« ミッドナイト星空号に乗って | トップページ | 落花生 観察日記その9 »

理想と現実のはざまで

思わぬところに落とし穴はあった。
三年生になってからというもの、巧妙に母親の目をかいくぐるようになったわが次男。
二年生まではとても素直に、毎日の宿題も見せてくれた彼であったが、学年が上がったとたん、「宿題は?」と尋ねても
「もうやった!遊びに行って来る~dash」とすり抜けていってしまう。
ま、一応机に向かっている姿は見たし・・・と、こちらも雑事にとりまぎれて見逃していたのもいけなかった。
落とし穴とは、ローマ字の学習。
先日国語の授業中に受けたテストが返されてきて、事態は発覚したのだった。

宿題に出されていたローマ字の課題もそれなりにはやっていた。
だが、基本を全く理解せずに、ただ機械的に文字を写し取っていただけのようである。
もう一度はじめからおさらいするために、その日から寝る前の30分をおかあさん先生とのローマ字タイムにすることにした。

久々の出番に、大張り切りのおかあさん先生であるが、まもなく大きな壁にぶち当たることに・・・
思えば、生まれてこのかた日本語オンリーで育ててきたわが子は、アルファベットを知らなかったのだ ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
そりゃ、教えなきゃ覚えるはずもない。
教えなかった親のほうにも責任があるのか・・・とちょっと反省。
不安になった私はおそるおそるわが子に聞いてみる。
「ローマ字って何語かわかる?(^_^;)」
「日本語!」
あぁ、よかった・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ
「おとうさんが言ってた!(* ̄∀ ̄)b」
・・・大丈夫か?Σ(-∀-;)
「あのね、例えばだけど、inuとかnekoは日本語、dogとかcatが英語。わかる?」
そっか~♪とうなずく次男。
一応、理解力はあるようだ。
「ま、ローマ字ってのは、言うなればひらがなの別バージョンみたいなものだね。」
「外国の人にも分かりやすいよね!」
「お~ わかってるじゃんshine
楽勝楽勝~♪
・・・といいムードで会話は進んでいくものの、アルファベットが出てくるととたんに流れが止まる。

ひらがなのように一文字に一音の読みを覚えればいいのと違って、アルファベットにはそれぞれ文字に名前があるというのも混乱するもとのようだ。
「あ」はaと書き、「い」はiと書き、「う」はuと書くが、それぞれ、エー、アイ、ユーという文字の名前がある。
こちらが自明のこととして、「え」はイーだよ とか、「お」はオーでしょ とか言っても、次男にはなにかの暗号にしか思えないようである。
せめて、アルファベットの歌くらい歌えるようになっていないと、これはきつい。
でもそこから始めると、いつローマ字にたどり着けるかわからないので、そのまま強行する。
なにしろ、再テストまでに一通り覚えるという時間の制約があるもので。

結局初日はあ行だけ、その後三回に分けて基本の50音を学習し、なんとか簡単な言葉ならローマ字で書くことができるようになってきた。
こちらもちょっと安堵する。
しかし、ローマ字の学習はそれだけでは終わらない。
ガ行やザ行などの濁音や半濁音、きゃきゅきょなどの拗音、長音の記号に促音の表記ルール、固有名詞の大文字表記、さらにはshi(し)やchi(ち)などのヘボン式表記など、内容は盛りだくさんである。
教科書にはそれらの内容すべてが、ごくあっさりと、なんでもないことのようにさらっと記されている。
大人には簡単なことでも、三年生の我が子にはひどく唐突で難解な印象を与えるのだろう。
なにせ、アルファベットが分からないんですからcoldsweats01

ローマ字ってこんなにたいへんだったかな?
長男のときも、ここまで苦労した記憶はない。
疑問に思って調べてみると、ここ数年で指導時期や方法が変わったようだ。
平成20年3月に公示された新学習指導要領(全面実施は平成23年度)で、それまで4学年でなされたローマ字の学習が3学年に変更され、平成22年度の3年生から実施されている。
これは、コンピュータの使用や、案内板やパンフレットなど日常生活の中で触れる機会が増え、ローマ字が身近なものになっているという社会の状況を受けての措置であるという。
そして、ローマ字に関する全ての内容に当てられた時間は、たったの4時間!

たしかに、小学校でも授業にパソコンが取り入れられてきているし、まもなく次男もキーボードでローマ字入力する場面に遭遇するかもしれない。

小学三年生の国語全体の中で占めるローマ字の比重を考えたら、4時間というのも仕方がないのかもしれない。

それに、三年生が四年生だったとしても、習熟度はそれほど変わらないかもしれない。

だけど、だけど… むりでしょ~sign03

文科省のお偉方や有識者のみなさんが頭をひねって考え出された学習指導要領なのだとは思うが、理想と現実とはなかなか噛み合わないものだ。
うちの子が極端な例なのだとは思うが、クラス全体を見渡しても、現場の先生は本当にご苦労なさっている。
あらためて、感謝の気持ちをこめてエールを送りたい。
そして、エールを送りたいもう一人は、わが次男くん。
勉強、がんばろう!
えいっ えいっ おうっ!(・∀・)9   あ、これって勝ち鬨?まいっか~(笑)

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

携帯の方はこちら→ブログランキング にほんブログ村

|
|

« ミッドナイト星空号に乗って | トップページ | 落花生 観察日記その9 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

教育ママゴンの登場ですね。

子供の教育って難しいですよね。 親の目線で考えると「何でこんなことも」と思っても、子供にとっては初めての経験、学習なので難しいですよ・・・

でも次男君偉いと思いますよ。大まかなことはしっかり理解出来ているもで3年生としては十分のような気がします。

親子共々勉強頑張って下さいねgood

投稿: omoromachi | 2013年10月27日 (日) 22時15分

へー、ローマ字の扱いが変わってたんですね。
中学校でやったんだったかな。随分昔のことなので忘れちゃいました。
アルファベットということでは小学校の時はセサミストリート見てたように思います。
ローマ字って読みずらいわりには、キーボードでは普通に入力に使っていて、ひらがな入力より易しいですよね。
キーボードで教えると一石二鳥かもですね~。

投稿: ikamoth | 2013年10月28日 (月) 08時09分

私もアルファベットが苦手でした。
「でした」というか、「です」かもしれません。
いまだに、順番が怪しいですcoldsweats01
そんな私ですが
英語で大学院まで出ましたので、
今わからなくっても
きっと大丈夫だと思いますsign03
(こんな励まし方で良いのかしら…(;´д`))

投稿: Samantha | 2013年10月28日 (月) 10時04分

omoromachi先生、こんばんは(^^)
ローマ字って分かってしまえばなんてことないことですが、今の次男にいっぺんに全部はむりだな~と思いましたcoldsweats01
少し時間をかけて取り組みたいと思います。

うちの主人は以前教職についておりましたので、その関係の知り合いもいるんですが、やっぱり3年生にはローマ字は難しいと感じていらっしゃるそうです。
今の世の中、私の子ども時代と比べるとずいぶん様変わりして便利になったりもしていますが、その分、教育の現場もいろいろ事情が違って、今の子ってたいへんだな~と感じることも多いです。

とりあえずは、難しいと感じることもあきらめずに取り組もうとする姿勢を叩き込みたいと思いますsign01←スパルタ?

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月28日 (月) 21時01分

ikamoth さん、こんばんは(^^)
セサミ・ストリート、長男のころはテレビでやってたんですが、次男は見てないんですよね~
また放送してくれないかしら~と思いつつ検索してみたら、オフィシャルサイトがありましたflair
これで遊ばせてみようかしらhappy01
そのうちキーボードにも興味を持つかもしれませんよね。
ありがとうございます!

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月28日 (月) 21時10分

Samanthaさん、こんばんは(^^)
おぉ~shine
Samanthaさんは、アルファベット苦手でも、英語の道を究められたのですねshineshine
なんとすばらしい!
次男の将来にも一筋の希望が見えてきましたsign03
励ましのコメント、ありがとうございますhappy01

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月28日 (月) 21時17分

こんばんは

理想と現実、全くその通りですが、学校教育に問題を感じます。様々な事にABCと言われる様に、基本はキッチリ教えて欲しいものです。PC,情報が教科になった事で益々その重要性は高まっています。気が付いて良かったです!おじいちゃんより。(孫はもう中学生ですからね~)

投稿: | 2013年10月28日 (月) 21時45分

岳さん、こんにちは(^^)
学校教育も試行錯誤なのですね。
理想や理念を追い求めることと、実際の現場の状況には常に温度差があるような気がします。
今の子どもたちには、自分のころと比べても求められることが多くて、それにすべて応えるのは本当にたいへんです。
生きる力とか、考える力とか言われますが、それも何もないところからは出てきません。
やはり岳さんもおっしゃるように、基礎ができていて初めて可能になることのように思います。
母親としては、「元気が一番!」とのんびり子育てしていたいのですが、今の時代、それもかないそうにありませんthink

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月29日 (火) 11時14分

ローマ字、複雑ですよねぇ~coldsweats01
うちなんかちゃんと理解してない気がしますcoldsweats01
今はすごいスピードで授業が進むんで、ちょっとひっかかると付いていけなくなっちゃいますよね。
先生もみんながちゃんと理解するまでっていうのは難しそうだし。
あたしの時代は4年生の時にローマ字を習いました。
ローマ字で手紙とか書いたりしてて新鮮で面白かったかなぁ~
読みにくかったけどcoldsweats01
で、すぐに飽きちゃったかもcoldsweats01
体調大丈夫ですか? 無理なくお大事になさってくださいね。

投稿: ところん | 2013年10月29日 (火) 18時47分

ところんさん、お気遣いありがとうございます。
風邪がなかなか治らず、長引いています。
まだ首のリンパが痛くてsweat02
その上今日は、首を寝違えてsweat02
首がダブルで攻められていますが、ま、そのうち治るでしょうsmile

ローマ字で手紙は面白そうですねflair
おやつのありかを記した暗号文とか( ´艸`)プププ
それが読めなかったらおやつなし!( ´艸`)プププ
やってみようかな~♪

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月30日 (水) 13時56分

体調はいかがですか?
気温の変化も激しくて、体がついていくのも大変ですよね。
お大事にしてくださいね。

ローマ字、去年、大問題になりました!
娘のクラスは熱心に何度もテストを重ねてくれましたが、
息子のクラスは、ただでも問題ありの先生で、まったく授業が進まず、ローマ字まで手が回らず…保護者のブーイングの嵐が起きました。
まあ、書く機会はそうそうないと思いますが、キーボードの入力が困らないようにとは思いますsweat02

投稿: クー | 2013年10月31日 (木) 19時53分

クーさん、ありがとうございます。
おかげさまで、いくらか回復の兆しが見えてきました。
が、風邪よりも深刻な“やる気起きない病”を発症してしまったらしく、ぐだぐだしています(^_^;)
そろそろそちらからも回復しなくては…(^_^;)

ローマ字まで手が回らず…?
それは大問題だーっbearing
もしかして他の教科も?なんてことだったら、
おそろしいですねsweat01

今日、次男が学校でパソコンをやったと言っていました。
先日、担任の先生とお話しする機会があったのですが、
クラス全体でローマ字の定着が今ひとつなので、パソコンの入力から攻めてみますとおっしゃっていました。
早速、実践されたようです。
習うより慣れろ かなーwink

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月31日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/58441774

この記事へのトラックバック一覧です: 理想と現実のはざまで:

« ミッドナイト星空号に乗って | トップページ | 落花生 観察日記その9 »