« 洗濯機 | トップページ | 理想と現実のはざまで »

ミッドナイト星空号に乗って

スーパーへ買出しにいくため、数日振りに愛車に乗りました。
しまった! 汚れてる・・・sweat01
我が家のガレージは下が舗装されていないため、激しく雨が降りこむ時はどうしてもボディに泥はねしてしまいます。
愛車の色はナイトブルークリスタルメタリック。
昨日の台風の大雨ではねた泥が白く乾き、みごとに宇宙空間を描きだしています。
マイクロファイバーのモップで軽くはたいてみたものの、このスターダストを完全に落とすには洗車するしかないようです。
あきらめて、そのまま乗ることにしました。
名付けて、ミッドナイト星空号。
なんてロマンチック~heart04
・・・と思ってくださる方はいないでしょうが、とりあえずそういうことにしておきますsmile

さて、いつものスーパーにやってくると、店内入り口正面の通路に買い物カゴを大事そうにぶら下げた小さな女の子を発見。
3歳くらいでしょうか。
どうしたのかなぁ? 一人じゃないよね?と思っていると、
「あれ? ママは? ママ、いないなぁ~」と誰にともなくつぶやく女の子の声。
おやおや、どうやらママとはぐれてしまったようです。
キョロキョロとあたりを見回していますので、こちらを向いて目が合ったら、声をかけてあげようかと見ていますと、その前にママを見つけたようです。
ママ~!と走っていく先は、同じ通路の4~5m前方。
赤ちゃんを抱っこしたママさんが、お野菜を選んでいらっしゃいました。
小さくてもお姉ちゃんだったのですね。
一生懸命カゴを持ち上げている姿が、とても可愛かったですheart01
でも子どもって、なんていうか、視野が狭いんですねcoldsweats01
身体が小さい分、見えているところも大人とは違うんですよね。
ママの姿を見失って、きっと心細かったんだろうなぁ。

買い物中に母親とはぐれたことには、私にも覚えがあります。
スーパーで買い物していて、母がすぐ横にいるとばかり思っていて、話しかけながら振り向いたら全然知らない人がいた とかsweat02
母だと思って手を引っぱったら、違う人だった とかsweat02
すごくびっくりして、恥ずかしくて、ごめんなさいも言わずに走って逃げました。
そしてあせって母を探して見つけると、ほっとすると同時に腹が立って、
ママのせいで、私、人違いして恥ずかしかったじゃない!と責めたり。
ママのせい じゃありませんよね。
はい、自分のせいでしたcoldsweats01
母は買い物をしていただけですcoldsweats01
あのとき、私が母と間違えた人も、今日の私のように、おやおや・・・と思ったんでしょうね。
あのころ小さな子どもの視点しか持たなかった私が、長い時を経て大人の視点を持つようになったと思うと、なんだか歴史を感じます。
人に歴史あり なんて~bleah

そんなことを考えながら、買い物カートを押して売り場を移動していきますと、今度は元気な声がします。
「アイス、買いたいよ~sign03
お父さんと手をつないだ、2歳くらいの男の子です。
「アイスsign01 アイス~sign01」と強力に攻めています。
するとそのお父さんはこう言いました。
「今買うと溶けちゃうからな、アイスはさいごに買おうよ」
その言葉で男の子のアイスコールは止まります。
ちょっと考えて、しかし、再び始まりました。
今度は、
「アイス、さいごに買いたいよ~sign03」です。
そのあとずーっとそれを言ってました( ´艸`)プププ
きっと、アイスをカゴに入れる瞬間まで続くのでしょうね。
でもちゃんと、さいごに買うんだって分かったところが、えらいheart01
あの子、アイスを買ってもらえたかしらconfident

かくして、買い物を終えた私は、ミッドナイト星空号を操縦し、帰途についたのでありました。
小宇宙を探索するなかなかよい旅でございました。

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

携帯の方はこちら→ブログランキング にほんブログ村

|
|

« 洗濯機 | トップページ | 理想と現実のはざまで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後はアイス買って貰えたでしょうかね? まあ買わずにはいられない状況だとは思いますが・・・

子供は親を選べません、子供の視線の全てがお母さんに注がれている時期がありますね。その様な時期を過ごしながら自分の立ち位置を見つけていくのですね。

私(今では禿げたオヤジ)もきっと可愛い子供の時期があったのだとうと思っています。そう思いたいだけかも知れませんが・・

それにしても愛車の色(ナイトブルークリスタルメタリック)は読んでも理解出来ません。その様に難しい色を表現出来るなんて「さぼてんの花」様も充分大人ですhappy01

投稿: omoromachi | 2013年10月18日 (金) 00時13分

おもろまち先生、コメントありがとうございます。
いやいや、先生はとてもかわいいお子さんだったに違いないと思いますよ~
ブログを拝見していると、そう感じます。

ナイトブルーなんちゃらは、正式にはアーバンナイトブルークリスタルメタリック。
残念ながら私が命名したものではなく、車のカタログに載っているものです。
ま、平たく言えば、ちょっとキラキラのはいった紺ですね~
星空模様もいいですが、そろそろ洗車しなくては…coldsweats01

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月18日 (金) 09時41分

ミッドナイト星空号shine かっこいいhappy01
さぼてんの花さんナイスセンス(^-^)b
好きです そういうの(*^m^)
あたしは台風で葉っぱやらなにやらをかぶった車を、
まだ風が強いうちから洗車してましたcoldsweats01
またすぐ葉っぱだらけになって意味なしでしたcoldsweats01
うちの子も幼き頃、よくあたしを見失って知らない人に話しかけてました(*^m^)
違うと気付いて、(゚o゚;)ハッ とする顔が
面白かったなぁ~(・∀・)ニヤ

投稿: ところん | 2013年10月18日 (金) 19時35分

ところんさん、お褒めの言葉をありがとうございます。
ものは言いようと申しますか…smile
車を汚れたまま乗っている苦しい言い訳なんですがsmile
その点、ところんさんはさっさと洗車なさったんですね!
えらい!shine 主婦の鑑!shine
あぁっ でも葉っぱが!?
いやですねぇ、葉っぱ…
ぬれていると張り付くんですよね…
おつかれさまです。

息子くんも、やっぱり( ´艸`)プププ
顔に出るとこがかわいいですよねheart04

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月18日 (金) 21時31分

私は先日、スーパーで買い物中、突然、
見知らぬ2歳位の男の子が
私の足にしがみついてきました。
お父さんが隣にいたのですが、
お父さんが「○○(子供の名前)、この人はママじゃないよ」私に「すいません」
いえいえ、カワイイから許しちゃう♡
私がママと同じようなジーパンをはいていたから、間違えたのかな?
視野が狭いからなんでしょうね。
胸キュンの出来ごとでした。

ミッドナイト星空号に乗ってドライブしたいな、
と、思いました。

投稿: みきみき | 2013年10月20日 (日) 22時50分

みきみきさん、こんにちは(^^)
かわいいですね~ 小さい子ってheart04
でもいっしょにいたパパさんは気が気じゃなかったんでしょうね( ´艸`)プププ

ミッドナイト星空号はあれから洗車して消滅したんですが、昨夜の雨ですでにまた星が出てきました(^_^;)

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月21日 (月) 15時50分

ミッドナイト青空号!!素敵♪
うちの車も青いので、(ナイトブルークリスタルメタリックってかっこいいですね!)ドロ跳ねしたら、今度は流星群号とでも呼んでみますcoldsweats01

私も子どものころ、目の前の買い物かごが母のだと勘違いして、
その中にいかにも男の子用のお絵描き帳が入っていて、
「どうしてお兄ちゃんのばっかり買って、私のは買ってくれないの!」と怒って顔を見たら、全然知らないおばさまだった…ということがありました。
おばさま、全然怒らず、ニコニコして通り過ぎてくれましたが、恥ずかしかったわ〜〜

投稿: クー | 2013年10月23日 (水) 16時31分

クーさん、こんばんは(^^)
クーさんの車には流星が!shine
それも素敵ですね~happy02
見方を変えればドロ跳ねもアートに…(笑)

お兄ちゃんのばっかり!とふくれるクーさん、可愛かったんでしょうねheart01
そういうときの記憶って、消えずに残るものなんですね。
私も恥ずかしかった記憶が鮮明に残っています。

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月23日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/58402034

この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト星空号に乗って:

« 洗濯機 | トップページ | 理想と現実のはざまで »