« あのころ私も若かった | トップページ | ざるの思い出 »

お箸のからあげ

鶏の唐揚げといえば、大人から子どもまで、嫌いな人はいないという人気メニュー。
我が家でも御多分にもれず、夕食の定番となっている。
油の処理がめんどうという理由で揚げ物は敬遠しがちな私であるが、献立を思いつかないときにはこれにしておけば間違いない。
だれからも文句の出ない便利なメニューなのである。

ところが、困ったことがひとつあった。
唐揚げを作るときの菜箸である。
油の中でお肉をコロコロとひっくり返しているうちに、
気付くとお箸の唐揚げができている。
これを洗い落とすのはけっこう手間取る。
水溶きタイプの衣をつけたときはよけいだ。

なんとかならないの~?といつも思っていたのだが、
意外と簡単になんとかなった。
菜箸を使い分ければいいのだ。
お肉を油のお鍋に入れる用の菜箸と、
油の中でお肉を返す用の菜箸。
二つ用意すればよい。
このことに気が付いて以来、後片付けがぐーんと楽にsign01
なにごとにもちょっとしたコツというか、工夫がいるものね と自分で発見したプチ裏技に大満足の私scissors

だけど、お箸がからあげになって困ったのは私だけなんだろうか?

|
|

« あのころ私も若かった | トップページ | ざるの思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も作ってました。
お箸の唐揚げとか、お箸の天ぷらとか^^:
そうだったんだ〜〜

投稿: クー | 2013年7月12日 (金) 19時12分

やっぱり~shine
私だけじゃなかったんですねhappy02

投稿: さぼてんの花 | 2013年7月12日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/57766152

この記事へのトラックバック一覧です: お箸のからあげ:

« あのころ私も若かった | トップページ | ざるの思い出 »