« 抜け殻を哲学する | トップページ | 消えた豚肉を捜せ! »

心のピンボケ

気持ちが疲れていると考え方もネガティブになる。
物事に無関心になり、やる気もおきない。
すべてのことがつまらなくなる。

こんなときは、心のピントがずれているのだと思う。

写真を撮るとき、被写体にピタっとピントが合わせられれば、いい写真になる。
でも、違うところにピントが合ってしまったり、手ブレしてしまったりすると、残念な写真になる。

不快な出来事や思い通りに行かないことがあったときは、
心が乱されて、ピントを合わせる機能が働かなくなってしまうのだ。

いつもポジティブでいられる人は、きっとこの機能の働きがよく、また使い方が上手なのだと思う。
いやなことにピントがあってしまうと心は疲労するが、それを巧みにそらしていいことにピントを合わせる。
日々の生活の中で小さな喜びを見出しかみしめることは、才能というより訓練が必要なのかもしれない。

幸福は特別なものではなく、きっと身近なところに点在しているものなのだ。
そこにうまくピントをもっていけるスキルを身につけた人は、いかにストレスにまみれた生活を送ろうとも、幸福な人生を歩むことができる。

・・・でも、ま、とりあえず疲れたときは、のんびり休むとしましょうかcatface

|
|

« 抜け殻を哲学する | トップページ | 消えた豚肉を捜せ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/49444094

この記事へのトラックバック一覧です: 心のピンボケ:

« 抜け殻を哲学する | トップページ | 消えた豚肉を捜せ! »