« 私がおばさんになっても | トップページ | 「好き」のわけ »

強敵現る

「今日、ぼくね、ナスと闘ったんだよ!」
学校から帰った三年生の次男が言う。
次男はナスが嫌いである。
「なに? 給食?」
聞けば、給食で麻婆ナスが出たそうである。

私が小学生だった頃は、嫌いでもなんでも、残さず食べるように指導されたものだったが、今の学校は事情が違っている。
嫌いなものを無理に全部食べさせるよりも、楽しく食べることが重視される。
食事を美味しく食べるということはとても大切なことだ。
私は昔、食の細いほうで、食べるのも遅かった。
好き嫌いはなかったけれど、早く食べなくちゃ!というプレッシャーの方が先に立って、給食の時間はいつも憂鬱だった。
そんなことをふり返ると、今はいい時代になったと思う。

しかし、メインのおかずがナスとは、ちょっときつかったね~smile
いいことではないかもしれないが、子どもの苦手な食材は食事作りのときについ敬遠してしまう。
次男以外の家族はみんなナスが好きなので、前はよくナス料理を作ったものだったが、次男のナス嫌いが判明してからは格段に頻度が下がった。
こっそり何だかわからないようにして、カレーに入れてしまうときもあるが、子どもは絶対に自分の嫌いな食べ物を見逃さない。
「あー!これナスでしょbearing
「・・・バレた?coldsweats01
というやり取りを何度かくり返すうちに、こちらの手の内もすっかり読まれるようになった。
なので、我が家の食卓は今やナス消滅の危機に瀕している。
いいのか?こんなことで・・・
私たちはナスを食べたいのに・・・
次男にしても、嫌いなものは避けて通る。
そんなことで本当にいいのか!?

そう考えると、給食にナスは歓迎である。
みんながいっせいに食べる給食に出たなら、文句もつけられない。
アレルギーでない限り、食べられないほうが悪いのだ。
世の中、そうそう自分の思う通りにはならないということも、知らなければならない(= '艸')ムププ

「で、ナスはどうだったの?」
「・・・つよかった~sad

ブログランキングに参加しています
クリックよろしく♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

携帯の方はこちら→ブログランキング にほんブログ村

|
|

« 私がおばさんになっても | トップページ | 「好き」のわけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

ふふふ ナスは強かったんだぁ~( ´艸`)プププ
表現がかわいいなhappy01
うちもナスは食べれませんよ~
不戦勝でナスの勝ちです。
トマトは戦って負け続けなのですっかり試合放棄気味ですcoldsweats01
やっぱり食事の時間が憂鬱って嫌だなって思ってしまうので、
あんまり嫌いなものは登場しませんねcoldsweats01
嫌な顔して嫌な態度されるとあたしもイライラしちゃうしcoldsweats01
その変わり給食は頑張れ!って言ってます( ̄▽ ̄)
まぁ、大人になると食べれるようになるものってたくさんありますよねwink

投稿: ところん | 2013年9月26日 (木) 18時04分

ところんさん、こんばんは(^^)
まぁ、みんな嫌いなもののひとつやふたつ、ありますよね。
家だと、どうしても試合放棄しやすくなりますしね…
ナスのかわりにほかの野菜を多く食べるとか、うちでは交換条件が多いかなーcoldsweats01
あまり無理強いすると、お腹痛いっていう奥の手使うし…gawk
栄養のバランスも大事だけど、楽しく食べるがいちばんですよね!

投稿: さぼてんの花 | 2013年9月26日 (木) 20時07分

そうかぁ〜戦ってきたのかぁhappy01
強かったかぁ〜coldsweats01
がんばりましたね、次男君。

今の給食は、食べたくない子は食べなくてもいい風潮なのに、
よくがんばってきましたね。
食べれるようになりたいと思っているのでしょうね。
その調子なら、きっとそのうち食べられるようになりますね。
ご家族の好きな茄子が、みんなで楽しめるようになるといいですね♪

投稿: クー | 2013年9月26日 (木) 21時34分

次男くん、カワイイ~♡
強いナスと戦ったんだね。
アレルギーでなければ、いつかナスの美味しさが
わかるようになるといいですね。
私たちの時代は給食は全部食べられるまで、
許されなかったですね。
私も食べられなくて、辛い思いをしながら食べた
苦い思い出があります。
今は、ほとんど好き嫌いがなくなり、太るので困ります。

投稿: みきみき | 2013年9月26日 (木) 23時30分

クーさん、こんばんは(^^)
そうです。
次男、傷だらけの戦士…(= '艸')ムププ
にしては、「ナス嫌いな子、多かったよ~」となんだか嬉しそうでした。
ナス嫌い同盟でも結んだか…?(笑)

そのうち、文句言わずに食べられるようになるときが来ますかね…(^_^;)

投稿: さぼてんの花 | 2013年9月27日 (金) 00時07分

みきみきさん、こんばんは(^^)
私たちのときってそうでしたよね。
私、ほんとに食べるのが遅かったので、よく昼休みまで食べていました。
がんばったなー・・←
でも、成長とともに早く食べられるようになったんですよねぇ・・
好き嫌いもそんなもんですかね~

これから食欲の秋。
食べ過ぎないように、わざとゆっくり食べようsmile

投稿: さぼてんの花 | 2013年9月27日 (金) 00時15分

ナスが強かっただなんて かわいですね~
私も子供のころはナスは苦手でした。食べないということはありませんでしたが。
大人になって、焼きナスが美味しく感じたことがあって、それから逆に好きになりました。
なんだっだっけなー 彼女が作ったか、酒がうまかったか、そんな話だったと思います。
考えてみれば、他にも別の要因との抱き合わせの記憶で好き嫌いの生じたような気のする食べ物がありますねー。
食べるときにちょっと記憶をたどってみようかしらん。 

投稿: いか | 2013年9月28日 (土) 11時01分

いかさん、こんばんは(^^)
ナス苦手という人、けっこう多いですね~
でも、好きな人が作った料理はなんでも美味しくなってしまう?
男の人はそういうこともあるんですね(*/∇\*)キャ
でもそれが将来次男の身に起きたら、母親としてはフクザツ…
その女の子に嫉妬してしまいそうangry
今から、姑根性丸出しはいかんですな~(笑)

投稿: さぼてんの花 | 2013年9月28日 (土) 23時12分

こんばんは。

私にとって茄子は弱いやつでありまして、焼いて醤油かけて食べたら楽勝(美味)です。
手強いやつは人参でありまして、子供の頃から勝てたことがありません。
故に、我が家の食卓には人参は出場しませんです。
妻子の前では「わしゃ人参アレルギーだから、食べたら死んじゃう。世の中何千何万という種類の食べ物がある。1つや2つ嫌いなものがあったっていいじゃないか!」と冗談で言い訳しています。restaurantcoldsweats01

投稿: 猫畑 | 2013年9月29日 (日) 22時46分

猫畑さん、こんばんは(^^)
コメントありがとうございます。
うふふ♪
人参アレルギーですか~
嫌いなものの1つや2つあったほうが、人間的ですよねhappy01
何が好きで、何が嫌いかということも、その人の個性と呼べるのかもしれません。

投稿: さぼてんの花 | 2013年9月29日 (日) 23時22分

嫌いなものは最強の敵ですね。
次男くん可愛すぎo(*^▽^*)o

私達の頃?はほんと酷かったsweat02
間食するまでお昼時間過ぎても居残りさせられて;;;
献立表見て五目豆の日はお休みしたわ┐(´-`)┌

それにしても嫌いなものって
どう調理してもバレちゃいますね
私だって分かるし(^^;
食卓の食べたいものが減るのも辛いです。
反動で外食は食べたいものばかり
組み合わせ悪くても注文しちゃいますdelicious

投稿: bermom | 2013年9月30日 (月) 23時46分

bermomさん、こんにちは(^^)
給食って良いことも悪いことも、思い出となって残りますよね。
五目豆! 出た出たsmile
どこの学校でも定番メニューですね~

栄養のバランスも大事だけれど、
食べたいとき食べたいものを食べるってのも大事だなぁと最近思います。
そんな風にしてても、一週間トータルで考えると、それなりにバランス取れてたりする…

子どもには、嫌いなものにもチャレンジしていってほしいですが、食事は楽しく♪が、心にも体にもいいですよねwink

投稿: さぼてんの花 | 2013年10月 1日 (火) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/58269706

この記事へのトラックバック一覧です: 強敵現る:

« 私がおばさんになっても | トップページ | 「好き」のわけ »