« ピーマン | トップページ | 自然について考える »

落花生 観察日記その7

初めてのお花が咲いてから4週間が過ぎました。
毎日花を咲かせてはしぼみ・・・をくり返しているうちに、
気が付けば 太郎くん、次郎くん、こんなに大きくなりました。

130903_114501

どちらも高さは45センチくらい。
全体にぐんと大きく、たくましくなった印象です。
もうヒヨッコなんかじゃない!
人間で言ったら、もうすっかりいい青年 といったところです。
たのもしいわぁheart04

ところで、みなさん、落花生の名前の由来をご存知でしょうか?
知らないという人のために、ご説明します。
落花生は花が咲いてしぼんだあと、花の元からひも状のものが伸びてきます。
これを子房柄(しぼうへい)といいますが、これが伸び続けて土の中にもぐりこんで行き、実をつけます。
それで「落花生」なのです!
な~んて、偉そうに書きましたが、すべてネットで調べたことです(*´v゚*)ゞ

お花から子房柄かぁ。
太郎くん次郎くんは どうなのでしょうか?

130903_114601
まず、太郎くん。

おー、あるあるshine
ちょっと見にくいですが、
土の中にぶすっと茶色の子房柄が突き刺さっています。

130903_114201_2次に次郎くん。

いっぱいある~shine

こっちの画像の方がわかりやすいですね!



そして、地中めざしてがんばっている子房柄を発見flair
130903_114301_2

地面まで
もうちょっとです。
 

もぐれ!
もぐるんだ~

 

ファイトsign01
いっぱぁ~つsign03

 

みたいな(笑)  古いっ

さて、この子たち、果たしてどれだけの実をつけてくれるのでしょうか。
乞うご期待!

|
|

« ピーマン | トップページ | 自然について考える »

落花生日記」カテゴリの記事

コメント

さぼてんの花様、こんばんは。

太郎も次郎もご主人の期待に応えようとけなげに(?)頑張っていますね。いよいよ主戦場が土の中へとなりますか?
 
沢山実のなること期待しておりますhappy01

投稿: omoromachi | 2013年9月 3日 (火) 23時14分

omoromachi先生、こんばんは!
太郎と次郎、まさかのピグマリオン効果でしょうか(笑)
もぐられてしまうと地中の様子が分かりにくく、少々不安なのですが、こればかりは仕方のないことですね。
収穫期を迎えるまで、見守りますeye

投稿: さぼてんの花 | 2013年9月 3日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/58120301

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生 観察日記その7:

« ピーマン | トップページ | 自然について考える »