« 今年のしめくくりは福で! | トップページ | ネガティブな日 »

年賀状

いろいろあった2013年も過ぎ去り、新しい年がやってきました。
お正月の楽しみの一つは年賀状。
親戚や友人たちからの葉書きは、慌しく新年に突入する私の心を和ませ、しばし時を忘れさせてくれます。
近況を伝えるほんの一行の添え書きが、途絶えがちになっているお付き合いの距離をぐんと引き戻してくれるような気がして、とても嬉しく感じられます。

年賀状離れが進んでいる昨今、年頭の挨拶は葉書きを使わずにメールでするという人も増えているようですが、私はやっぱり葉書きが好きです。
それこそ、年賀状以外では手紙を書いて出すということもほとんどなくなってしまいました。
メールという便利なツールのおかげで、伝えたい用件を手軽にかつ迅速に、しかもお金もかけずに直接相手に届けることができます。
でも、年賀状だけは別です。
ちゃんと一枚一枚書きたいし、もらいたいのです。

書くといっても、パソコンで作った図案を印刷したものに一言添え書きするのと、あとは宛名書きだけなんですけれど、これが押し詰まった年末には、非常に苦しい作業になっている現実もあります(^_^;)
一気にだーっと書き上げて、なんとか年を越す前にポストに滑り込ませ、ギリギリセーフsign03
そして年明けにいただいた友人、知人たちのセンスのよい年賀状や、気配りの行き届いた温かなメッセージを読んでは、ちょっと反省sweat02
私も、もうちょっと余裕があったら、もう少し時間をかけて、心をこめて、書いたのに・・・
いーえ、余裕なんてものは自分で作り出すもの。
言い訳ばかりしていないで、自分がちゃんとやればいいのよ!
よし、来年こそはきっと・・・shine
そう思うのは実は毎年のことなんですが、あきらめてしまわずに来年こそ成し遂げたいと思いますpaper

そんな決意も新たに、あらためて年賀状をやりとりしている面々を見返してみますと、中にはポストに出すより持って行って直接渡すほうが早いよ!と思われるご近所さんもいますが、ほとんどが今は顔を合わせることも連絡を取り合うこともなくなってしまった方々ばかり。
ふだんお付き合いしている地域の方や、子どもの学校関係の知り合いなどはかえって住所もわからず、年賀状は失礼しています。
そういえば、学校でも子ども会などの団体でも、最近は連絡先を載せた名簿というものがなくなりました。
個人情報が漏洩するのを防ぐためとはいえ、不便なこともあります。
子どもの友達のお宅に連絡を取りたくても住所も電話番号も分かりませんし、個人的に連絡先を交換していなければ年賀状も出せません。
ですから当然の結果として、我が子たちは年末に年賀状を書くという習慣がないのです。
この子たちが大人になるころには、いよいよ年賀状など出さない世の中になっているのかしら・・・sad などと、ひとり気を揉んでいる母です。

話がそれましたので、戻しますcoldsweats01
よく、疎遠になった友人との関係を「年賀状だけのつながり」などといったりしますが、もう会うこともないから とそこで年賀状を出すのもやめてしまうと、知り合いですらない無関係の人になってしまうような気がします。
だから切ってしまえない年賀状つながりの友がかなりいます。
今は年賀状だけのつながりになってしまっていても、たまにFacebookを覗いてみるだけの相手でも、それでも友達と言い切れるのは、過去の付き合いがあってのこと。
古い友人と近況を交わすのは、それはそれで楽しいことです。

そういえばずっと以前に、知り合いの一人が言っていました。
 「年賀状はしょっちゅう顔を合わせる人には出さなくていいんだよ
  環境が変わったりして会えなくなったら出せばいい」
そういうものなのかもしれません。
ふだんなにかとお世話になっている人には年賀状を出さず、お世話をしてもされてもいない人に「お世話になりました」と年賀状を出すのは矛盾といえば矛盾なのですが、
会うことができない人に、一年に一度コンタクトをとることでずっとつながっていられるという意味では、年賀状というものは大きな役割を果たしてくれていると思うのです。

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|
|

« 今年のしめくくりは福で! | トップページ | ネガティブな日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にそうだと思います。年賀状のお陰で遠い所に住んでいる学生時代の友人や知人の近況を知ることが出来ます。
私達よりもっと年配になるとお互いに元気だったかどうかの安否確認にもなるのだと先輩からは言われたりしています・・・あまりに現実過ぎて流石に相打ちは出来ませんでしたがcoldsweats01
私もいつもぎりぎりで・・来年こそは余裕を持って書こうと思うのですが・・今年年末への宿題が早くも出来ました。
今年もどうかよろしくお願い致しますhappy01

投稿: omoromachi | 2014年1月 3日 (金) 01時13分

omoromachi先生、コメントありがとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします(^^)

安否確認… ですかcoldsweats01
確かに、そういった意味合いもありますね。
実際、毎年もらっていた人から来ないと、
なにかあったのかなぁ? なんて心配になりますもの…

年賀状だけでも長いこと続いていくお付き合いができるのは、やはり自分にとって大切な時間をともに過ごしてきた友達だからなのですよねconfident

投稿: さぼてんの花 | 2014年1月 3日 (金) 16時11分

さぼてんの花さん あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いしますconfident
さぼてんの花さん家のみなさんにとって楽しい幸せな一年になりますようにconfident
年賀状のようになってますが(↑)coldsweats01
ほんとにそうですね、たった一言でも手書きの添え書きあるだけでぐんと距離が近づく感じがします。
なかなか会えなくてもやっぱり繋がってるなって思えます。
うちの子も娘が小中の頃は、まだ住所聞いて友達と年賀状のやりとりもあったけど、息子なんて全然ですcoldsweats01
あたしが子どもの頃は、友達から年賀状くるの楽しみだったのになぁcoldsweats01
ちょっと寂しい気もしますね。

投稿: ところん | 2014年1月 3日 (金) 16時56分

ところんさん、あけましておめでとうございます!
こちらこそ、昨年に引き続き、よろしくお願いしますheart04

私も子どもの頃は、友達からの年賀状がとても楽しみでしたし、書くのも楽しかったのを覚えています。
プリントごっことか~ みんなやってましたよねnote

男の子って、友達の住所を聞いてくるとか、そういうのが全くないんですよね~gawk
そんなもんなんですかね~
ちょっと寂しいですよねthink

投稿: さぼてんの花 | 2014年1月 3日 (金) 21時17分

私も本当にそう思います。
年賀状は、なかなか会えない友人との絆だと
思ってます。
パソコンは本当にありがたいです。
本当は一枚一枚、手書きしたいのですが、年末は忙しいので・・・ホホホcoldsweats01
そういえば、昔はプリントゴッコでやっていました。


投稿: みきみき | 2014年1月 3日 (金) 22時26分

みきみきさん、こんばんは♪
コメントありがとうございますhappy01
プリントゴッコ、懐かしいですよねぇ!
原稿をセットしてピカッとやる瞬間、ドキドキしたのを覚えています。

今年は版画などの手作りの年賀状が流行りと聞きました。
年賀状のよさを再確認している時代の流れなのでしょうかconfident

投稿: さぼてんの花 | 2014年1月 3日 (金) 23時50分

私もメールより年賀状を出します。
ほんと、そうですよね…と
色々納得して読ませていただきました。
妹たちはもう出していないかもしれません。
私が出した相手の方から年賀状が届いていないと、
交流を持ちたくないと思われているのかなー
なんてマイナス思考になってしまいます^^;

彼は私からすると不思議で、
実家の人に年賀状出すんです…
しょっちゅう会っているのに!
私の実家に、新年に行くっていうのに
出しているので、
父から「返事の年賀状出さなくていいよね…?」
と確認されてしまいました。
「出さなくていいけど
 お年玉付き年賀はがきもらわないと
 切手シートも当たらないじゃない。」
と返すと、笑われました(笑)

投稿: Samantha | 2014年1月 4日 (土) 08時59分

Samanthaさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
若者はきっとタイムリーにメールで送りたいのですよね。
それはそれで分かるんですけど、やっぱり年賀状っていいですよねconfident
人の手を介して届けられるところも好きheart04
結局、アナログな人間なんです、私coldsweats01

それに、そう、年賀状が片思いだとちょっと悲しいですよね。
同じです~

だけど、実家には出しますよ!
自分の実家はもちろん、同居の義父母にもずっと出してました。
宛先も差出人も同じ住所で!(笑)
子どもの写真を入れたりするので、ほしいかなぁ?と思いまして…(*^。^*)
こういうのって、そのお宅によって独自のルールがあるのかもしれませんね!

投稿: さぼてんの花 | 2014年1月 4日 (土) 15時58分

あけましておめでとうございます。

年賀状、出すまでがおっくうですがcoldsweats01
もらうのは嬉しいですcoldsweats01
素敵な年賀状をくださる方には、うちの年賀状では申し訳なような気もしてしまいますcoldsweats01

一言、あると無いとでも全然違って感じますよね。
といいつつ、「今年もよろしくお願いします。」と印刷に書いてあると、「この方には、これ以上言うことが見つからない」…と書く言葉が見つからなくて焦ることもcoldsweats01

そして、毎年お正月休みは、私か主人のどちらかの実家に帰省しているので、
帰ってきてから、年賀状をチェックして、
いただいたのに、出してない!って方が、たいてい一人か二人はいたりしてcoldsweats01
今から書いて、いつ届くのかcoldsweats01
まあ、きっと向こうにも「クーさんて、そういう人」ってバレちゃっているのよねcoldsweats01と毎年反省していますcoldsweats01


投稿: クー | 2014年1月 5日 (日) 13時06分

クーさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく~♪

そうなんです、出すまでがおっくうsweat02
で、ついつい取りかかりが遅くなって出すのがギリギリに…coldsweats01
添え書きも、ちょっと気の利いたこと書きたいんですけど、結局決まり文句になってしまってcoldsweats01

お正月を実家で過ごされる方は、返事が遅くなってもしかたないですよ~
年賀ハガキの抽選日までに着けば、基本OKですgood←ざっくりしすぎ?
だれに出したかもちゃんと控えておかないと、あれ?この人出したっけ?なんてことになる我が家です。
出さないで失礼するより、ダブって二度出すほうがいいのか?と真剣に悩んだりcoldsweats01
最近、記憶力に頼れなくなっているので、しっかり記録するようにしていますφ(・ω・ )メモメモ

投稿: さぼてんの花 | 2014年1月 5日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/58869121

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 今年のしめくくりは福で! | トップページ | ネガティブな日 »