« センスある人 | トップページ | 料理のセンス »

こだわりについて考える

こだわりというものにも、その人がよく表れていると思う。
こだわりの多い人は、自分の考え方が確立されていて話も面白いが、それがいつもだとちょっと付き合うのがたいへんだったりもする。
あんまりいろんなことにこだわりすぎるのは窮屈。
そういう意味ではこだわりのない人の方が付き合いやすい。
こだわりのない人は自分の考え方に固執しないので、人当たりがいいのだ。
かといって、こだわらなさすぎるのも面白味がない。
また、こだわりにもいろいろあって、あんこは粒あんがいいなどの日常的なことから、その人の美意識や人生哲学にかかわるものまで幅広い。
大事なこだわりは捨てるべきでないが、つまらないこだわりは捨てるべきときもある。
つくづく、バランスが大切なのだなぁ…と思います。
こういうバランス感覚もセンスだよね。
ま、あれこれ理屈をこねましたが、とりあえず私が思うのは、ただポテトチップを食べるより、やっぱりポテチはプレーンソルト味に限るね~!と思いながら食べる方が、幸福感が大きいわけです。
ささやかなこだわりで人生の喜びを増大させられるのなら、◎じゃないですかねhappy01

|
|

« センスある人 | トップページ | 料理のセンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537202/45437995

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりについて考える:

« センスある人 | トップページ | 料理のセンス »