« 落花生 観察日記その6 | トップページ | ピーマン »

夫婦の相性

永井真理子さんのZUTTOという曲が好きだった。

   ほどけた靴ひも そのままでいたい夜
   ハートの字幕 ひとりにしといて なの
   あなたはそれをわかってくれる たった一人のひと
   知らんふりして明日のことを話してる

ごちゃごちゃと説明のいらない、議論を戦わせる必要もない、こういう以心伝心みたいなのがいいよねぇheart04  と思ったものだ。
今思うと、勘違いしていたのである。
なにも言わなくてもわかってくれる なんて、そんな都合のいいことはありえない。
そういう勘違いから結婚というものに過度の期待を持ち、やがては不和を招くということも多いのではないかと思う。
コミュニケーション不足こそ、夫婦にとっての危機である。

ところが、若かりし日の私は、価値観の一致=相思相愛と短絡的に思い込んでいた。
ここでいう価値観とは、その人が持つ物事の価値判断の基準であり、またそれに基づく思考や行動のパターンをも含んだものである。
価値観が同じ相手ということは、いわば、自分と似通った感性の持ち主ということになる。

でも、それは一面の真理に過ぎない。

確かに、食べ物の趣味であるとか、あるいはボーナスの使いみちとして旅行したい派であるか貯蓄にまわしたい派であるか などは、一致した方がなにかとストレスが少なくてすむ。
けんかにもなりにくい。
だが、あまりにも似通った思考回路を持つ二人だと、何か困難に出会ったとき、もろいような気がするのである。

つらいとき、苦しいとき、パートナーが自分と同じように打ちひしがれてしまったら・・・
思いがけない幸運に、二人そろって有頂天になってしまったら・・・
とてつもなく危険である。

私が突っ走ってしまいそうなとき、できたらストップをかけてもらいたい。
一歩が踏み出せず、うじうじくよくよしていたら、背中を押してもらいたい。
どうしようもなく落ち込んでしまったとき、なんとかなるさ~♪と軽く流してもらいたい。

人は、パートナーに自分との共通点を求める一方で、自分にはないものを求めるものだと思う。
生きていく上では自分とは違う感じ方や考え方が必要なのだ。
自分一人の頭では八方ふさがりと思えることも、他者の視点を持つことで別の角度からの検証が可能になる。
人生の荒波も二人なら乗り越えられるというわけである。

とはいえ、長いこと夫婦をやっているといろいろある。
なんでそんなにぼんやりしているの、この人は! とか、
なにをそんなに勝手なことばかり言ってるのか! とか、
お互いに思うことが必ずあるのが人間だ。
しかし許容範囲に収まっている限りは、annoyannoyannoyとこみ上げる怒りをしずめ、思いかえしてみるべきだ。
その人の本質的な部分でのやさしさや美しさ。
相手のいいところを思い出すことができるなら、自然に我が身をふり返る謙虚さも取り戻すことができるだろう。
それができる相手こそ、破れ鍋に綴じ蓋。
理想のパートナーと言えるのだろう。

ところでZUTTOの2番の歌詞に次のくだりがある。

    ふたりは違う人間だから 一緒にいられるの
    そばにいてもね 別々の夢 見られるよ

相思相愛とは、似ていることじゃない。

相手のことを思う気持ち。
相手の気持ちを察しようとする配慮。
愛!愛!愛!
それがないのに、知らんふりして明日のことを話していたら、
それはただの無神経な男である。

|
|

« 落花生 観察日記その6 | トップページ | ピーマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
わかります。ブログ読んでいて涙でそうでした…
最近、うちの旦那の無神経に打ちのめされました。
付き合ってから16年だけど、そういう人だったかとはじめて知った…
愛と勘違いしていたのです

投稿: ももなりん | 2013年8月24日 (土) 13時29分

ももなりんさん こんにちは。
そんなsweat01
勘違いかどうか、答えは急がないでくださいね。
どんな夫婦でも、いろいろあると思うんです。
ちょっとした行き違いだったり、
ちょっとしたわがままだったり。
他人が家族になっていくんですからね。

自分をふり返ってみても、いろいろあったなーと思います。
きっとみんな表には出さないけれど、
あれ?こんなはずじゃ・・・って思う瞬間が、必ずといっていいほどあるんじゃないかと確信しています。
そんなとき、その人が本当に自分にとって大切な人なのかどうか、見直すチャンスなんじゃないかと思います。
だからこそ、いろんなあれやこれやを乗り越えてきた夫婦の結束は固いsign01

どうかご夫婦の信頼を取り戻せますように…


投稿: さぼてんの花 | 2013年8月24日 (土) 14時00分

こんにちは☆
うんうん、言わないと分からないhappy01
特に男子はびっくりするくらい^^
若い頃は以心伝心もあったかも?ですが
年と共に何故だか言葉が必要になってきている気が・・

最後のオチ、笑わせていただきました( ´艸`)♪

投稿: bermom | 2013年8月24日 (土) 16時11分

bermomさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。
若い頃かぁ… 
なつかしいなぁconfident

新婚のころは思ったことが言えなくて、
察してほしいのに察してもらえなくて。

付き合ってた期間が短かったから、相互理解が今ほどできていなくて、向こうも察しようがなかったんだろうと今は思います。

そして、そんなすれ違いの中で、女はだんだん現実に目覚めていくんですよねー(笑)

でも気をつけないと、伝える言葉が鋭さを増していく自分が~!
愛のあるやりとりを心がけます(^_^;)

投稿: さぼてんの花 | 2013年8月24日 (土) 17時30分

こんばんは。
そうですか・・色々ありますね。
愛があってそして覚悟があって一緒になったと思うのです。恋の炎が一生燃え上がっていらら大火災で周囲も迷惑です。 
必ずしも二人だけの愛だけではなくて、家族だったり仕事だったり病気だったりと色々な悩みにぶつかりながら、お互いに経験を積み重ねて年を取っていくと思うのです。時には嫌になることだってあります、かっとなることだって多いのでしょう。でも二人が過ごした時間ほど貴重なものはないのです。一生は後戻りしません。 相手が嫌になるのは相手の問題以外に時には自分の我が儘に因るかも知れません。
夫婦といえでも赤の他人だったのです。言葉が二人をつないでくれる最高の手段だと思います。 すみません勝手なことを言ってしまいました。

投稿: omoromachi | 2013年8月24日 (土) 18時09分

先生、ありがとうございます。
本当にその通りだと思います。

結婚って、いっしょに生きて、いっしょに年をとっていくことですよね。
結婚も離婚も紙切れ一枚といわれればそれまでですが、
私はそんなに簡単なものじゃないと思っています。
だって、その人と人生を共有するのですから。
やはりなにか不思議な縁で結ばれているのでしょうね。


投稿: さぼてんの花 | 2013年8月24日 (土) 20時31分

こんばんは。
うちは同じような性格。
うまくいってる時はとてもよかったけど
うまくいかなくなると同じような性格だから修復不可能なんだと思った。
ブログ読んでまるきり正反対な性格の方がいいんだな~と思った^^
価値観や性格って歳を重ねると変わってくるんだと分かった。
若いころうまく行っていても歯車がくるってくるんだよね。
もう許容範囲を超えてしまった。
それでも一緒に生活していかなくてはならないから苦痛です。

投稿: ゆうこ | 2013年8月24日 (土) 21時03分


こんばんは

与えつづけて行くのが愛、奪うのが恋♪

さだまさしさんの歌にありますが、これで満足です
happy01


投稿: | 2013年8月24日 (土) 21時15分

ゆうこさん、コメントありがとうございます。
夫婦っていったい何なんでしょうね…
親子は血縁があるけれど、夫婦って…
しょせん他人?
同じ目的に向かう同志?
助け合うための仲間?
この世を生き抜くための戦友?
はたまた永遠の恋人?
うーん、どれも違う…

夫婦は夫婦。

幸せになりたくて結ばれた二人。

歯車がどこかでかみ合わなくなると、修復は簡単ではないとは思う。
意地だってある。
でもゆうこさんご自身もおっしゃってるように、
人間は変わることもある。
これから先、何がどう転ぶかなんてだれにもわからない。
良いほうに転ぶことだって、ありうる。

分かりもしないのに偉そうなこと言って、ごめんなさいね。
でも、人生のいちばん終わりに来るまで、何が幸せかなんて私は分からないと思っています。

極端な話だけど、臨終のときに「いい人生だった~」と満足して死ぬために、お互い、今をがんばって生きましょう!

投稿: さぼてんの花 | 2013年8月24日 (土) 21時33分

岳さん、コメントありがとうございます。
与えつづけて行くのが愛… かぁ…
かっこいいですねheart04
シンプルにそう断言されると、男性らしい懐の大きさを感じますconfident

投稿: さぼてんの花 | 2013年8月24日 (土) 21時47分

割れ鍋にとじ蓋!!happy01
私も心の中で、しょっちゅう思います!!

夫婦って言うより、家族のほうがしっくり来るって思うようになりました。うちの場合、だんなは手のかかる長男ですcoldsweats01

投稿: クー | 2013年8月25日 (日) 17時24分

クーさんのおうちは、いつも楽しそうですもの( ´艸`)プププ
だんなさまに クーさんが蓋となってぴったり寄り添っていらっしゃるんですね~heart04

なんだか目に浮かぶようですhappy01

投稿: さぼてんの花 | 2013年8月25日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/58050437

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦の相性:

« 落花生 観察日記その6 | トップページ | ピーマン »