 2日 (日) 22時51分

こんばんは。このテーマは本当に難しいです。
私は今、自分の親の介護生活していますが
孝行と思っていません。何故なら私は両親に孫の顔を
見せていないし(とても楽しみにしていたのですが)
今まで勝手な人生を送ってきましたので┐(´-`)┌
逆に懺悔かも!(笑)
何か年を取るって難しい?ですね
これからもよろしくお願いします。
まとまらない!ごめんなさい。

投稿: 舞 | 2014年2月 3日 (月) 00時39分

舞さん、こんにちは(^^)
ほんとう。
年を取るって難しいですね。
誰もが通る道なのですけど。
いい年の取り方したいなぁと思います。

親の介護をするのも特別なことではなくなっている今の時代、介護と孝行はイコールではないのかもしれませんが、でも舞さんはとても親孝行な娘さんだと思います。
たとえそれが懺悔であったとしても!(笑)
一生懸命なのがわかりますものconfident

こちらこそこれからもよろしくお願いします。

投稿: さぼてんの花 | 2014年2月 3日 (月) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/59053068

この記事へのトラックバック一覧です: 親孝行とは:

« 白菜の食べ方 | トップページ | そんな日もある »